Jazzの記事一覧 4ページ目

CD『Undercurrent』(Bill Evans & Jim Hall)の感想

Undercurrent

ビル・エバンスとジム・ホールが共演(競演?)したコラボレーションアルバム『Undercurrent』を聴いたよ。

このアルバムは、ジャズ界にインタープレイ(音楽的会話)を流行らせるキッカケになったらしい。

確かに「ピアノ → ギター → ピアノ …」のような展開で、ベースもドラムスも係わらず、真っ向勝負というか、ガチにぶつかり合っていて、聴いているとドンドン二人の世界に引き込まれる。

しかも、ぶつかり合いと言っても「チカラのぶつけ合い」ではなく、「チカラの抜き合い」というか、音楽のエッセンスを抽出した塊のぶつけ合いなので、スッゴク大人の音楽。

もし俺が金持ちだとして、風呂上がりにガウンを羽織りワインを飲みながら音楽を聴くとしたら、選ぶのは多分このアルバムだと思うよ。

参考動画:
YouTube – Darn That Dream – Bill Evans & Jim Hall

もしCDを買うなら、2002年発売のUS版をオススメしておきます。「Original recording remastered」な上に、ボーナストラックが入って、しかも他の版より安く買えますよ。

CD『Undercurrent』の収録曲一覧

  1. My Funny Valentine(80)
  2. I Hear A Rhapsody(80)
  3. Dream Gypsy(80)
  4. Romain(80)
  5. Skating In Central Park(100)
  6. Darn That Dream(80)
  7. Stairway To The Stars(80)
  8. I’m Getting Sentimental Over You(60)
  9. My Funny Valentine [Alternate Take](80)
  10. Romain [Alternate Take](80)

1962年4月24日と#3,5,6、他は5月14日に収録だそうです。

括弧内は100点満点による採点です。

メンバー

  • ビル・エバンス(Bill Evans) – Piano
  • ジム・ホール(Jim Hall) -Guitar

CD『Play Bach No.1』(Jacques Loussier Trio)の感想

Play Bach 1

バッハの曲をピアノ・ジャズとして再構成したジャック・ルーシェ・トリオ(Jacques Loussier Trio)のアルバム『Play Bach No.1』を聴いたよ。

おもしろい!どこかで聞いたあの曲が、ピアノ・トリオ・ジャズとして聞けるのは不思議な感じ。

ガチでバッハが好きな人だと「ふざけんな!」と思うかも知れないけど、ニワカなおいらは楽しめました。

曲によってはスイングしていて、これもまた面白いと思えます。

BGMに向いているアルバムだと思うので、部屋でゆっくりコーヒーを飲むシーンなんかに良いと思うよ。

iTunes Storeで「Play Bach No.1」を試聴するPlay

参考動画:
YouTube – JACQUES LOUSSIER TRIO – "Play Bach"

CD『Play Bach No.1』の収録曲一覧

  1. Prelude #1 In C, BWV 846(80)
  2. Fugue #1 In C, BWV 846(80)
  3. Prelude #2 In C Minor, BWV 847(80)
  4. Fugue #2 In C Minor, BWV 847(80)
  5. Toccata & Fugue In D Minor, BWV 565(80)
  6. Prelude #8 In E Flat Minor, BWV 853(60)
  7. Prelude #5 In D, BWV 850(80)
  8. Fugue #5 In D, BWV 850(80)

括弧内は100点満点による採点です。

メンバー

  • ジャック・ルーシェ(Jacques Loussier) – Piano
  • ピエール・ミシュロ(Pierre Michelot) – Bass
  • クリスチャン・ギャロ(Christian Garros) – Drums

1960年、パリにて録音されたそうです。

CD『The Koln Concert』(Keith Jarrett)の感想

ザ・ケルン・コンサート

キース・ジャレットによる即興ピアノ・ソロ・コンサートの模様を収録したライブアルバム「ザ・ケルン・コンサート」を聴いたよ。

これはスゴイ。キース・ジャレットが世界を作り上げていく様を感じられる。

ある意味、ライブ録音の「究極の答え」がこのアルバムかも知れない。俺は「スタジオ録音よりライブ録音」のが価値が高いと思ってるんだけど、このアルバムのお陰で益々その考えを強めました。

ただし、これはジャズではないね。敢えて分類すると「キース・ジャレット」というジャンルに落ち着きそうなぐらい個性的。大きく好き嫌いが分かれそうに思います。

でも「他にはない唯一無二の音楽」であることは間違いないので、ピアノ・ソロを聴ける音楽環境をお持ちなら、ぜひ一度試聴してみてください。

iTunes Storeで『The Koln Concert』を試聴するThe Koln Concert (Live) - Keith Jarrett

参考動画:
YouTube – Keith Jarrett Koln Concert – Part 1 1 / 3

CD『The Koln Concert』の収録曲一覧

  1. Part I(80)
  2. Part II A(80)
  3. Part II B(100)
  4. Part II C(80)

括弧内は100点満点による採点です。

1975年1月24日、ドイツのケルンにあるオペラ劇場で行われたライブを収録したアルバムだそうです。

CD『Blue Train』(John Coltrane)の感想

ブルー・トレイン

コルトレーンの代表作のひとつであり、かつブルーノートレーベルの代表作でもあるわけで、詰まるところ名盤中の名盤なアルバム『Blue Train』を聴いたよ。

こいつはもう、ホントに文句なく「名盤」だと思う。きっと誰もが一度は耳にしたことのある「Blue Train」に始まり、最後の「Lazy Bird」まで素晴らしい演奏が続く。

特に「Lazy Bird」はヤバイ。これを聴いてるとテンション上がる。50年以上前の古い音楽でアガれるなんて、我ながら不思議な気分です。

今ならブルーノートの1,100円キャンペーンで気軽に買えるし、少し耳の肥えてきた大人にオススメの1枚ですよ!

iTunes Storeで『Blue Train』を試聴するBlue Train (Remastered) - John Coltrane

参考動画:
YouTube – John Coltrane – Lazy Bird

CD「Blue Train」の収録曲一覧

  1. Blue Train(80)
  2. Moment’s Notice(80)
  3. Locomotion(80)
  4. I’m Old Fashioned(80)
  5. Lazy Bird(100)

メンバー

  • ジョン・コルトレーン(John Coltrane) – Tenor saxophone
  • リー・モーガン(Lee Morgan) – trumpet
  • カーティス・フラー(Curtis Fuller) – trombone
  • ケニー・ドリュー(Kenny Drew) – piano
  • ポール・チェンバース(Paul Chambers) – bass
  • フィリー・ジョー・ジョーンズ(Philly Joe Jones) – drums

1957年9月15日の録音だそうです。

CD『Earfood』(Roy Hargrove) の感想

Earfood

ジャズ・トランペッター「ロイ・ハーグローヴ 」(Roy Hargrove)のアルバム『Earfood』を聞いたよ。

これは良い。強くオススメする。現在風の正統派ジャズなんで、一聴だとスルーしちゃうかも知れない。だけど何度もBGM的に聞いてると「アレッ?これ良くない?」って感じで評価が上がる曲が多い。

そんな感じで☆5つが2曲、☆4つが10曲の当たりアルバム。ジャケ写を見て「ピン」と来るヒトも買いですよ。

iTunes Storeで『Earfood』を試聴するロイ・ハーグローヴ - イヤーフード

参考動画:
YouTube – Earfood – The new album by Roy Hargrove Quintet

【この記事の続きを読む →】

CD『Sonny Rollins: Volume One』の感想

ソニー・ロリンズ Vol.1
テナー・マッドネス

ソニー・ロリンズのブルーノート移籍第一弾アルバム『Sonny Rollins: Volume One』を聞いたよ。

良いね。「サキソフォン・コロッサス」が好きなら、このアルバムも好きになると思う。

同年のアルバム「テナー・マッドネス」の評判も良いので、こちらも聴いてみよう。ちょうど、近々ブルーノートの1,100円シリーズに仲間入りするみたい。良いタイミングだわ。

Sonny Rollins - Sonny Rollins, Volume One - DecisioniTunes Storeで「Sonny Rollins, Volume One」を試聴する

参考動画:
YouTube – SONNY ROLLINS, Decision

CD『Sonny Rollins: Volume One』の収録曲一覧

  1. Decision(80)
  2. Bluesnote(80)
  3. How Are Things In Glocca Morra?(80)
  4. Plain Jane(80)
  5. Sonnysphere(80)

1956年12月16日、ヴァン・ゲルダー・スタジオでの録音だそうです。括弧内は100点満点による採点です。

メンバー

CD『Concierto』(Jim Hall)の感想

Concierto

ギターの巨匠ジム・ホール(Jim Hall)によるアルバム『Concierto』を聴いたよ。

タイトルが「コンチェルト」(協奏曲)なだけあって、クラシックギターを用いた各種協奏曲が収めらたアルバム。特に4曲目の「Concierto De Aranjuez」(アランフエス協奏曲)は、ギター協奏曲として有名な曲だそうです。

音量が小さいクラシックギターがメインなので、全体的に静かめな進行。それは悪い方には行ってなくて、「静かで寛げる」感じのジャズって感じ。

自分にはチョット物足りないかなー、と思うけど、時間をおいて聴くと良さが分かるのかも?

【この記事の続きを読む →】

CD『Notes From The Heart』(ウルフ・ワケーニウス)の感想

Notes from the Heart: Music of Keith Jarrett

スウェーデン人ギタリストのウルフ・ワケーニウス(Ulf Wakenius)が、キース・ジャレットの楽曲をカバーしたアルバム『Notes from the Heart: Music of Keith Jarrett』を聴いたよ。

「5本の指に入る名ギタリスト」なるウワサを聞いて買ったんだけど、ウワサに違わず良い感じ。あとから調べてみたらオスカー・ピーターソンのバンドに在籍してて、しかも「現代最高のギター奏者」と絶賛されたらしいよ。

【この記事の続きを読む →】

今日の人気記事