CD『Getz Au Go Go』(Stan Getz & Astrud Gilberto)の感想

Getz Au Go Go

ジャズにボサ・ノヴァをミックスしちゃったサックス奏者、スタン・ゲッツ(Stan Getz)のアルバム『Getz Au Go Go』を聴いたよ。

アルバムとしてはかなり好み。とは言え、その理由はサックスではなく、ボーカルを務めるアストラッド・ジルベルト(Astrud Gilberto)のお陰かも。

どうやら素人上がりらしい彼女だけど、声の雰囲気が良く、聞いているとマッタリ癒されます。今まであまりボサ・ノヴァを聴いてなかったけど、これを機にボサ・ノヴァに手を出すのも良いかも知れないな~。

メンバーを調べていて気がついたけど、ベースのチャック・イスラエルってビル・エヴァンスと組んでたこともあるのか。メジャー所を聴いてくと、やっぱりどこかで繋がるんだな。

オレ様評価はアルバム収録曲全てが☆4と高め。今なら限定生産のアンコールプレス版CDが1,000円で買えるし、気軽に一枚買ってみると良いかもね。

iTMSで「Getz Au Go Go」を視聴するAstrud Gilberto & The Stan Getz Quartet - Getz Au Go Go - Corcovado

参考リンク:スタン・ゲッツ – Wikipedia

アルバム『Getz Au Go Go』の曲目リスト

  1. Corcovado (Quiet Nights of Quiet Stars)
  2. It Might as Well Be Spring
  3. Eu E Voce (Me and You)
  4. Summertime
  5. Only Trust Your Heart
  6. Singing Song
  7. Telephone Song
  8. One Note Samba
  9. Here’s That Rainy Day
  10. 6-Nix-Pix-Flix

1964年のライブを収録したアルバムだそうです。

メンバー

  • スタン・ゲッツ[Stan Getz] (Sax)
  • アストラッド・ジルベルト[Astrud Gilberto] (Vocal)
  • ゲイリー・バートン[Gary Burton](Vibraphone)
  • チャック・イスラエル[CHUCK ISRAELS](Bass)
  • ケニー・バレル[Kenny Burrell](Guitar)