旅行の記事一覧 7ページ目

北海道、札幌宿泊なら『ホテルクラビー』がオススメ

ホテルクラビーサッポロ、ファンクションルーム

先日の北海道旅行でお邪魔した『ホテルクラビー』さんが、非常にオススメなナイスホテルだったので、一記事を上げて紹介させていただきます。

まず部屋が広い!全室30平米以上って何なの?ちょっと旅慣れてるヒトなら知ってると思うけど、日本のホテルで30平米以上はワンランク上の部屋じゃないと確保できない広さなのよ。普通はそんな感じで別料金扱いになっちゃう広さなのに、全室30平米って。

しかもウチらが宿泊したときは「お部屋が空いていますので」という素敵すぎる理由で、ホテルで一番広い豪華4人部屋へ無料アップグレードという歓待ぶり。なんなのその気の利きっぷり。

しかもただ部屋が広いだけじゃない!風呂とトイレが別だし、パジャマ兼用の部屋着は着心地が良いし、42インチのプラズマテレビが置いてあるし、立派なパンツプレスが備え付けだし、無料のVDSLサービスがあるしと完璧なお部屋。まさに「これなんて言うスイートルーム?」状態ですよ。

接客・サービスも素晴らしくて、加湿器の貸し出しをお願いしたら「ご一緒にお使い下さい」と、3口タップと延長ケーブルまで持ってきてくれる気の利きよう。

朝食バイキングも「シェフオススメ」があるほどの充実っぷりで、これだけを目当てに宿泊するヒトも出そうなレベルの高さ。

館内全域で清潔感と高級感があるのもグッド。あと、インフルエンザ対策と思われるアルコール消毒液が館内のアチコチにあったのもポイント高いよね。

こんなにクオリティが高いナイスなホテルなのに、カップルプランなら2人で9,600円からとか、朝食付きプランも一人6,300円からとか言っちゃうリーズナブルさ。

そんなわけでホテルから一円も貰ってないのに、絶賛記事を書き上げちゃうぐらいオススメなワケですよ!おいらの言葉だけじゃ疑わしいかも知れないので「ホテルクラビーサッポロのクチコミ・評判情報-じゃらんnet」も張っておきます。5点満点で評価4.6を見てもらえば、この絶賛ぷりを納得してもらえると思うよ!

祖父一周忌で北海道へ、二日目

祖父の一周忌に参列するため、実家の小樽に行ってきたよ。

とりあえず1行であらすじ。週末にまとめ直したいな。

ホテルクラビーの朝食バイキングがハイレベル。次回北海道宿泊時も、ぜひここに泊まりたいと思った。オススメ。

実家で一周忌。つつがなく。

小樽観光。運河を見て、北一ガラスを見て、オルゴール堂を見た

時間に余裕があったので国道5号で札幌へ。次回は海沿いを走る汽車に乗りたいね。

帰路。羽田混雑とかで20分遅れ。到着後の荷物受け取りも含めると1時間近いロス。自宅到着は23時過ぎ。疲れた。

伊香保温泉、2日目

るるぶ草津 伊香保 四万 軽井沢’10 (るるぶ情報版 関東 19)

この記事は『伊香保温泉『ホテル木暮』に宿泊』の続きです。

伊香保温泉『ホテル木暮』に宿泊した2日目の朝から始まるよ。

朝食

目覚ましに叩き起こされ7時半起床。一番ランクの低い部屋なのに、騒音に悩まされることがなかったのは好感触。

朝食は良くあるバイキング形式だったけど、一般的なホテルに比べてワンランク上な感じ。ちゃんとした食材を、ちゃんと調理したものが食べられたよ。細かな批評は面倒なので避けるけど、「七味が香る」とか細かいところがキチッとしてた。

昨晩の夕食に続き、グレートな食事だったぜ。

最後のひとっ風呂

朝食後にそのまま大浴場へ赴き、最後のひとっ風呂を浴びてきたよ。

昨晩から男女が入れ替わり、千遊が男風呂になっていました。こっちのお風呂もとても豪華だったけど、立ち湯とジャングル風呂がある「千楽」の方が好みだな。

観光失敗

天気が良ければ榛名山なり伊香保ロープウェイに行くつもりだったけど、外は生憎の雨模様。

予定を変更して有名な石段街を見に行ったんだけど、ここって全く駐車スペースがないのね :-( 道が狭いのもあって路駐すらムリ… 残念ながら縁がなかったと諦めて、どこも観光せずに帰ることにしました。ちょっと残念だったな~。

復路

渋川・伊香保→関越→鶴ヶ島JCT→圏央道→あきる野IC→16号→八王子バイパス→町田。あきる野ICって初めて使ったよ。こんなトコロにインターチェンジがあったんだ…

まとめ

伊香保温泉『ホテル木暮』は良いお宿でした。そこそこのお値段を取られるけど、それに見合った良い経験を得られます。昭和天皇・皇后陛下が宿泊されたこともある格式の高いホテルですので、両親や祖父母へのプレゼントなどにも使えると思います。

天候に恵まれず伊香保観光ができなかったのが残念なので、数年後辺りに伊香保リベンジを計画したいと思います :evil:

伊香保温泉『ホテル木暮』に宿泊

『日本最古の温泉街』と言われる伊香保。

その伊香保の源泉4,000リットルのうち、4分の1強の使用権を有する「ホテル木暮」で『黄金の湯』を堪能してきたよ。

子の湯 千遊

北関東最大級1,300坪の湯殿はスゴかった!

往路

町田→裏道で八王子→16号→青梅IC→圏央道→鶴ヶ島JCT→関越→渋川・伊香保。距離150kmを3時間ぐらいで走破しました。バッチリ高速道路1,000円ポッキリの恩恵も受けられたよ。

高速に乗っちゃえば伊香保もワリに直ぐ近くなんだけど、圏央道に乗るまでが遠かった…来年設置予定の相模原ICが出来れば、このルートも大きく変わりそうだな。期待して待っていよう。

書いてて思いついたけど、稲城から中央道に乗り、八王子JCTで圏央道に乗り換えるって手もあったか?大回りにはなるけど、高速に乗ってる時間が長いから意外と早く着けるかも?次回、関越方面に向かう場合は検討してみよう。

『ホテル木暮』にチェックイン

ナビ様のお導きにより、迷うことなくホテルに到着。玄関前で「ご宿泊のお名前は?」と聞かれたけど、聞かれただけで何もなかったよ。貴賓室だと代わりに駐車場に入れてくれるのかな?

チェックインはスムーズ。フロントはランクに見合った丁寧な対応だったし、部屋に案内されるまでウェルカムドリンクを頂きながらノンビリ待たせてくれたし、部屋へ案内してくれた女性も丁寧でした。

安い部屋だが悪くない

部屋も期待していたものより良かった。今回は一番安い部屋を頼んだんだけど、清潔感があり広さも十分で、エアコンや空気清浄機、ウォッシュレットなどの設備も整っていた。大浴場がウリの宿なのに部屋風呂が立派だったのも好感触。

ただし安いのには理由があって、大浴場や食堂まで歩いて10分は掛かる立地の悪さ。地下1階の宴会場横に20段の細い階段があり、そこを降りた地下2階の廊下を歩いた突き当たりが宿泊部屋。ホテルの端の隅のさらに端って感じです。

とは言え、そこさえ目をつぶれば高級ランクのホテルに割安に泊まれるので、分かって泊まるならアリだと思います。通常グレードに比べ、1人1万円近く安くなるのは魅力的よね。

大浴場がサイコー!

子の湯 千遊

夕食前にひとっ風呂。ホテルご自慢の「子の湯 千両」に行ってみたよ。この日は千楽が男性風呂に割当てられていました。

で、これがまぁスゴイトコロだった。

まず脱衣場の豪華さがハンパねぇ。脱衣スペースが広々しているし、着衣入れに「スリッパ置き」のスペースが付いてるなんて初めての体験だよ。洗面台もハイクオリティで、個室風呂の設備かと勘違いしそうなレベル。他に地味に気に入ったのが貴重品を入れるボックス。ナンバーロックのキーレス方式なので、完全に手ぶらで風呂に入れるのが良いね。あのゴムの腕輪はない方が良いよね!

風呂も笑うしかないぐらい豪華。洗い場も含めて何もかもが広い。内湯が4カ所、露天が1カ所、サウナが1カ所あるのに加え、庭園風呂が隣接していてそっちも3カ所ぐらい風呂がある。

今まで幾多の「高級旅館の大浴場」を見てきたけど、ここがダントツナンバーワンでした。「パーフェクト」の称号を差し上げたいと思います。とにかく素晴らしかった!

しかもこんだけ広いのに、オフシーズンなのかお客さんは少なめ。タイミングによっては「内湯4カ所独り占め」な時もあって、本当に豪華な気分に浸れました。サイコー!です。

晩ご飯がサイコー!

ホテル木暮の夕食

安いプランだから期待してなかったのに、予想を裏切る素晴らしい夕食でした。以下、ホテル公式からお品書きをコピペ。


【食前酒】 ザクロ酒
【前  菜】 冷製フカヒレ茶碗蒸し モロコシ豆腐
       よもぎ真丈 桜海老唐揚げ 煮穴子
       おしつけ西京漬
【御造里】 生鮪 勘八 ヒラメ ボタン海老 
       鮫コラーゲン刺身
【吸  物】 海老茶巾の吸い物 松茸 木の芽
【焚合せ】 あわ麩 里芋 竹の子 絹さや 桜麩
【合  肴】 活アワビの踊り酒蒸し
【洋  皿】 ズワイガニとシャキシャキ野菜のサラダ
【鍋  物】 和牛しゃぶしゃぶ 上州産舞茸
       京水菜 野菜一式
【止  椀】 魚ソーメンの味噌汁 なめこ 青葱
【御  飯】 新潟産コシヒカリ
【御新香】 三種盛り
【デザート】  メロン 西瓜

一級品の食材を、一級の料理人が調理した、一級の和食コースでした。個室でアワビと和牛しゃぶしゃぶを食ってるんだから、俺想定だとコース1万円ぐらい?

晩ご飯だけでも泊まる価値があるぐらいオイしかったよ!

寝てしまった

運転疲れと晩酌の酔いに負けて、部屋に戻るなりバタンキュー。2時間ほど寝てしまいました。

就寝直前に再起動して、もうひと風呂。夕方以上に閑散としていて、のんびりまったりと湯浴みできたよ。サイコー!


参考リンク:伊香保温泉 – Wikipedia

祖父の墓参りに行ってきた、3日目

6時起床。と言うかカーテンがペラペラすぎて、朝日エネルギーが部屋の中にオールインの様相。もう少しゆっくり寝たかった…

軽くひとっ風呂を浴びてから朝食。宿の朝食係に「朝食はお粥です(キリッ」と言われたが、半数以上の宿泊客がご飯をお願いしてたよ。お粥も健康的で良いと思うんだけど、もう少し提供方法に工夫が欲しいところ。

いしかり湾漁協の朝市

朝市を見たいというお嫁さんの要望に応え、いしかり湾漁協の朝市へ。取れ立て、茹でたてのタコを買って、その場で足をチギって1本まま食べたお嫁さんに萌え。このシーンは今回の旅行におけるベストショットとなりました。我が嫁ながら、タコを丸かじりする笑顔が素敵すぎる!

変な地番

朝市を堪能後、札幌北広島クラッセホテル付属の天然温泉「森の妖精 楓楓(ふうふう)」目がけて移動開始。

ナビにはホテル所在地の詳細番地が収録されてなかったので、取りあえず近所に行けば分かるだろうと「北海道北広島市中の沢」と地番抜きの住所を入力。言われるがままに車を走らせたら、広大な農地のド真ん中に案内されてビックリ。

周囲にめぼしい建物も見あたらず、仕方なくホテルに電話して聞くと電話番号で検索し直してくださいとのコト。確かに電話番号で検索すると目的のホテルが表示されたけど、なんでこんなに離れてるんだ!?

あんまりビックリしたから『北海道北広島市中の沢の怪 – Google マップ』なんてのを作って公開してみた。直線距離で4kmも離れている地番ってあり得ないだろ。どういう経緯でこんなコトになったんだ?

札幌北広島クラッセホテル

ようやくたどり着いた温泉だったけど、団体様の御入浴とブチ当たってしまってゲンナリ。洗い場は一杯だし、浴槽も芋洗いだし、話し声が響き渡ってくつろげない…タイミング悪かったなぁ。

入浴後、ホテル最上階に移動してランチバイキング。このレストランからの眺めが良くて感激!周囲がガラス張りになっていて、石狩平野の遠くまでが見渡せるようになってたよ。料理の内容は普通だったけど、この景色のためにランチバイキングに行くのはありかも。

帰路

そろそろ飛行機の時間が近づいてきたので、家族と別れて一路千歳空港へ。トイレで誰かが忘れた搭乗券を見つけるハプニングはあったものの、大きな問題もなく千歳出立。天候に恵まれず飛行機が揺れ揺れでした。

羽田で空弁を買って今晩の晩飯を確保。日曜の夕方過ぎだったので16号の渋滞が心配だったけど、1時間ちょいで自宅到着。何度も言うけど、俺の見つけた裏道スゲー!

玄関を開けると帰りを待ちわびたネコ達の歓喜のお出迎え!なんてコトもなく、静かな部屋が待っていました。ただいま。

石狩温泉 番屋の宿

一度は泊まりたい「温泉遺産」 厳選100+397軒 (講談社 Mook)

日本海と夕日を一望できる、北海道石狩温泉の「番屋の宿」に宿泊したので感想を書くよ。

一言で言うと微妙だった。

建物は綺麗で清掃も行き届いていたし、部屋や風呂から見える日本海の眺めも良い。温泉も循環ろ過・加温とは言え、ヌルッとした感があり泉質は悪く無さそうだった。

でもね。サービスが悪いというか、教育が行き届いていないというか、気が利かないというか、センスが悪いというか。サービスの行き届いた宿なら普通にやってるコトが、全くもって出来てなかったよ。

思いつくままにダメだったところを列挙しておくわ。

  • 玄関前に車を停めても誰も出てこない
  • チェックインを済ませても荷物を持ってくれない
  • 荷物を運ぶための台車もない
  • 室内の差し込み穴にカギを差し込まないと、部屋の電気が付かないことの説明がない
  • 食事処は席指定なのに、どの客がどこに座るか従業員が把握していない
  • 大部屋で食事をさせる割に、間仕切り1つ用意されていない
  • 食事処に酒を持ち込むと、露骨にイヤな顔をされた上に持ち込み拒否
  • その割にはアルコールの品揃えが悪い
  • お品書きが用意されていない
  • 箸置きが用意されていない
  • 北海道の温泉付きホテルなのに、夕飯に出てきた海産物がマグロの刺身
  • 風呂場の近くに飲料水が用意されていない
  • 露天風呂にムシが浮いている。清掃回数が少ない?
  • 朝食がお粥。不平を言う客にのみ白米提供。

パッと思いつくだけで、これだけの不満が出てきたよ。

ちょっとした気遣いで改善できるコトばかりなのに、そもそも改善しようという意志が感じられなかった。たぶんオーナー自身の宿に対する愛情が欠如してるんだと思うよ。

祖父の墓参りに行ってきた、2日目

昨日に引き続き、北海道に滞在中。

朝は7時起床。朝食バイキングを頂き、9時頃ホテル出立。一路、戸田記念墓地公園へ。

無事に家族と落ち合った後、軽く園内を一回り。例年であれば8,000本に及ぶサクラが見頃の季節のハズだが、暖かい日が続いたために葉桜を残すのみ。僅かながらに花を携えるサクラもあったけど、花見と言えるほどには残っていませんでした。ザンネン。

祖父の墓前で団らんし、健勝を伝えて今回の目的達成。以降は決まった旅程もなく、気の向くままにノンビリと。

前調べもせずにロイズのふと美工場に見学に赴いたら、直売店があるのみで工場内は見学できず。その直営店も規模が小さくて、わざわざ訪ねるような場所でもなかったよ。ザンネン。

サーモンファクトリー(佐藤水産)で海産物を物色。ここは品揃えが良いね。ヘタに二条市場に行くよりもお勧めだわ。

良い時間になったので宿泊先の番屋の宿へ。別記事で詳しく述べるが、ちょっと微妙な宿だった。

海岸でカモメと戯れたり、温泉で体力を回復したり、親が持ち込んだワインで酔っぱらったり。酒と疲れで眠気のピークに達し、部屋に戻って布団に入ったら、21時過ぎたぐらいなのに途端に記憶が無くなったよ。

祖父の墓参りに行ってきた、1日目

祖父の墓参りに行ってきたよ。今回はいつもと異なり2泊3日。おいらは有給取得だし、お嫁さんも活動限界ギリギリだしで色々と大変でした。

17時の飛行機を目指して15時半に自宅出発。スルスルっと裏道を抜け16時半に羽田到着。時間的な無駄は少ないけど、保土ヶ谷バイパスで事故渋滞に遭遇しちゃったりすると、ヤバイことになっちゃう感じ。もうチョット早く出たいな。

千歳到着は19時。花畑牧場カフェの横にエスカレーターやホエー豚亭が出来ていてビックリ。義剛は儲かってそうだな~。

道内移動手段はレンタカー。Webで比較検討したJネットレンタカーが2泊3日で8,600円て安すぎだろ。出てきたのはトヨタのオーリス。内装は高級感があるけどオヤジ臭さと表裏一体。前後左右の視認性が低いし、シートアレンジも体に合わず、あまり良いところがない印象。やっぱマーチは最強に運転しやすいわ。

宿泊はホテルサンルート ニュー札幌。すすきの駅まで徒歩5分の立地の良さは好感触。接客・設備は及第点。駐車場が有料なのが残念だけど、場所を考えると許容範囲か。各室に有線LANによる無料インターネットアクセスが提供されていたり、ロビーに短時間ながら無料利用可能なPCが設置してあるあたりはビジネスマン向けか。

疲れもあって23時過ぎに就寝。お疲れ様でした。

宮ヶ瀬ダムのクリスマスツリーを見てきたよ

宮ヶ瀬ダムのクリスマスツリー

神奈川県の宮ヶ瀬ダムにクリスマスツリーを見に行ってきたよ。ここには日本最大級の大きさを誇る「生の樅ノ木」を使ったクリスマスツリーが飾られてるんだって!

自宅出発は18時半。ナビは津久井を経由しろって言ってたけど、無視して上溝から真っ直ぐ行ってみたよ。途中の山道が細くクネッていたのがイヤだったけど、津久井の渋滞に引っかかるよりはマシかも。

平日だし空いてるだろうと思ってたけど認識が甘かった!20時前後に付いたら駐車場の入り待ちで渋滞中。車を停めるだけで20分ぐらい掛かりました。4箇所ぐらい駐車場があったけど、どこも満車で一番遠い駐車場に停めさせられたよ。駐車料金は700円だったけど、我が家は無料で停めさせてもらいました。

トンネルを抜けた最初の駐車場がベストポイントっぽいので、これから訪れる方はソコに停めることをお勧めします。逆に橋を渡って最初にある臨時駐車場は、ちょっと歩くので避けた方が無難かも。

噂のツリーはデカかった!残念ながら近くまでは行けないんだけど、遠巻きに見るだけでも圧倒されるほどデカイ。大木の高さは30m、テッペンの☆も2mと桁外れの大きさだったよ。

階段上広場のイルミネーションもキレイでした。結構しっかり作ってあって、メインツリー無しでも十分楽しめるレベル。DJブースから音楽が流れたりして良い感じにイベントを盛り上げてたよ。屋台の出店や常設の飲食店もあるので、そこで軽く食べちゃうのも良いかもね。我が家は先に夕飯を食べちゃってたので、出店で買い食い出来なかったのが残念です。

1時間ちょっとウロウロしていたら小雨に見舞われたので撤収。帰りは道も空いていて、町田まで1時間も掛からなかったよ。こんな近場にあんなスポットがあるなんて知らなかったな~。お台場とかよりよっぽど綺麗なイルミネーションだった。昼間もそこそこ楽しめそうな雰囲気だったし、暖かくなった頃にダムを見にまた行ってみようかな。

参考リンク:第23回 宮ヶ瀬クリスマス □ みんなのつどい □ Pickup Photo

参考リンク:財団法人 宮ヶ瀬ダム周辺振興財団

千葉旅行二日目、帰路

この記事は「ミステリーツアー(主催:旦那)に行ってきた – Hinemosu」の続きです。

6時半ぐらいに自然起床。お嫁さんを起こさないように気をつけながらジャグジー風呂を満喫。おいしい朝食を頂いたあと、再びジャグジー風呂を満喫。レイトチェックアウトの11時ギリギリまで風呂に入りまくってたよ。部屋は広いし、設備は整ってるし、料理もウマイしで良い宿だったな~。

南房の海を見ようと車を走らせるも、海岸に続く道が分からず散策を断念。渋滞に巻き込まれる前に帰ることにしました。帰りもアクアラインを通るつもりだったけど、折角だから東京湾フェリーに乗って三崎口を経由するルートに変更。

国道16号一周時にも利用した懐かしの金谷港に到着すると、タイミングよく船の出港時間らしい。乗船料はマーチ1台(含む運転手)と同乗者1人で3,500円ぐらいだったかな?お土産用に落花生を買ってから車に戻って乗船待ち。

ほどなく乗船が始まったけど、乗船待ちの1台は運転手が戻らないみたい。散々お戻りくださいのアナウンスがあったけど、結局置いてけぼりを食らってた。きっとトイレに篭ってたんだろうな。次の便に乗せてもらえるのかな?

天気も良かったので展望デッキで東京湾を眺めつつの航海。千葉、神奈川の風景や遠くに見える富士山、それにフェリーの周りで餌をねだるカモメ達を写真に収めつつ船旅を満喫。お嫁さんの船酔いが心配だったけど、このサイズの船でこれぐらいの時間だったら問題ないみたいだな。

40分ほどで久里浜港に到着。昼食は海鮮にしようと店を探すも見つからず。仕方なく目に付いたジョリーパスタへ流れる。反対車線にあったジョリーパスタは、入るのも出るのも大変だった。Uターン禁止なのに右左折ポイントが無くて、延々と走った後に側道でUターン。帰りも延々と走った後、久里浜駅前ロータリーでUターン。なんかすっごい不便な道路だな~。地元民はブッチしてUターンしちゃってるのかな?

その後は渋滞に巻き込まれることも無く、良い感じに流れて我が家到着。猫達も元気で安心至極。お疲れ様でした。

ミステリーツアー(主催:旦那)に行ってきた

日本の世界遺産ミステリーツアー

お嫁さんの誕生日を祝うため、おいら主催のミステリーツアーに行ってきたよ!

往路は16号→保土ヶ谷バイパス→湾岸→アクアライン→下道→マル秘の目的地。バイパスを抜けるまでに1時間半も掛かってゲンナリしたけど、その後は至極順調風味。

辿りついたマル秘の目的地は「市原ぞうの国」でした。今回は現地到着まで目的地がバレなかったので、ミステリーツアーは大成功かな。遠回しな前振りとして、映画「星になった少年」を見ておいたのもニクイ演出の一環です。実はこの映画って市原ぞうの国が舞台なんだよね。

象に乗ったり、カピバラとふれ合ったり、猫とふれ合ったりと動物を満喫しまくって、14時ぐらいに現地撤収。第二のマル秘ポイントである宿泊先に移動します。

ガガガッと移動したその先は、南房総の南端に位置する「ホテル オーパ・ヴィラージュ」さん。誕生日祝いと言うことで50平米の広さを誇るスーペリアツインルームに泊まってみたよ。ジャグジーバスやマッサージチェアーもあって本当に豪華な部屋でした。しかも晩ご飯には季節の食材を使ったフレンチ、食後はアロママッサージと至れり尽くせり。お陰様でお嫁さんには大変満足していただけたようで、旦那の評価は急上昇の気配。頑張って企画した甲斐があるってモンですな。

市原ぞうの国に関しては「「市原ぞうの国」でゾウの背中に乗ってきた – Hinemosu」として別エントリを作成しました。宿泊したオーパ・ヴィラージュも、気が向いたら別エントリに書きますね。

千葉旅行二日目、帰路 – Hinemosu」に続きます。

再び北海道へ、2日目

軽やかに8時起床。狸小路のサブウェイで朝食を取り、昨日に引き続き実家へ。

父親にFinePix F30をお下がりしたり、実家のベランダから海が見えなくなってガッカリしたり、イカやキンキやイクラに舌鼓を打ったりしてから帰路につく。

途中、道央道の札幌南ー北広島間が通行止めになるハプニングはあったモノの、順調に流れて千歳空港到着。ツアーの安い席だけあって飛行機の席は後ろから4列目。出入りに時間が掛かるけど、ノンビリ派の我が夫婦には影響なし。

しかし飛行機の到着と共に立ち上がり、出口の開放を待ちかまえる人たちって何なの?急ぎ乗り継ぎ便に向かうとかなら分かるけど、みんなそのまま降りるだけでしょ?急いで降りても預けた荷物が出てこなくて待たされてたり、トイレに並んでたりするじゃない。

本当に早く降りたいなら全て手荷物にした上で、事前の席予約で出口近くを取っておけば良いのに。そう言う論理的な思考を持たず、閉所から早く脱出したいという原始的な願望に突き動かされてあんな行動を取ってるの?

閑話休題。帰り道は保土ヶ谷バイパスの渋滞に巻き込まれたけど、その後は我が家秘伝の裏道でスイスイ。自宅に帰り着くと、拍子抜けするぐらい元気な猫たちに出迎えられ一段落。空港で買った空弁で夕飯を済ませ、早めに就寝。

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 16

今日の人気記事