WordPressの記事一覧 7ページ目

さくらのVPS、Apacheチューニング

Apacheクックブック 第2版 ―Webサーバ管理者のためのレシピ集

興味のないヒトにはくどいでしょうが、本日も「さくらのVPS|VPS(仮想専用サーバ)はさくらインターネット」にUbuntuでLAMP環境を構築し、その上でWordPressを動かすオハナシです。

なかなか安定運用に持って行けてませんが、http無応答時にコンソールを覗くと、Apacheさんが「Out of memory」を吐きまくっていることに気がつきました。

Out of memoryについて

まず「Out of memory」に付いて調べました。

linuxの初期設定では総メモリ容量(実メモリ+Swap)以上の実効メモリ容量を要求された場合、実際には足りないのに大らかな気持ちで要求を受入れてしまうそうです。

結果として必要なメモリが足りない事態が発生した場合、適当なプロセスをkillしてしまうそうで、これを行うのが「Out Of Memory Killer」ことOOM Killerさんのお仕事で、OOM Killerさんが吐くエラーが「Out of memory」として表示されていたようです。

OOM Killer概要:
Out Of Memory Killerのこと。Linuxのデフォルトの動作では、プロセスがメモリを要求した場合、総メモリ使用量が実メモリ+swap以上であっても、ある程度許可するようになっている。これは、各プロセスが要求したメモリをすべて使うわけではないという経験的な法則により、できるだけ多くのプロセスを起動するためにそのように動作になっているようである。そのため、あるプロセスが確保できたはずのメモリを使おうとし、実際にメモリが足りない場合カーネルが適当なプロセスを選択し、そのプロセスをkillしてしまうことをOut Of Memory Killerという。

引用元:http://yochecks.blogspot.com/2007/04/oom-killer.html

Apacheのチューニング

OOMエラーを理解することにより、Apacheの「なにか」がメモリを浪費しているのでは無いか?というアタリを付けました。

なぜApacheさんがメモリを食いまくっているか?と言う根本的な理由は分からないですが、取りあえずの対策としてApacheの設定をチューニング。

/etc/apache2/apache2.confを開き、mpm_prefork_moduleの設定を以下のように変更しました。

<ifmodule mpm_prefork_module>
    StartServers          5
    MinSpareServers       5
    MaxSpareServers      10
    MaxClients           34
    MaxRequestsPerChild  4000
</ifmodule>

一番大きく変更したのは「MaxClients」の値です。初期値では150になっていましたが、省メモリ環境での運用であることを踏まえ、34に制限してみました。これで良い変化があると良いんだけどな~。

Apacheのチューニングに付いては、『さくらのVPSのその後@2010-10-25 | それでも地球はまわっている』や、『[Slicehost] OOM Killer(Out Of Memory Killer)の対策 – delab』を参考にしています。貴重な情報ありがとうございます。

WordPress: mixiチェックに対応した

mixiでこんなことまでできた!

mixiの新サービス「mixiチェック」に対応しました。

個別記事ページの本文上、日付などが書かれている行の右端に「チェック」と書かれたボタンがあると思います。

このボタンを押すと、mixiでのアナタの「チェックリスト」に、ウチのブログが「チェック」されますので、遠慮せず2万回ぐらい押してみてください。

でもこれ、ぶっちゃけ誰も押してくれない気がするよ…ボタン名の「チェック」も気に入らない。「イイネ」のが意味の通りが良いと思うんだけどなぁ。

WordPress: 『読むための所要時間』を表示するコード書いた

たった一行追加するだけでサイトの滞在時間を13.8%伸ばす方法・・・ – IDEA*IDEA ~ 百式管理人のライフハックブログ」で紹介されていた、『読むための所要時間』を表示するコードをマルチバイト対応してみたよ。

使ってみたいヒトは、下記のコードをテンプレートの適当なところに貼り付けてください。

<?php
$mycontent = $post->post_content; // wordpress users only
$word = mb_strlen(strip_tags($mycontent));
$m = floor($word / 400);
$s = floor($word % 400 / (400 / 60));
$est = ($m == 0 ? '' : $m . '分') . ($s == 0 ? '' : $s . '秒') . 'ぐらい' ;
?>
この記事を読むのに必要な時間の目安: <?php echo $est; ?>

上記コードでは1分間に読める文字数を400と仮定しています。気に入らなかったら、適当に増やしたり減らしたりしてみてください。

分単位で切り上げ表示を行うバージョンも作成しました。こちらの方がそれっぽいかな?

<?php
$mycontent = $post->post_content; // wordpress users only
$word = mb_strlen(strip_tags($mycontent));
$m = floor($word / 400) + 1 ;
$est = $m . '分ぐらい' ;
?>
この記事を読むのに必要な時間の目安: <?php echo $est; ?>

注意点としては、本文中に誤ったHTMLコードがあると、「strip_tags関数」がガッツリタグを削除して「読む時間」がゼロ秒になったりします。「The W3C Markup Validation Service」あたりを利用して、正しいコードを書くように心がけてください。

Facebookの「いいね!」ボタンを付けてみた

facebook完全活用本

うちのブログにも、Facebookの「いいね!(Like)」ボタンを付けてみました。

本文直下にこんなの →(like_button_image) があると思いますので、Facebookアカウントをお持ちの方は容赦なくクリックして頂けると幸いです。

多分に実験的な雰囲気を醸しだしておりますので、誰も押してくれないと拗ねて廃止するかも知れません。だからみんな秒速2万回ぐらい押しちゃってね!

「いいね!」ボタンの実装は、WordPress用プラグイン「Like」を利用しています。プラグインを有効化するだけボタンが設置できるので、気になるヒトは軽やかにお試ししてみるのもアリかもよ。

WordPress 3.0: Commented entry listの動作不具合修正

WordPress ポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)

ブログソフトウェア「WordPress」のバージョンを3.0に上げたら、愛用していたプラグイン「Commented entry list」が動かなくなってしまったので、ソースを修正して対応したよ。

問題点

うちのブログのサイドバーには「最近のコメント」というのが表示されてるんだけど、ここは前述のプラグイン「Commented entry list」が表示している部分なのね。

ところがWordPress本体を3.0にアップデートしたら、最近のコメントとして「No Response」しか表示されなくなってしまいました。

原因調査

さっそく原因を調査したところ、「WordPress3.0リリース&Commented entry listが動かなくなった場合の対処方法。 | ごみおきば」経由で、「WordPress 3.0 RC1 日本語版 リリース ≪ REIMA’s Blog」に到達。

曰く、Commented entry listで「$tablecommentsと$tablepostsにテーブル名が入っていない」のが原因らしい。

解決方法

Commented entry listのソースを修正して、$tablecommentsと$tablepostsに正しい値が入るようにすれば良いみたい。

具体的にはget_recently_commented関数と、get_recently_trackbacked関数の先頭で変数定義を行っているので、この2ブロックを変更するようです。

元ソースはこんな感じ。

function get_recently_commented($limit = 10) {
global $wpdb, $tablecomments, $tableposts;
	:
	:
function get_recently_trackbacked($limit = 10) {
global $wpdb, $tablecomments, $tableposts;

上記2ブロックの関数先頭にある変数定義を、以下のように書き換えます。

function get_recently_commented($limit = 10) {
	global $wpdb;
	$tablecomments = $wpdb->comments;
	$tableposts = $wpdb->posts;
		:
		:
function get_recently_trackbacked($limit = 10) {
	global $wpdb;
	$tablecomments = $wpdb->comments;
	$tableposts = $wpdb->posts;

これで無事にプラグインが正常に動作するようになりました。良かった、良かった。

WordPress: コメントあるの?ないの?

WordPressのハナシ。

発端は分からないんだけど、ふと気がつくとコメントの承認待ちが有るのか無いのか分からない変な状態になっていた。

WordPress:承認待ち(1)?

「承認待ち(1)」と表示されるのに、「承認待ちのコメントはありません」ってどういうコト?なにかのキャッシュが腐ってるのかと思ったけど、ブラウザ変えたり環境変えたり1日待っても同じまま。

特段実害があるワケじゃないけど、なんだか気持ち悪くてイヤだなぁ…


と、ここまで書いてからピンと来た!「ゴミ箱」に入ってる記事が原因だ!

先日うっかり書きかけの記事を上げちゃって、その記事が自動でTwitterにポストされちゃって、さらに自動でTwitterコメントが記事に書き込まれたんだけど、そのコメントを処理せずに記事自体をゴミ箱に入れたんだよね。

で、承認待ちのコメントがあるんだけど、ゴミ箱にある記事だから記事一覧には表示されず、と言う状態になってたらしい。

解決策としては、ゴミ箱を空にして該当記事を削除すればオッケーだった。あースッキリした。

WordPress: トラックバック元のタイトルを短く表示する

これは「効く!」Web文章作成&編集術逆引きハンドブック

最近、徐々にトラックバックされることが増えてきたんだけど、その時にトラックバック元の表示が長くなりすぎるコトがあるのが気に入らなかったのよね。

例えば、直近の外部からのトラックバックタイトルは『それでも地球はまわっている ブログ「それでも地球はまわっている」は、こんな内容を扱っています』なんだけど、これをそのままタイトルとして表示すると、長すぎて画面からハミ出てしまうわけです。

そこでちょっと細工して、タイトルが長すぎる場合は 後半を[…]に差し替えて短く表示するようにしてみました。
【この記事の続きを読む →】

WP Super CacheとKtai Styleを併用する方法

WordPress 2.7対応「導入&カスタマイズ」実践ガイド―個人ブログも企業サイトも簡単&無料で構築できる!

WP Super CacheとKtai Styleを併用する方法をメモっておくよ。

いつものようにブログのリファラーチェックをしていたら「CORESERVERとWP Super CacheとKtai Style」なるサイトからPingが飛んできていることに気がついた。

曰く、「CoreserverでWP Super CacheとKtai Styleを併用するのに苦労した」と言うことらしい。さいわい当ブログ経由で「WPtouchとWP Super Cacheを併用する || 新・ガジェット! gadget!! あーんど Mac!!!」に辿り着き、解決方法を見いだせた模様。

そんな流れの中、ウチのブログでも改めて「WP Super CacheとKtai Styleを併用する方法」をメモっておくね。
【この記事の続きを読む →】

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 16

今日の人気記事