Apple TVの記事一覧

Apple TVが大幅値下げ、160GBモデルが2万3800円に

Apple TV 160GB MB189J/A

我が家では毎日大活躍しているApple社製セットトップボックス『Apple TV』が2万3800円に値下げされたそうです。

これまでは4万9800円だったので、半額以下に値下がりました。隠れライバルのPS3の価格を思うと適正な値下げだと思うけど、1年前に定価で買った我が家は立場がありません…ある程度の値下がりは仕方がないと思えるけど、半額以下の値下げはやりすぎだろ…

しかも十分に安くなったとは言え、日本版のApple TVは単なる音楽プレーヤー以上の価値が無いんだよね。改造して激安Macとして使う手もないワケじゃないけど、手間を考えると素直にMac miniを買えって言いたくなるしな~。

iTunesでライブラリを作っていて、それをリビングやオーディオルームでも再生したくて、しかもPCとアンプを繋ぎたくない、という極々限られた用件にマッチする人にのみお勧めできる特殊なミュージックプレーヤー、それがApple TVです。

「Apple TVが応答しません」なるエラーが発生

Apple TV MA711J/A

いつものようにApple TVで音楽を聞こうと思ったら、プレイリストが更新されておらず古いまま。

はて、おかしいな?と思いつつ、iTunesから強制的にAppleTVを同期させてみると「Apple TVが応答しません 共有コンピュータまたはこのコンピュータで実行されているファイアウォールソフトウェアが ポート3689での通信を許可するように設定されていることを確認してください。」なるエラーが出る。だがしかし、ファイアウォールは立ててないので3689番を許可しろと言われても困るんだけど。

試しにAppleTVをOFF/ONしたり、iTunesを再起動してみたり、AppleTVのコンセントを抜いてみても解決せず。途方に暮れかけていたが、モノは試しとWindowsファイアウォールを有効化して3689番を許可したら同期するようになった。

根本的な原因は分からないが、Windowsファイアウォールが悪さしていたっぽいね。

Apple TV Software Update 2.3.1 リリース

Apple TV 160GB MB189J/A

Refer the table below for Apple TV Software Update 2.3.1 features:
Network Test sends information about your Internet connection to Apple in order to help improve download performance.

Apple TVが2.3.1にバージョンアップしたようです。公式サイトのリリース文を読むと、「ダウンロード性能を向上する手助けとして、インターネットの接続状態を調べてアップルに送信するネットワークテスト送信情報が付いた」ようです。って、これじゃなんだか分からないな…あとでユーザーによる変更レポートも読まないと。

そもそも勝手にバージョンアップするくせに、何をバージョンアップしたか公式サイトを見ないと分からない現状を何とかしてよ。簡単で良いから「○とxの機能が変わりました」って出て欲しいな。


参考リンク:About Apple TV software updates [公式]

Apple TVで音が出なくなる問題に遭遇

Apple TV MA711J/A

Apple TVから音が出なくなったけど「音楽の音量をコントロール」をオフ→オンと変更したら直ったよ、と言うお話し。

いつものようにApple TVの電源を入れると、リンゴマークが表示されるだけで起動しない。そのうち「自動的に再起動します」云々のメッセージが出て勝手にリブートされちゃった。

再起動後は普通にリモコン操作を受け付けるので、試しに音楽を再生してみるもナゼか音が出ない。だけどムービーを見たり、YouTubeを見たり、iTunesからリモート再生すると音が出る。でもやっぱりiTunesストアの視聴や音楽ライブラリの音楽再生時だけは音が出ない。なんだこの微妙な不具合は!?

電源を入り切りしてみたり、コンセントを抜き差しして見るも状況は変わらず。いよいよこれはサポート送りか?と考え始めたあたりで、ふと「音楽のボリュームコントロール」オプションを思いだした。

「設定」の「オーディオとビデオ」から「音楽の音量をコントロール」を見ると現在の設定は「オフ」。これを「オン」にしてから音楽を再生すると、ちゃんと音が出始めた!いちど音が出るようになったら「音楽の音量をコントロール」を「オフ」に戻しても音が出るようになりました。

ハッキリした原因は分からないけど「音楽の音量をコントロール」が悪さして、音楽再生時だけミュートされていたようです。

こんな感じの微妙な問題が多発するわ、熱暴走はするわ、日本語で検索できないわ、映画レンタルは始まらないわと、どうにも人様にお勧めしにくいApple TVサンです…

Apple TVが熱暴走するので交換してもらった

Apple TV 160GB MB189J/A

大体のトコロは(T/O)、最近の例に習えば(EOM)なんだけど、Apple TVが暴走するので交換してもらった。

症状としては「使い始めに反応しないことがあり、コンセント抜き差しで復帰する」と言うモノ。全く電源が入らなかったり、電源が入っても黒画面だったり、画面が出たと思ったらリンゴマークで固まってたり、メニューが出たと思ったら音が出なかったり、色々な症状が出たけど週1ペースで暴走する。おそらく熱暴走だと思うんだけど、使用中に固まることがないのが不思議。とにかく調子が悪いので交換してもらうことにした。

Appleのサポートセンターは0120-27753-5。繋がったら’1’をプッシュしてiPod対応に回してもらう。Apple TVの問題であることを告げると担当者に転送してくれるんだけど、いつまでたっても転送されない。日曜の午前に一回かけて「繋がらないようなのでお掛け直しください」と言われ、午後に掛けても「お掛け直しください」と言われ、夕方に掛け直して30分待たされた上にようやくApple TV担当者に繋がったよ。その後は話が早くて、症状を伝えたら不具合と認めてもらえ、修理はせずに代品と交換になるとのこと。ここまでが日曜日。

翌日にはAppleから代品が発送され、本日火曜日に我が家に到着。本体のみが送られてきて、その場で不良品を送り返すだけなので簡単で良かった。ただクロネコの担当者が折り返し返送の仕組みを理解しておらず、こちらから「すぐに返送扱いじゃないの?」と問いただすと返送伝票が出てきた。これ、お嫁さんが対応してたら受け取るだけで終わってたぞ?

代品として送られてきた本体は、どうやらアメリカ仕様らしく型番やらシリアルが大きく異なっている。言語設定を日本語に変えちゃえば日本用と同一品になるけど、初期設定が英語だから拒否反応が出る人もいるんじゃないの?

とまどったのはそれぐらいで、あとは至極スンナリ風味。購入時と同じように初期設定を済ませ、その後にiTunesとシンクしなおすだけで手間いらず。ただ総計50GBのデータ転送は時間がかかって仕方がない。今日中には終わらないかも知れないな…

交換後に本体に触ってみたら、不良機と同じようにチンチンに熱い。Apple TVは熱くなるって説明書にも書いてあるけど、この熱さだとまた暴走しそうで怖いな…

42インチのデジタルフォトフレーム

The Apple TV Pocket Guide (Pocket Guide)

音楽プレーヤーとして購入したApple TVさんですが、予想外にデジタル写真立てとしても活躍中。

イヤさ、音楽再生中にスクリーンセーバーとしてスライドショーが始まるんだけど、我が家の10GB/8000枚 overなデジカメフォルダを同期させたら、飽きることなく延々と見ていられるナイスコンテンツに大変身しちゃったワケよ。猫たちの写真で癒されつつ、旅先の写真で思い出を蘇らせつつ、日々の写真で懐かしさを誘い。そんな写真達がREGZA Z3500の大画面に投影されるわけで、これはもう見事なまでに42インチのデジタルフォトフレームなんですよ。一時期はSonyのデジタルフォトフレーム「CP1」に心動かされていた時期もあったけど、これがあるなら全く買う意味がないね。

CP1が2万円台中盤、Apple TVの40GBが3万円台中盤と1万円程度の差で、値段的にはありえない程の価格差って感じじゃないよね。CP1に比べるとストレージサイズもハンパ無く大容量だし、iTunesを常用してるなら勝手にデジカメ画像を無線転送してくれる。環境によってはフォトフレームマシーンとしてApple TVを購入するのもありかもよ!?

フィットネス50週目その3、on Apple TV

Ab Bootcamp

ついにApple TV経由でブートキャンプが執り行われました!無駄にハイテク、ハイスペックな環境で、技術の無駄遣い感が好ましいですね。

頑張って2passを通したので、思ってた以上に普通品質の動画ですよ。画面全体で激しい動きがあるとブロック化しちゃうけど、可変ブロックサイズのお陰かMPEG-2よりもジャギー感が軽減されてるね。加えてD端子からHDMI接続に変更したお陰なのか、字幕テロップなどの静止部分で1枚ベールが剥がれたかのような印象。ハッキリクッキリ読みやすくなりました。これなら頑張った甲斐があったわ~。

あ、ビリーは真面目に腹筋やったよ。次の日に筋肉痛になるぐらい頑張った!

HDMIケーブルとLANケーブル購入

Amazonさんから、Apple TVの接続に使うケーブルが届いたよ。いままではXbox 360用のHDMIケーブルを流用し、なおかつクロスのEthernetケーブルをクロス変換器付きで接続するという「とりあえず」な接続だったのです。

早く手元にケーブルが欲しかったし、いつお試し期間が終わるか分からないし、この機会にAmazonプライムの一ヶ月無料お試しに登録してみたよ。実際にプライムで届けてもらうと、頼んだ次の日に自宅に届く素早さに改めて驚かされるね。とは言っても、次の日に欲しいなんてコトは年に数回あるかどうかだし、1500円以下の発注なんてのもまず発生しないので、お試し期間だけで止めちゃうかな。

HDMIケーブルはプラネックス(PLANEX)の安物ケーブルを買ってみたよ。買ってから知ったんだけど、型番のお尻に付いてる-SPはプラスチックパッケージの有り無しを示しているらしい。無印はビニール袋に封入されているだけの簡易包装。-SPはパッケージに入ってる分、微妙に値段が高いみたい。

良く分かってなくて1mは-SP、2mは無印を頼んだけど、通販で買って開けてすぐに使うんだから、両方-SPなしで良かったんだよな。微妙に失敗した。

型番は微妙に失敗したけど、それ以外は問題なし。Apple TV → SU-XR57 → REGZA Z3500と繋げて720p出力して、絵も音も正常に出力されたよ。HDMIケーブルを2本買っても2,500円だし、Amazon様々ですな。

ELECOM 簡易包装仕様イーサネットLANケーブル(灰)3m LD-CT/LG3E PLANEX HDMI Ver1.3aビデオケーブル 1m (フルハイビジョン・PS3) PL-HDMI01-SP PLANEX HDMI Ver1.3aビデオケーブル 1m (フルハイビジョン・PS3) PL-HDMI01-SP

Apple TV 160GB 購入

Apple TV 160GB MB189J/A

ヨドったついでにApple TV 160GB(MB189J/A)も買ってきたよ。お値段は49,800円で、5%のポイントバック。壊れることにBetするのは性に合わないので、Apple Careはスルーしました。

セットアップは驚くぐらい簡単だったよ。HDMIケーブルを繋いで、Ethernetケーブルを繋いで、電源ケーブルを繋いだだけで接続完了。電源を入れると自動的にネットワーク構成を検知して、何の設定も無しで外に出られるようになりました。ここまでの作業だけで、映画の予告編を見たり、iTMSをブラウズしたり、YouTubeを見たり出来るようになりました。

続いてPCでiTunesを立ち上げると、自動的にApple TVを検出。Apple TV側に表示される5桁の認証コードをiTunesに入力しただけで、パソコンからApple TVが見えるようになりました。あとは勝手に同期が始まって、Apple TV側でムービーと音楽の再生が可能になります。ここまででApple TVの主要な機能がほとんど使えるようになっちゃって、簡単すぎてちょっと詰まんないぐらいw しかも同期が終わるまで待たされるのかと思ってたのに、iTunesが立ち上がっていればストリーミング再生が可能で、自由自在にiTunesライブラリを操作できるのもスゴイ。至れり尽くせりで、つくづく感心させられます。

そんな感じで一通りさわってみた感想を。

音楽再生は、iPodで出来る事は全部できるみたい。全曲再生やプレイリスト再生、アルバム単位、アーティスト単位の再生なんかも当然できる。再生当初はジャケット写真が表示されるけど、しばらく放っておくと写真を使ったスクリーンセーバーに切り替わるのも面白いね。同期しておいた写真からランダムに選ばれるので、写真好きの我が家には嬉しい機能かも。旅行の写真をメインに同期させてみたら、色々と懐かしい写真が表示されて、思わず見入っちゃったよ。

写真再生は同期元の初期設定がMy Documentだったので、共有Documentのデジカメフォルダに変更しました。これだけで勝手に同期が始まって、Apple TV側でスライド再生が可能になります。再生方法がスライドショーしかないのは残念だけど、それにしたって簡単すぎて笑えるね。スライドショーの再生中は、iTunesの管理楽曲からランダムに音楽が再生されるので、思いもかけない曲が流れるのも面白かった。マイの写真再生中にFF12のボスBGMが流れたりして、そのミスマッチぶりに思わず笑っちゃったよ。

iTMSのブラウズは、悪くはないけど良くも無い。最初からリストアップされている人気曲のブラウズは快適だし、その場で視聴して、その場で購入できるのも素晴らしい。ソファーに座りながらの音楽購入なんて、なんかちょっと近未来だよ。だけど「あの曲が聴きたい!」って時が面倒すぎる。検索文字列の入力が、アルファベットの表をリモコンの上下左右で選択する単語入力。しかも日本語はローマ字のまま検索するみたいで、何にしても直感的じゃない。検索はパソコン側にお任せした方が幸せそうだな。それとPVがiPodサイズしか見当たらなく、HDテレビで見るには情報量が不足してるのも残念。これで400円はちょっと暴利だわ。

映画の予告編を見ることも出来るんだけど、全て米国版なのが残念。当たり前のように英語音声の日本語字幕無しで、日本で公開予定のない作品まで混じっています。もちろん邦画の予告も無いので、いろいろとガックリしちゃう感じ。それにしたってHDクオリティの映画予告は、英語だとしても見所あり。たぶん720pだと思うんだけど、DVDと遜色ないクオリティの予告版が、自由自在に見てまわれるのは楽しいよ。カンフーパンダが予想以上に滑らかなアニメーションで面白そうだな~とか、バットマンの新作もカッコいいな~とか、雰囲気を掴むだけなら十二分に活用できるね。

YouTube再生は、ちょっと有効な使い方を思いつかなかった。画質も音質も今ひとつなので、HDテレビで見るには適さない。普通にパソコンで見ていたほうが幸せなんじゃないかな~。

これだけの機能でも買った甲斐はあるんだけど、さらにテレビ番組の配信が始まってくれたら鼻血が出るほど嬉しいんだけどな。見逃したり撮り逃したりしたあの番組を、数百円で見られるなら喜んでお金払うよ。米国では放送の翌日にはLOSTが配信されてるんでしょ?日本でも同じように人気ドラマを即日配信して、どんどん儲けるべきだよ。

Apple TVの変遷を調べてみた

Apple TV 160GB MB189J/A

先日のiPod nano発売時期まとめに続き、今度はApple TVの発表・発売時期をまとめてみた。

2006年9月12日 製品発表
2007年1月9日  予約受付開始
2007年2月     発売延期発表
2007年3月22日 発売開始
2008年1月15日 アップデート実施

このスケジュールを見る限り、今夏に大きな動きは無さそうなので、夏ボーでApple TV購入作戦は順調に進行する予定。悩みどころは「Apple TV 40GBの中古を買ってHDDを換装」するのか、「新品のApple TV 160GBを購入」するのかだな。

中古40GB計画の支出予定額は3万5千円。ヤフオクで中古のApple TV40GBを2万5千円で落札し、1万円のHDDを換装する。お安く済むのがメリットだけど、保証がなくなる事、乗せかえるHDDが限定されるので探索が必要な事、乗せかえるHDDの初期化にMacユーザーの手助けが必要なことが難点。既にiTunesライブラリが40GB近いので、乗せ変えないという選択はありえない。

新品160GB計画の支出予定額は4万5千円。新品であること、保証が付く事、HDD乗せ変えの手間が無い事がメリット。新品を買うデメリットは価格の高さだね。単なるメディアプレーヤーに5万もの大金を払うことが妥当なのかどうか?自分自身を納得させられるかが鍵だ。中古での購入も考えてみたけど、160GBのヤフオク相場は3万5千円程度。保証付き美品なら購入もありえるけど、それ以外なら価格メリットが少ないので見送り。ヤフオクで良い出会いがあればチャレンジするぐらいか。

参考リンク:アップル – Apple TV

参考リンク:Apple TV – Wikipedia

Apple TVっぽい?上海問屋からHDMI対応メディアプレーヤーが発売

Apple TV 160GB MB189J/A

上海問屋からHDMI出力付きのHDDメディアプレーヤーが出るみたい。VOBファイルやWAVファイルに対応しているし、映像はHDMI出力、音声は同軸や光に対応していて廉価版Apple TVかと思ってグッと来た。だけど良く読んだら「日本語には対応しておりませんので、ファイル名は英数字による表記をお願いします。」の一文が見えて、ヘナヘナッと萎えた。

ファイル名は日本語対応、HDDはIDE/SATA両対応の上、2.5/3.5インチ両対応。ビッグドライブのNTFSもOK。HDMI出力に同軸/光音声出力。対応ファイルはVOBとWAV、欲を言えばFLACにも対応してくれて、電源はACアダプタと電池の両対応。その上ファンレスで、おまけに使いやすいリモコン付きだったら、世のロスレスAVマニアが諸手を挙げて喜んで、すごい勢いで買いあさっていくと思うんだけど。上海問屋の中の人がここを読んでいて、うっかり作ってくれないかな?

関連リンク:HDMI対応 HDDメディアプレーヤー Donyaダイレクト DN-HMP368HSB

AirMac Expressに新製品登場

アップルコンピュータ AirMac Express ベースステーション with Air Tunes MB321J/A
Apple TV MA711J/A

AirMac Expressに11n対応の新製品が出たみたいだよ。ヨドバシの店員の予想通りで、慌てて買わなくて良かったナ。しかし噂には聞いてたけど、Apple製品の流通調整って本当にやってるんだな~。これからApple製品の購入を考える御仁には電気屋での事前調査をお勧めするナリよ。

でも本当にAirMac Expressを買うのか、ちょっと悩み中。もうちょっと頑張ってApple TVを買った方がシアワセになれそうな気もするんだよな。パソコンの電源入れなくて済むし、写真や動画も見られるようになるし、なによりSU-XR57とHDMI接続できるのは心情的に安心できる。ヤフオクで2万ぐらいのApple TVを見つけ出して、HDDを乗せ替えようかな?

iPhoneとiPod touchの新機能を予想

Apple iPod touch 16GB MA627J/A

「iPhone/iPod touchの新バージョンで、AirMac Expressへの配信が可能になる」と予想してみる。技術的な障害は無さそうだし、ジョブズがやる気になればチョチョイじゃね?地味な変更に思えるかもしれないけど、これで得られる音楽体験の向上具合ったらもう半端ねぇ。

iTunesでロスレスで取り込んだ楽曲を、touchにロスレスのままSyncして、AME経由でロスレスでアンプに送り込む。あとはDACとアンプ、そしてスピーカーの性能にゆだねられるわけで、デジタル音楽の可能性を最大限に発揮。しかもtouchの画面でジャケ写を見ながら曲を選べるし、PCファンの耳障りな回転音に快適な音楽再生を邪魔される心配も無い。もう、何の非の打ち所も無いパーフェクトな再生環境がヒョッコリ登場しちゃうわけですよ。WMA losslessでゲイツがやろうとしていることを、ジョブズ様がカッコよく実現させてくれる!そこにしびれるし、あこがれるわけです。(弱JOJO風

もしホントにtouchとAMEが連携するなら、おれはポチることを我慢できないだろうと思います。

AirMac Expressに新製品か?

アップルコンピュータ AirMac Express ベースステーション with Air Tunes MB321J/A

AirMac Expressを買おうと思ったら売ってない。Amazonは品切れだし、Appleでも納期に数週間掛かると出てる。

流通在庫を求めてヨドバシ町田に行っても「最近入荷が無い」とのお言葉。ヨドの店員には「新製品が出るんじゃないですか?」と言われたけど、11n対応で新しいのが出るのかな~?買うのちょっと待ってみようかな?

アンプとプレーヤー選び、SU-XR57とAirMac Express

Panasonic SU-XR57 デジタルAVコントロールアンプ

数日前のアンプ視聴ONKYO A-933が選外になってしまったので、これに変わるアンプを検討中。色々と調べたところ、PanasonicのSA-XR55やSU-XR57、SU-XR700が良いみたい。また無駄に長いので、暇な人だけ続きを読んでくれ。

パナソニックのAVアンプについて

SU-XR57などのPanasonicのAVアンプは「テレビを買ったついでに5.1chも!」なオジサマ向けに作られたAVアンプらしいんだけど、フルデジタルで構成したお陰で良い音が出ちゃったみたい。

良い音はするけど「テレビのおまけに買う人向け」の製品なので、ハイファイオーディオのアホみたいな値付けに巻き込まれず、常識的な値段で売られてるらしい。

狙ってるのは中堅機種のSU-XR57で、4万ちょっとでHDMI付きなのがポイント。HDMIはver1.2のCEC対応だから、運が良ければREGZAとリンクしちゃうかも?あとXR57ならスピーカーコントロールがあるところにも惹かれてる。

将来的にリアやセンターを追加したとき、単なるレシーバーのXR55だと機能が不足しそうな気がするんだよな~。入出力が多いXR700もあるけれど、現在の構成だと手を広げすぎの感があることと、10万近い値段で選外に。

オーディオプレーヤー選び

そんな感じでアンプはSU-XR57で固まりつつあるんだけど、迷ってるのがプレーヤー。普通に光出力付きの据え置きCDプレーヤーを買うのもアリだけど、ちゃんとしたのを買うと数万から数十万しちゃう。これはちょっと買えないよな~。

で、まず考えたのがiPodをミュージックサーバーとして使うこと。すでにライブラリは構築してあるし、iPodとDockを買うだけで良いので3万円ぐらいで済む。でも、iPodだとアンプとの接続がアナログなのが微妙に気になる。せっかくデジタルアンプを買う予定なんだし、入力ソースもデジタルにこだわりたい。

こだわりたいのでグーグル様にお伺いして光出力のあるDAPを探したけど、めぼしい製品が見つからない。古い製品だとiRiverのH100やEDIROL R-9というのがあるみたいだけど、現行品だとmPack P800ってのがあるぐらい。こいつはアウトレットでも2万だし、ちょっと買う気が起きないんだよな~。

もう少し考えを進めて、ミュージックサーバーとしてMac miniを使うことも考えた。ちょっと高いプレーヤーになっちゃうけど、DVI-HDMI変換してレグザに繋げば良い感じに活用できそう。Front RowはまさにリビングPCとしてピッタリだし、既存のiTunesライブラリを有効活用できるのも魅力的だよな~。ちょっとAppleのサイトで調べてくるか~。

AirMac Expressと言う選択

アップルコンピュータ AirMac Express ベースステーション with Air Tunes MB321J/A

Appleサイトを見ていて思いだしたのがAirMac Express。あーこんなのあったな~。でも光出力ないよな~と思ったんだけど、よく調べたら光出力が付いてるじゃない!

どうやらフォン端子が光出力と共用になっていて、普通にデジタル出力があるみたいよ?AirMac Expressまでの無線伝送もAppleロスレスで送られるので、アンプまで劣化無しデジタル伝送が可能になるようです。

お値段も1万円ちょっとだし、既存ライブラリも活用できる。選曲にPCが必要になるのが何だけど、十中八九パソコン立ち上がってる我が家なら問題無さそう。コレは良いんじゃなーい?って所まで来たのが2時間ぐらい前。オーディオ関係は悩ましいなぁ。

レグザはデジタルスルー出力が可能

閑話休題。調べている課程で面白いことに気がついたんだけど、レグザZ3500のS/PDIF出力って、デジタルスルー出力ができるらしい。レグザの映像選択に連動して音声出力が切り替わるから、セレクタ代わりに使えるって事だよね?これって地味にすごくね?

きちんと他のテレビの仕様を調べてないけど、普通は外部入力は出力しないか2chに変換しちゃうんじゃないかな?