Apple TV 160GB MB189J/A

ヨドったついでにApple TV 160GB(MB189J/A)も買ってきたよ。お値段は49,800円で、5%のポイントバック。壊れることにBetするのは性に合わないので、Apple Careはスルーしました。

セットアップは驚くぐらい簡単だったよ。HDMIケーブルを繋いで、Ethernetケーブルを繋いで、電源ケーブルを繋いだだけで接続完了。電源を入れると自動的にネットワーク構成を検知して、何の設定も無しで外に出られるようになりました。ここまでの作業だけで、映画の予告編を見たり、iTMSをブラウズしたり、YouTubeを見たり出来るようになりました。

続いてPCでiTunesを立ち上げると、自動的にApple TVを検出。Apple TV側に表示される5桁の認証コードをiTunesに入力しただけで、パソコンからApple TVが見えるようになりました。あとは勝手に同期が始まって、Apple TV側でムービーと音楽の再生が可能になります。ここまででApple TVの主要な機能がほとんど使えるようになっちゃって、簡単すぎてちょっと詰まんないぐらいw しかも同期が終わるまで待たされるのかと思ってたのに、iTunesが立ち上がっていればストリーミング再生が可能で、自由自在にiTunesライブラリを操作できるのもスゴイ。至れり尽くせりで、つくづく感心させられます。

そんな感じで一通りさわってみた感想を。

音楽再生は、iPodで出来る事は全部できるみたい。全曲再生やプレイリスト再生、アルバム単位、アーティスト単位の再生なんかも当然できる。再生当初はジャケット写真が表示されるけど、しばらく放っておくと写真を使ったスクリーンセーバーに切り替わるのも面白いね。同期しておいた写真からランダムに選ばれるので、写真好きの我が家には嬉しい機能かも。旅行の写真をメインに同期させてみたら、色々と懐かしい写真が表示されて、思わず見入っちゃったよ。

写真再生は同期元の初期設定がMy Documentだったので、共有Documentのデジカメフォルダに変更しました。これだけで勝手に同期が始まって、Apple TV側でスライド再生が可能になります。再生方法がスライドショーしかないのは残念だけど、それにしたって簡単すぎて笑えるね。スライドショーの再生中は、iTunesの管理楽曲からランダムに音楽が再生されるので、思いもかけない曲が流れるのも面白かった。マイの写真再生中にFF12のボスBGMが流れたりして、そのミスマッチぶりに思わず笑っちゃったよ。

iTMSのブラウズは、悪くはないけど良くも無い。最初からリストアップされている人気曲のブラウズは快適だし、その場で視聴して、その場で購入できるのも素晴らしい。ソファーに座りながらの音楽購入なんて、なんかちょっと近未来だよ。だけど「あの曲が聴きたい!」って時が面倒すぎる。検索文字列の入力が、アルファベットの表をリモコンの上下左右で選択する単語入力。しかも日本語はローマ字のまま検索するみたいで、何にしても直感的じゃない。検索はパソコン側にお任せした方が幸せそうだな。それとPVがiPodサイズしか見当たらなく、HDテレビで見るには情報量が不足してるのも残念。これで400円はちょっと暴利だわ。

映画の予告編を見ることも出来るんだけど、全て米国版なのが残念。当たり前のように英語音声の日本語字幕無しで、日本で公開予定のない作品まで混じっています。もちろん邦画の予告も無いので、いろいろとガックリしちゃう感じ。それにしたってHDクオリティの映画予告は、英語だとしても見所あり。たぶん720pだと思うんだけど、DVDと遜色ないクオリティの予告版が、自由自在に見てまわれるのは楽しいよ。カンフーパンダが予想以上に滑らかなアニメーションで面白そうだな~とか、バットマンの新作もカッコいいな~とか、雰囲気を掴むだけなら十二分に活用できるね。

YouTube再生は、ちょっと有効な使い方を思いつかなかった。画質も音質も今ひとつなので、HDテレビで見るには適さない。普通にパソコンで見ていたほうが幸せなんじゃないかな~。

これだけの機能でも買った甲斐はあるんだけど、さらにテレビ番組の配信が始まってくれたら鼻血が出るほど嬉しいんだけどな。見逃したり撮り逃したりしたあの番組を、数百円で見られるなら喜んでお金払うよ。米国では放送の翌日にはLOSTが配信されてるんでしょ?日本でも同じように人気ドラマを即日配信して、どんどん儲けるべきだよ。