ドラゴンボールZ 『神と神』と『復活の「F」』を見た。オッサンだけど楽しめた

2013年公開の映画ドラゴンボールZ 『神と神』、それと2015年に公開された『復活の「F」』を見た。

本来はお子様用の映画だと思うけどオッサンの俺でも楽しめた。

最近またAmazonプライムビデオにゴソッと魅力的な作品が投入されていて、改めて視聴可能作品をチェックしていて気が付いた。

劇場版のドラゴンボールZ、見られるじゃん。

特に2010年代に作られたドラゴンボールが気になっていたので、サクッとパソコンでながら視聴。

「ドラゴンボールZ 神と神」は物議を醸しそうなシーンも散見されたけど、自分はそれを含めて楽しめた。ピラフ大王とか懐かしかったわー。

「ドラゴンボールZ 復活の「F」』は突っ込みドコロは多いけど、往年のZ戦士が活躍するところと作画の線が太いのが気に入った。

両作とも個人的には楽しめたが、一般的には「映画を観るぞ!」と腰を据えて観る作品ではないなと思う。Z作品をリアルタイムに見ていた年代がパパになり、子連れで一緒に見るための作品なのかな。

とは言え、両作とも90分前後で終わるし、声優陣も概ね旧作から変わっていないようで懐かしいし、アニメのドラゴンボールZを楽しんでいた世代ならサクッと見るのも良いと思う。

年額3900円もしくは月会費400円のAmazonプライム会員なら両作とも無料で見られるので、もしまだプライム会員になっていないなら、これを機会に加入も検討してみてください。Amazonプライムビデオの映像作品を見るだけでも充分に元が取れるハズです。

ドラゴンボールZ 神と神 | 動画 | Amazonビデオ
ドラゴンボールZ 復活の「F」 | 動画 | Amazonビデオ