大きめ写真で見る、Apple Watch Sports 42mm ホワイトスポーツバンド

「レビューを頼みたい」「書きたい!」をつなげるサービス「reviews」のモニター企画に当選し、2週間の限定でアップルウォッチをお借りする機会に恵まれました。

今回はApple Watchの外観を、大きめ写真にコメントを添えてご紹介します。

全体像。今回お借りしているのはApple Watch Sportsの42mm、ホワイトスポーツバンドです。
DSC08389

本体正面。丸みを帯びた形をしています。
DSC08405

液晶点灯時はこんな感じ。写真だとイマイチですが、実際にはクッキリハッキリ良く見えます。
DSC08424

上側バンドにある留め金。
DSC08402

下側バンドの穴。バンドはS/MサイズとM/Lサイズの2本が付属していました。
DSC08403

本体の左側面。こちらは特にボタン類など用意されていません。
DSC08393

本体の右側面。この写真で右側にあるのが上ボタンのデジタルクラウン(竜頭)、左側が下ボタンのサイドボタンとなっています。
DSC08399

右側面をもう少しアップで写したもの。竜頭はとてもスムーズに回転します。
DSC08408

本体裏面。心拍数を測るためのセンサーなどが見えます。
DSC08410

本体裏面を別角度から。やや弯曲しており腕に気持ちよくフィットします。
DSC08404

本体裏面の下側部分アップ。中央に横長の凹みがあるのが分かりますか?
DSC08411

凹みを押しながらバンドをスライドさせると…
DSC08412

スルッとバンドが取り外せて、別のバンド類に交換可能になっています。特別な器具を使わずバンド交換が行えるのは良いですね。
DSC08413

上側バンドを外した内側には “Designd by Apple in California” の文字が見えます。細かいところにもこだわっていますね。
DSC08415

大きめ写真で見る Apple Watch Sports 42mm ホワイトスポーツバンド、いかがでしたでしょうか。

Apple Watchはハードウェアとしての完成度が高く、所有欲が満たされるクオリティを持っています。やや厚みがあるところが気にはなりますが、それ以外は高級時計と言って良い見た目の良さだと思います。

前回記事 : アップルウォッチを96時間使ってみて、モノは良いけどソフトが発展途上だと感じた件について | Hinemosu

このエントリはreviewsからお借りした製品を使用して執筆しました。

TwitterやRSSでも最新情報をお届けしています。フォローよろしくお願いします。

follow us in feedly