明確に「iPhone 5対応」と書かれたアクセサリーを選ぼう

おはようございます、嫁さんのiPhone 5はカメラの写りが良くて、ちょっと羨ましい@hidetoです。

iBUFFALO New iPhone(2012年)用 ハードラバーケース レッド BSIP12PCHRRD

昨日iPhone 5用のケースを買ってきたのですが、コイツがまた盛大にドイヒーなイキフンを醸しだしていたので、サクッとご紹介しておきます。

BSIP12PCHRのココがダメ

買ったのは、バッファローのiPhone 5専用ラバーハードケース「BSIP12PCHR」の赤です。液晶保護フィルムが付属するので、最初に買うケースとしては良い感じ…と思ったのですが。

BSIP12PCHRは、箱を開けた時点で小さな擦り傷が付いており、微妙に手触りが悪いです。

しかもケースがやや厚めに作ってあり、エッジ部が本体フロントより微妙にはみ出ていて、スリープボタンが押しにくくなりました。

一番ひどいなーと思ったのはオマケに付いてた保護フィルム。フロントカメラとホームボタンがある場所にある切り欠きが大ざっぱすぎます。

まずフロントカメラ部。本体右側に合せて張ったのに、切り欠きは左側に寄っています。
DSC06669.JPG

ホームボタン部はこんな感じ。こちらも右一杯に寄せて張ったのに、やや左側に寄っています。
DSC06672.JPG

フィルム自体の品質もイマイチで、手触りが悪いうえに指紋が残ります。「とりあえず」として買ってきたケースですが、予想以上にダメな感じでガッカリしました。

ダメな製品を見分けるポイント

と言うわけで、ダメな製品を見分けるポイント。

今回購入した製品の外箱には「iPhone(2012年モデル)対応」と書かれていました。

これはiPhone 5の正式発表前に製造したため、iPhoneの正式名称が分からなかったのだと推察されます。

言い換えると、対応するiPhoneが「iPhone(2012年モデル)」など曖昧に書かれている製品は、実際にiPhoneと合せ込むような作り方はせず、製品発表前の事前情報のみを信じて作った精度の甘い製品と考えられるわけです。

これからケースなどiPhone用アクセサリを買う人は、外箱にハッキリ「iPhone 5対応」と書かれた製品を選んだ方が良いかもですよ。