沖縄美ら海水族館に行ってきた!大きめ写真満載で魅力を紹介!

世界最大級の大水槽『黒潮の海』を見るために、沖縄美ら海水族館に行ってきたよ!

たくさん写真を撮ってきたので、大きめ写真を多用したレビューをお届けします。

入り口付近

この日はあいにくの天気でした。
DSC01188.JPG

入り口はこんな感じ。当日は修学旅行生達と一緒になり、中々の混雑ぶり。
DSC01193.JPG

入り口近くにあるサービスカウンターで、無料の音声ガイド端末を借りました。普通に見るだけでも面白いけど、こう言うのがあると理解が深まるのよね~。
DSC01203.JPG

サンゴの海

浅瀬の生き物に触れる「イノーの生き物たち(タッチプール)」は混雑していたので、軽やかにスルーして「サンゴの海」へ。

この水槽では、屋根がなく日差しを直接取りこむ構造と、眼前の海から絶えず新鮮な海水を供給するシステムのお陰で、世界初の「生きたサンゴの飼育」を実現しているそうです。
DSC01200.JPG

サンゴの海の魚たち。水槽が明るいので写真を撮りやすいです。
DSC01199.JPG

熱帯魚の海

熱帯魚の海」では、緩やかで長い斜面を持つ水槽を使うことで、浅い岩場から美しい砂地、そして薄暗い洞窟までを表現していました。

水槽に奥行きがあるのが分るかな?こんな感じにズズーッと水槽が続いています。
DSC01222.JPG

ひろーい水槽に多種多様な熱帯魚が泳いでいるので、まるで竜宮城にいるかのような美しさです。
DSC01227.JPG

この水槽をアオウミガメが我が物顔で泳いでいました。浅いところでも深いところでも見かけたよ。
DSC01230.JPG

サメも一緒に泳いでいます。これはネムリブカかな?
DSC01207.JPG

サンゴ礁への旅 個水槽

サンゴ礁への旅 個水槽」では、サンゴ礁に生息する珍しい生き物が個水槽で展示されていました。

毒々しい色のウニ。
DSC01255.JPG

このウニは、とげの先に毒があるそうです。それっぽいわー。
DSC01256.JPG

これは何だっけな?毒があるイソギンチャク?
DSC01259.JPG

岩みたいだけど、これでも魚です。
DSC01265.JPG

イソギンチャク。きれい!
DSC01266.JPG

体長50cmを超えるデカいエビ。食べてもオイシイらしい。
DSC01269.JPG

アップにすると、ちょっと怖い。ギャー!
DSC01270.JPG

青いのもいました。
DSC01272.JPG

大エビのあとに、かわいい魚の展示に移るとホッとするね。南国の海って感じで良いわー。
DSC01283.JPG

こっちみんな。
DSC01287.JPG

魚の群れ。ウジャーッとした感じ。
DSC01288.JPG

顔の模様が面白い魚。
DSC01292.JPG

ウツボ。白いのと黄色いのでグネグネ絡まり合ってました。
DSC01294.JPG

ナマコ。クリアに写りすぎて、水の中だとは思えないな。
DSC01298.JPG

ヤシガニ。奥に隠れていて良く見えませんでした。
DSC01331

オオクチゴイかな?
DSC01333

こう言う状態を見ると「さかな さかな さかなー♪」と歌いたくなります。
DSC01335

ヘコアユ。下を向いて立つ魚。
DSC01336

リュウキュウウミシダ。植物みたいだけど、ウニやヒトデの仲間。
DSC01337

名前を忘れたけど、これも生き物に見えないよね。
DSC01339

クロウミウマ。オスが育児ノウ(産卵ようの袋)を持ち、稚魚になるまでオス親が育てるそうですよ。
DSC01341

タテヒダイボウミウシ。カラーがトロピカルすぎるだろ。
DSC01343

遠目で見れば、ちょっと可愛らしいかな?
DSC01344

ゼブラウツボ。でかくて怖いけど、模様が美しいので観賞魚として飼う人も少なくないんだってさ。
DSC01346

美ら海シアター。大水槽「黒潮の海」の裏手にあり、シアター上映がないときは水槽が見られるようになっています。
DSC01353

黒潮の海

いよいよ「黒潮の海」へ。横からでも、でかいのがチラ見えしてます。
DSC01356

正面から。人影で水槽の大きさが分ると思います。とにかくデカイです。
DSC01359

ジンベイザメ!マンタ!マグロにカツオにタイにイワシ!70種以上の魚類が悠々と泳いでいます。
DSC01361

ずっと見てたいほどに魅力的。
DSC01364

10mを超えるジンベイザメが眼前を泳ぐ様は、圧巻としか言いようがありません。
DSC01362

ジンベイザメが目の前を通り過ぎていく。これは感動するしかないよね。
DSC01366

「黒潮の海」も屋根を作らず、且つ海水との循環入れ換えを行うことで、実際の海に近い環境を実現しているそうです。
DSC01365

水槽は深さ10m、幅35m、奥行き27mと超巨大サイズ。世界最大級だそうです。
DSC01369

ボーッと見ていると、自分が海の中にいるんじゃないかと錯覚しちゃいそうです。
DSC01370

現生で最大の魚類であるジンベエザメが3匹も泳いでいます。ジンベイザメの複数飼育は世界でも珍しいんだそうですよ。
DSC01375

ちゃーんとコバンザメもついて回ってるよ。
DSC01384

写真を見てたら、また行きたくなってきたわー。
DSC01377

危険ザメの海

数あるサメのうち、何もしない人間を攻撃するサメは、ほんの数種類しかいません。「危険ザメの海」では、その「危険ザメ」だけが展示されていました。

目が怖い…
DSC01425

この水槽に入ったら、食べられちゃうのかな…
DSC01426

その他、いろんなサメの幼体や骨格など展示がされていました。
DSC01427

黒潮探検

「黒潮の海」大水槽は上から見ることもできるんです!トイレ横の、やや分かりにくい場所にあるエレベーターで4階に行くと…

水槽の上に出た!ここが「黒潮探検(水上観覧コース)」です。
DSC01388

通路は水槽上を通るようになっており、足下の透明パネルを通して水槽を真上から見られるようになっています。
DSC01395

けっこうな高さなので、高所恐怖症のヒトはヤバイかも?
DSC01397

水槽周辺の設備も見られるのが面白いです。
DSC01389

ジンベイザメもチラ見えしてます。
DSC01401

諸処の理由で水槽に入れない魚のための予備水槽も見かけました。
DSC01403

ここは穴場のようで、訪れているヒトが少なかったですが、水族館の大水槽を真上から見られる貴重なチャンス!

これから美ら海水族館に行くヒトには、ぜひ訪れて欲しい場所ですね。

カフェ オーシャンブルー

歩き疲れてきたので「黒潮の海」横にあるカフェ「オーシャンブルー」でランチを頂きます。

カフェからも水槽が見られるので、うまく座席を確保できれば、のんびりリッチなティータイムを過ごせますよ。
DSC01404

良い席を確保するのは難しいですが、このカフェもぜひ立ち寄って欲しいスポットですね。

深海への旅

深海への旅」は水深200mを超える「深海」を再現したエリアだそうです。

なんだか不気味な感じ…
DSC01409

興味深いけど、写真映えしない…
DSC01410

Vサイン!?
DSC01414

なにこれ怖い。
DSC01415

だれも見てないからって、真っ白はないだろ。
DSC01416

ヤドカリだけど、ヒトデをかぶってます。深海は貝殻も少ないから、仕方なくヒトデをかぶるんだって。なんだそりゃw
DSC01417

ライトアップされている場所は、ちょっと幻想的。
DSC01419

タカアシガニは、でかいなー。
DSC01422

海にすむ発光生物も展示されていました。青白く光るのはシタザラクサビライシだそうです。
DSC01424

おわったー

朝10時半に水族館に入り、出てきたのは夕方16時。バッチリ「美ら海水族館」を楽しんできました!

ホントなら公園内の他施設も見たかったけれど、雨で寒いし歩き疲れたしで断念。次回は公園内を隅々まで回ってやる!

美ら海水族館のまとめ

ウワサには聞いていましたが、「黒潮の海」は素晴らしかった。水族館が好きなら一度は訪れたい場所ですね。間違いなく感激すると思います。

大水槽を上から見られたのも良かった!なかなか見ることのできない場所なので、これから訪れる人にもぜひチェックしてもらいたいです。

大人気の水族館だけあって、休日はもちろん、平日でも混雑することがあるようです。「沖縄美ら海水族館 | 混雑予想」のページを見て、空いている日を選べるとベストですね。

遠いので簡単には行けないかもですが、頑張って行ってみる価値はありますよ。オススメです♪