1月21日の記事一覧

映画「ハッピーフライト」視聴後の感想

ハッピーフライト ビジネスクラス・エディション(2枚組) [DVD]

「スウィングガールズ」や「ウォーターボーイズ」なども監督した矢口史靖監督の最新作「ハッピーフライト」を見たよ。

あらすじ。飛行機を飛ばすって、こんなに大変なことなんですよ!

感想。おもしろかった!ストーリーに絡めつつ「飛行場で働く人々」を紹介するだけの映画なんだけど、それを映画として一本にまとめるなんて凄すぎる。

ものっそい勢いでリサーチにリサーチを重ね、そこから得られた情報を厳選し、それらの情報をしっかりと観客に伝わるように表現しつつ、それでいて説明セリフは必要最低限に留め、それらをこなした上で根底のストーリーを構築して笑いを添えていく、という信じられないような難しい作業の上になりたっている映画だと思います。これマジすげーって。

しかもANAの全面協力により「えっこれどうやって撮ったの?」みたいなシーンが盛りだくさん。これだけキッチリした協力姿勢を見せつけられると、ANAに対する好感度が上がっちゃうよね。ANAさんも良い仕事したな~。

とは言え。役者さんのクオリティにムラが見られたり、ストーリー単体で見ると詰まらないハナシだったりと、チョイチョイと突っ込み所も見受けられるので「全員見るべき!」とまでは行かないかな?

100点満点で85点。映画好き、ウンチク好きなら見て損はないよ!。

雑記(2009/01/21) オバマ新大統領の就任演説

404 Blog Not Found:惰訳 – Barack Obama Inauguration Speech in Full
ABC News: FULL TRANSCRIPT: President Barack Obama’s Inaugural Address
今回もDan Kogaiの翻訳で全文を読ませて貰った。日本語が得意な理系トップは結城さんだと思うけど、小飼さんも表現がうまいよなぁ。

お気に入りのフレーズは「unity of purpose over conflict and discord.」の「争議ではなく合議を」だな。漢字の読みとかどうでも良いっつーの。

Welcome to the White House
ホワイトハウスのホームページがオバマ新大統領バージョンに変わったよ。あまりのサクサクぶりがビックリです。

毎日パソコンでニュースを閲覧する5割 – アイシェア リサーチ
「20代から40代を中心とするネットユーザーを調査。」って調査母体が偏りすぎだろ。「【社会】インターネット利用率ついに100%に-総務省の実態調査で判明」を思い出しちゃったよ。

統計や確率は、その結果に寄らず印象を操作するコトができます。情報摂取の際はくれぐれもご注意遊ばせ。

英政府:追加金融対策発表-銀行損失保証や買い取り基金を導入へ(3) [Bloomberg]
英HSBCの投資判断「売り」、株価見通し450ペンスに-ソシエテ[Bloomberg]
アメリカがダメな期間はヨーロッパなのかな~と思ってたけど、ヨーロッパもダメなんだな。結局お金はどこに流れるの?軒先を借りて雨宿りのつもりが、母屋に招かれての宴会って流れで、日本に来ると良いんだけどな。

ビックカメラが監理ポストに 前期21億円の最終赤字に訂正 – ITmedia News
ビックカメラは、まず49億円の粉飾決算書を作りました。:アルファルファモザイク
ビックカメラのハナシが静かに進行しているのが不思議。粉飾して公募して上場させたと聞いたんだけど。

  • ライブドア→ 14億円粉飾→50億円詐取
  • 日興コーディアル→180億円粉飾→500億円詐取
  • ビックカメラ→ 49億円粉飾→1140億円詐取

粉飾搾取をまとめるとこんな感じらしいよ?

ユーザーフォーラムについてのお知らせ – グランツーリスモ5プロローグ – グランツーリスモ・ドットコム
ユーザーフォーラムが閉鎖だそうで。まだ本編が出てないのになぁ。

攻殻S.A.C 第4話「視覚素子は笑う」視聴

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 02 [DVD]

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEXの第4話「視覚素子は笑う INTERCEPTER」を見たよ。タイトルは「しかくもとこ」じゃなくて「しかくそし」だから間違えるなよ。

あらすじ。トグサの元同僚から警察内部の不審な動きを察知したので相談したいとの連絡がある。しかし元同僚はトグサと落ち合う前に不審な交通事故で死亡。元同僚の通夜で彼の妻から封筒を渡されるが、中には何の変哲もない写真が数枚入っているだけだった…

いよいよメインストーリーである「笑い男事件」が展開。雰囲気的には刑事モノ映画の序盤みたいな感じで、丹生主任や大堂警視総監が良い味出してます。トグサの写真調査が音声コマンドだったり、インターセプターな話題だけあって電脳通信がなかったりするのがチェックポイントかな。

小ネタとして「擬態化済みなのに筋トレに明け暮れるバトー」を笑うサイトーが紙の新聞を読んでたり、擬態化済みなのに「一杯位飲んでけばいいのに・・・」と誘われる上に「薄まってないお酒があるの?」と返す少佐がいたり。いやお前らそれ全部が意味無いだろw


参考リンク:第4話「視覚素子は笑う INTERCEPTER」Production I.G [作品詳細]
参考リンク:第4話 視覚素子は笑う INTERCEPTER : CMSB

ブログの記事数が10,000を超えたよ

現在のブログ状況(2009/01/21)

当ブログの記事数は本エントリを持って1万に達しました。1997年9月12日から書き始めたので、足かけ4,149日掛かったようです。

計算すると一日平均2.4本の記事を書いたみたい。多くもなく少なくもなくって感じかな。

少なくてもあと10年ぐらいは続けるつもりなので、応援よろしくお願いいたします。

攻殻S.A.C 第3話「ささやかな反乱」視聴

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 02 [DVD]

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEXの第3話「ささやかな反乱」を見たよ。

あらすじ。アンドロイドの自殺事件が同時多発的に発生。調査によりウイルスを用いた故意の犯行と分かったが、ウイルスには奇妙な保護コードが設定されていた。逃げる犯人と同伴するアンドロイド。はたして「人形」は優しさを持ち得るのか?

3話目にして難しいのを持ってきたな。攻殻っぽくて好きだけど、そろそろ理解が追いつかない人も出てきそうだ。アンドロイドだから魂は持たないはずだけど、魂にこだわらずに接すればアンドロイドも「タマシイ」を持ち得ると認識して構わないのか?マクロに見れば世界の全てが個人の認識の上に成り立つわけだし、本人がそう思いたいならアンドロイドも伴侶たり得るのかも知れない。

素子の「マッチョよね。気に入らないわ。」の発言のくだりと、バトーとトグサの掛け合い漫才、それにジェリの反乱が見所かな?ジュリの最後の一言「ご免なさい、本当に愛してた。」は少佐が見せた優しさなのか?

「小さい頃、上手く義体が使えず大事にしていた人形を握りつぶして泣いた事があったわ。」と告白する少佐も見逃せない。これ、オープニングで少佐が見る「悪夢」だよね。


参考リンク:第3話「ささやかな反乱 ANDROID AND I」Production I.G [作品詳細]
参考リンク:第3話 ささやかな反乱 ANDROID AND I : CMSB

今日の人気記事