音楽の記事一覧

JimmyJazz blogオーナーによる「USBメモリで音質が良くなる理由」を批判する

JimmyJazz blogなるブログで「USB-5で音楽再生を行うと音が良くなるのか」について数週間にわたる大激論が続いていたんだが、つい最近ブログオーナーによる「USB-5で音楽再生を行うと音質が良くなる理由」が提示された。

大変興味深いので引用と共に批判を行いたい。

《USBメモリーで音が変わるのは、単なるデータ受け渡しと同時に、バックグラウンドでアコースティックフィードバックが発生しているから》

  1. USBメモリーは、データ保存媒体であると同時に、音楽再生時にはエレキギターのピックアップ又はマイクロフォンに近しい作用をする。
  2. ラウドスピーカーから発された音楽振動(音圧)を、USBメモリーはマイクロフォンのようにキャッチして、回路のバックグラウンドを循環する。
  3. 最初その振動は微細なアナログ信号として混入するが、それをアンプが増幅、スピーカーによる放射、USBメモリーによる受信を繰り返すことによって、フィードバック現象が生じ、アナログ再生音に影響を及ぼす。
  4. これら一連の動作は、パソコンのなかのデジタル動作とは別に、同時進行で常にアナログ的・音響的な問題として発生する。よって当然、音質は変化してもデータの変質はない。

いつの間にか「音が変わる理由」に論旨が差し替えられてるけど、『JimmyJazz blog: USB-5を使ってみた』には「音が良い」なる表現があるので、この解説は「音が良くなる理由」の説明だと解釈させてもらいます。

まず主たる論旨の『アコースティックフィードバックが発生』だけど、詰まるところ、このメモリはノイズを拾って再生音に混入させるってこと?もし仮にそんな現象が起きたとしても「音が変わる」だけで「音は良くなってない」よね?

で、そもそも『アコースティックフィードバックが発生』しているかどうかは、最終段のラインレベルを測れば分かるっしょ?実際に『USBメモリーで本当に音が変わるのか? – hClippr編集室ブログ』なる記事によると測った人もいるみたいで、格納メディアの違いは全くもって音質に影響を与えなかったみたいだよ?

ついでに言うとジョーシンのUSB-5商品紹介によると、「個体メモリー本来の音質に悪影響を与える軽量な樹脂製のケースの共振を取り除くため、木製のケースを採用するなど、音質面で様々な配慮」とあり、不要振動を除去する方向で作られてるみたいだよ?フィードバックするって妄想はどこから発生したの?

上記を全て無理矢理納得したとしても、自分好みの音質に変えたいだけなら、再生ソフトのイコライザを使えば良いじゃない。大抵の再生ソフトにはプリセットでJazz向け、Classic向けなんてのが用意されてるし、何なら自分の好きなように音をいじれるよ?

書き添えさせていただくと、該当ブログのオーナーはジャズに関する深い知識をお持ちの方で、ジャズ好きのブログとしては有名なトコロです。おいらもアルバムレビューを読んで勉強させて貰ってるし、普通ならリスペクトすべきブログです。

でも、ことデジタルオーディオに関しては、頓珍漢としか言いようがない発言ばかり。年長者のご意見は積極的に拝聴する方向のおいらですが、デジタルオーディオに関しては無知としか言いようもなく。とは言え、頭が凝り固まったお爺さま達を説得するのは無理なんだろうな。

やっぱりPrinceがカッコイイ

Gett Off

ブックオフの250円コーナーで『Gett Off 』(Prince & The New Power Generation)を拾ってきた。

その中の一曲「Gett Off [Flutestramental] 」は、その名の通り全てインストゥルメンタル(ヴォーカルのない楽器だけの音楽)なんだけど、そんなことを感じさせないぐらい艶のある色っぽい曲だなぁと感嘆しきり。

いやほんともう、どうしてみんなPrinceを聴かないの?まだ聴いたことがないなら、もうちょっとだけ待ってあげるから、今すぐiTunesでPrinceを買いに走ると良いと思うよ。

きっとおいらと同年代かそれ以下は、あんまりPrince聴いたことないっしょ?(興奮して北海道弁) それはもう人生の経験値として損をしてるから、さっさと聴いてハマった方が良いって。

デジタル・チャンネルディバイダが欲しい

入門スピーカー自作ガイド―基本原理を知って楽しく自作! (学ぶ・作る・楽しむ・電子工作)

M-AUDIOから発売される「Studiophile DSM3」は、ユニット毎にアンプを持つデジタル・バイアンプに加え、内蔵DSPによりユニット毎に周波数を分割するデジタル・クロスオーバー・ネットワークを内蔵しているそうだ。

コンデンサやコイルで構成するパッシブ・ネットワークと違って、デジタル・クロスオーバー・ネットワークなら物理的な損失や不利な特性を無視できるので、マルチウェイのスピーカーには理想的な構成だな。

これは良い考えだと思ったので、何とか自前でデジタル周波数分割できないモンかと思って調べてみた。ネットワークを外に出すと「チャンネルディバイダ」(チャンディバ)と呼ばれるようになり、チャンディバ+マルチアンプ+マルチウェイスピーカーでHI-FIなる流れもあるようだ。よしよし、目の付け所は間違っていないんだな。

だがしかし。デジタルチャンディバは業務用のDCX2496とか、HI-FIのRSDA904ぐらいしか見あたらない。余りにも大仰な構成になる上に需要が極々少ないだろうから、どうしても高く付いちゃうみたいだな…

パソコン上で周波数分離して、複数枚のサウンドカードに出力すれば安上がりな気がするな。どこかの物好き崇高なる先駆者が実現してたりしないかな~?

桑田佳祐の『ひとり紅白歌合戦』、レビュー

昭和八十三年度! ひとり紅白歌合戦 [DVD]

昨年、パシフィコ横浜で行われた桑田佳祐コンサート「昭和八十三年度! ひとり紅白歌合戦」のDVDを買ったよ。メインターゲットはお嫁さんだけど、おいらだって桑田さんを聴いちゃうぜ。

「ひとり紅白歌合戦」は、日本の歌謡界に燦然と輝く名曲の数々を、桑田佳祐がひとりで歌い綴るという企画です。分かりやすく言うと桑田さんのソロカラオケ大会をみんなで見ようってコトな。収録曲は全61曲で再生時間が210分もあるため、ライブDVDなのに2層DVDの2枚組。豪華だね~

内容は大満足の仕上がり。「サン・トワ・マミー」や「青い山脈」などの古い曲から、「涙そうそう」や「もらい泣き」、「タイガー&ドラゴン」など最近の楽曲まで、次々と襲いかかる名曲にノックアウトされそうな気分。桑田さんの歌唱力もサスガというしかなく、曲によっては「本人より上手いんじゃね?」と思えるような曲も少なからずありました。これは良いライブDVDだわ~。

そも、おいらはつい最近まで「桑田佳祐」や「サザンオールスターズ」に興味がなかったんだ。だけど、お嫁さん所有のアルバムをじっくり聞いてみたら、恐ろしいまでに作り込まれた楽曲ばかりで驚いたんだよね。それまでは「ちょっとH系なコミックバンド」程度の捉え方だったけど、それは表層しか見えていなくて、実はかなり骨太な「アーティスト」だってコトに気がついた。

もしサザンオールスターズを「ちょっとH系なポップバンド」という以前のおいらと同じような認識を持っているなら、少しだけ時間を作ってサザンのアルバムをじっくり聞いてみて欲しい。きっとその奥深さに驚かされると思うよ。

2009年2月にインポートしたCDの一覧

2009年2月にインポートしたCDを一覧形式にまとめました。2月は12アルバム、14枚をiTunesに取り込んだようです。12月末のPrinceインポートラッシュの影響を受けて、1月・2月はCD購入を控えたつもりなんだけど、それでも14枚か…

本題とは関係ありませんが、dl/dt/ddのリスト形式表示が強まってきた感じ。表示を突き詰めるウチに気がついたが、おいらが作り出したこの形式はWordPressのGallery機能と良く似ているのね。dt/ddのどちらに写真を載せるかと、縦並び・横並びが違うだけだよな。ある意味行き着いたってコトか。

【この記事の続きを読む →】

女性ソロシンガー「AMADORI」が良い感じ

CALLING!!

女性シンガー「AMADORI」のアルバム『CALLING!!』が良い感じ。

AMADORIを知ったキッカケは、ナイス橋本のファーストアルバム『AFTER THE RAIN』に収録されている「ストロベリーパイ」って曲。この曲でナイス橋本と一緒に歌っている女性の声に惹き付けられ、Googleさまに歌手名をお伺いしたところ、「AMADORI」なる女性シンガーだということが判明。何枚かアルバムも出ているようなので、DISCUSで借りてみたって流れです。

ここ数日、このアルバムを聞き込んでますが、声の質や歌い方が素直で、BGMとして聴いているとスッと流れていきそうな印象。だけど何だか残るモノがあって、しっかり歌詞を聴いても悪くない感じ。

スローにギターを弾きながら穏やかに語りかけてくるようなバラードや、会話風に続く歌詞からドラマ性が見えてくる曲など、ファーストアルバムらしいバラエティさもあり、延々とリピートできる1枚に仕上がっています。

おいらと同じようなノリで「女性ソロ」に反応しちゃう同胞は、チェックしてみると良いと思うよ。

そばにいるから

あとで知ったけど、『CALLING!!』収録曲の「そばにいるから」はナルトのエンディングテーマに使われていたそうです。そんなわけでアニメ方面に多少は知名度あるのかも?

参考動画:

【アマドリ】 光~大切にするべきはその手~


公式サイト:Amadori Official Website
参考リンク:AMADORI – Wikipedia
参考リンク:ナイス橋本「AFTER THE RAIN」特集

2009年1月にインポートしたCDの一覧

今さら感もあるんだけど、自分のために2009年1月にインポートしたCDの一覧をリスト化しておきます。

今回はちょっと形式を変えてみたよ。ジャケ写と解説の繋がりが分かりやすくなったと思うんだけどな。ちょっと頑張りすぎたので、RSSでどう見えるのかが心配だ。

Piano Man :The Very Best Of Billy Joel / Billy Joel

Piano Man: The Very Best of Billy Joel

お嫁さんご所望の一枚。知っている曲が多かったし、良い曲も多かった。有名なアーティストって、有名なだけのクオリティがあるね。ずいぶん若い声でビックリしたけど、ベスト盤だから若いときの曲が入ってるのか。

Gravity / James Brown

Gravity

これはイマイチだった。JBのライブ系アルバムは好きけど、スタジオ録音の版は好みじゃないみたいだ。

Little Tiny / 矢野沙織

Little Tiny

若き女性サックス奏者。含みのある表現で申し訳ないが「女性的な演奏」だな~と感じた。丁寧だし上手だけどファンク成分は低い。

最後の一曲で日本女性のボーカルが入るんだが、メチャメチャ上手で鼻水を吹き出しそうになった。このボーカルは一体誰なんだ!?とiPodを確認すると「with 美空ひばり」の文字が流れたよ。ウマイのは分かってたつもりだけど、ジャズを歌っても天才的にうまいんだな~。こんど忘れずに「ジャズ&スタンダード / 美空ひばり」を買おう。

Roots & Grooves: Tribute To Ray Charles / Maceo Parker

Roots and Grooves

先日ブルーノートで行われたライブを見に行ったMaceo Parkerのアルバム。「ブルーノートに行く」が目的で、Maceo Parkerを知らなかったので、事前の勉強用に購入しました。

そんな流れで買ったアルバムだけど「98% funk」の売り文句はダテじゃないね。すっげーファンクで一発でファンになりました。またライブがあったら行きたいな~。

名曲撰 ユメミゴコチ / 諫山実生

名曲撰 ユメミゴコチ

シンガーソングライター諫山実生の初のベストアルバム、らしい。何かのブログで「試聴用に使ってる」と読んでチェックしたんだっけか?穏やかで綺麗な声は癒されるけど、おいらの趣味じゃないみたい。

歌姫 ~オリジナル女性ヴォーカリスト~ / オムニバス

歌姫~オリジナル女性ヴォーカリスト~

最近カバーされた女性ボーカルのオリジナルソングをまとめた1枚。曲目リストに反応するなら要チェック。

恋におちて-Fall in love-、瞳はダイアモンド、セカンド・ラブ、異邦人、秋桜、わかれうた、オリビアを聴きながら、元気を出して、まちぶせ、迷い道、シルエット・ロマンス、卒業写真、会いたい、M、翼をください、SWEET MEMORIES、なごり雪、いい日旅立ち

PORNO GRAFFITTI BEST JOKER / ポルノグラフィティ

PORNO GRAFFITTI BEST JOKER

お嫁さんご所望のアルバム。それぞれの曲はキャッチーで良いんだけど、アルバムとして聴くと全部が同じ曲に聞こえてしまう…

EXILE EVOLUTION / EXILE

EXILE EVOLUTION

お嫁さんご所望のアルバム。音圧が高くてビックリした。

It Won’t Be Soon Before Long / Maroon 5

It Won't Be Soon Before Long

さいきん我が家で評価の高い「Maroon 5」の2ndアルバム。何だか古い感じもするんだけど、ちゃんと新しい音楽なんだよね。それとボーカルのハスキーっぷりも気持ちいいよ。オススメ。

COVER ALL YO! / 山崎まさよし

COVER ALL-YO!

お嫁さん経由で知った「山崎まさよし」のアルバムを借りてみた。曲は良いんだけど声がダメだな~。高い声で走るときが、ちょっとイヤな感じ。おしい。

小さな丸い好日 / aiko

小さな丸い好日

aikoの1stアルバム。ビットレート向上計画の一環として、Amazonマーケットプレースで購入しました。

1stのaikoだけは大好きなんだけど、それ以降は劣化してると思う。

Home / Angela Aki

Home (通常盤)

最近のメジャー所も抑えておくよ計画の一環。声と曲は良い感じ。でもピアノは下手くそなんだな~。歌いながら弾いてるせいなのか「ジャーン!ジャーン!」しか聞こえてこない。

Funky Good Time: The Anthology / The J.B.’s

Funky Good Time: The Anthology

このアルバムはカッコイイ!JBがファンクだってのが良く分かる。おいらも”Blow, Maceo!”とか”Maceo, Blow your horn!”と叫んでみたいです。

Grammy Nominees 2009 / Various Artists

Grammy Nominees 2009

グラミー賞2009にノミネートされた楽曲を1枚にまとめたアルバム。ごく最近の洋楽チャートで上位に入るアーティストたちの楽曲が20曲も入っているのに、お値段わずか1,500円とちょっと。これは激しく買い推奨なんだぜ。

デジタルオーディオの誤解。デジタルはガタガタ?

mixiの古いトピなんだけど『[mixi] 趣味のオーディオ | アナログ(レコード)VSデジタル(CD・DVD・SACD)』ってのを読んでさ。ここで「デジタルはガタガタ」なる表現があって、やっぱり色々と間違って伝わってるんだな~と思う。

サンプリングして得られるデータはデジタル。だけどそれを復元すると完全なアナログ波形に戻る。決してガタガタにはならない(ただし量子化精度の範囲で)って説明が難しいよな。

そりゃ量子化の精度を超えれば階段状に見えるけど、それは既にデジタルではなくアナログでガタガタなんだよ?なんて理解されないか…

レコードだって物理的な制約による『量子化精度』が存在するとも言えるから、その精度を超えた範囲で観測すれば「ガタガタ」なんだけど、これも伝わらないよな…

オーディオ論議で頻出する『ジッタ』も、「ジッタの存在=デジタルの終焉」みたいな捕え方されてるよね。だけど打ち直せば済むハナシだし、打ち直せないならデータ列が破損する。で、破損することを前提にしてエラー訂正やエラー補正が付いてるし、破損する確率は規格により担保されてるから規格内ならジッタの影響は無視できる。あ、この「無視できる」って考え方が伝わらないのかな~?

あと『ジッタ』は時間軸が絡むから、図とか観測データを多用した説明じゃないと「問題ない」と言うことを理解して貰えないと思うんだよね。それに「ジッタが!」って言ってる人は、PLLの動作も理解できないだろうから「PLLがあるから、そんなに酷いことにはならないんだよ」って説明が通じないだろう。

あ、PLLの動作を理解できないことを卑下してるんじゃなくて、位相同期の理論を説明してもPLLのニュルーンとした動きは想像できないだろうってコトね。アレはなんか、スッと理解が追いつかないもの。

あとアレか、「デジタルといえど電気的にはアナログだ!」って言うの。そんなの知ってるから。知った上でアナログ的な影響を排除して、デジタルデータを復元できるようになってるから。もし復元できなければデータ列がボロボロになってすぐに気付くって。

最後の方になると出てくる「だが!しかし!私は○○のxxな違いが分かる!!」ってのは9割9分がプラセボ。これはデジタル云々に限らないけどね。

プラセボが悪いってんじゃなくて「違いがあると思って聴けば、違うように聞こえる」という事実ね。「事実、違って聞こえる」のは認めるけど、「実際には違いません」というのがおいらの主張だから。

だからプラセボ商品に高額を出す御仁を否定はしないよ。お金を払った分だけ「良い音に聞こえる」のは事実だからね。

でもこれからプラセボ商品を買おうと思ってる人には「実際には違いがないから止めとけ」ってアドバイスを送ります。

あとおいらは『デジタル万歳!』でもないから。A/D、D/Aで損失があるのは間違いない。完全なるアナログを記録できるメディアがあれば、絶対そっちの方が良いと思う。

それに『CDサイコー!』でもないよ。倍音を考えると20kHzじゃ足りないんじゃないのかな~とか考えちゃう。だからといってSACDやDVD-Audioに高額を投じるのはアホっぽい。規格そのままでBlu-rayの「音楽ソフト」が出れば良いのになーとは考えてる。もう世の中にあるのかな?

そんな感じで徒然と書きつづったけど、落ちはないよ。

ソニーの新型iPodドック『CMT-Z100iR』がスタイリッシュで良い感じ

CMT-Z100iR

写真は海外のソニー系情報サイト「Sony Insider」に載っているiPod / iPhoneドックのコンポ『CMT-Z100iR』。スタイリッシュでカッコよくね?

この『CMT-Z100iR』はスロットローディング方式のCDプレーヤーに加え、iPod用のドック端子とUSBメディア用端子が用意されているそうです。小ぶりだし時計も付いてるしで、単身者用や寝室用のコンポに良さそうな印象。

小型なので音質に過剰な期待は出来ませんが、フルデジタルアンプS-Masteで駆動するそうなので、サイズを超えた音質が提供されるかも?

まだ噂レベルで正式に発表されている製品ではないようですが、型番まで挙がっているトコロを見るとまず間違いなく発売されるんだろうね。予想価格は$150-250とあるので1万5千円~3万円のレンジかな。

とは言っても「諸般の事情」があるので、間違いなく日本では発売されないだろうな。どうしても欲しい人は、個人輸入して変圧器をかまして使うしかないだろうね。

坂本龍一の新アルバムが24bit/48kHzの高音質で配信

out of noise

坂本龍一の5年ぶりのニューアルバム「out of noise」の楽曲を、独自サイト「コモンズマート」を使用して、24bit/48kHzのAIFF形式でダウンロード配信するそうです。

一般的なCDは16bit/44.1kHz48kHzなので、CDより「音楽の情報量が多い」と思ってもらえば良いのかな。DRMフリーのAIFFだから、たぶんiPodでも再生できると思います。試しにAIFF版とMP3版を買ってみて、AppleTV経由でブラインドテストすると面白そうだな。

24bit音源だと再生環境も限られそうだけど、はてiPodのSN比っていくつだろう?と調べてみたら、AppleからはiPodのSN比が公表されてないんだね。

色々ググってみて『第121回:ポータブルHDDオーディオの音質をチェックする~ その3:iPodとiTunesの音質を検証 ~』[藤本健のDigital Audio Laboratory]というのを発見。第三世代iPodを実測したところ-84dB程度の性能だそうです。

CDの16bitでSN比-96dBだったと思うから、数値だけ見るとiPodはCDクオリティを再生できないのか。これじゃ24bitを再生しても宝の持ち腐れかも?

パナソニック デジタルAVコントロールアンプ SU-XR57-S

ちなみに我が家で使用しているAVアンプ「SU-XR57」のSN比は103dBを誇ります。普通のAVアンプだと96dB~100dBぐらいに留まっているので、頭一つ抜け出していると言って良いでしょう :-)


販売ページ:PRODUCTS | RYUICHI SAKAMOTO | commmonsmart (コモンズマート)
ニュースリリース:http://www.avex.co.jp/j_site/press/2009/090304.pdf
参考リンク:坂本龍一の新アルバムが高音質/DRMフリーで配信 -AV Watch
1 2 3 4 5 30

今日の人気記事