休日に作る気まぐれナポリタンに料理の上達を感じた

ボチボチと料理を続けていたら、材料を切って炒めて和えるぐらいなら人並みの料理を作れるようになりました。

そんなワケで週末の朝は冷蔵庫の余りものを切り刻んで炒めてケチャップを加えてナポリタンにします。ケチャップ味にしてしまえば大抵のものは美味しいのです。

基本的な作り方は以前に書いた「ナポリタンを練習中 | Hinemosu」に従ってるけど、最初に炒め油に潰したニンニクを入れるのと、ソースはケチャップ60グラムにウスターソースを20グラム足したような感じに変化しました。パスタのゆで時間は短めにして、代わりにフライパンで炒める時間を長くしたけど、ここら辺は個人の好みの話しかな。

そんな感じでレシピ的な変化は少ないんだけど、ピーマンを切るのが「トントントントントン」なスピードでしかも細くて揃ってちゃんと切れてるとか、炒め物も良い感じを見極める眼力が付いてきたとか、少なからず自分自身で上達を感じるようになりました。