宇都宮でサイコーにうまいタンメンを食ってきた

宇都宮でサイコーにうまいタンメンを食ってきた。自分の中ではこれまで食ったタンメンの中でダントツトップ。麺類というジャンルで言ってもトップクラスの旨さ。

店の名前は「天馬」。日本一の餃子と聞いて行ったのに、タンメンまでウマいなんて驚きだよ。

場所は宇都宮の宮元町と言うところで住宅街のど真ん中。周辺に案内看板などは見つけられなかったので、ナビなしで辿り着くのは難しいと思う。最寄り駅は東武宇都宮線の江曽島駅になるようだが、交通の便を考えると車かバスを活用した方が良いのかも?

メニューはこんな感じ。聞くところによると一時ご主人が体調を崩されて餃子のみの営業を行っていた時期もあったようだが、この時(2018年5月)はタンメンもやってました。

オーダーは夫婦二人分でタンメンを2杯、ニンニク餃子の焼きと茹でを1枚ずつ、とちおとめ餃子を1枚。ところがこれが多かった!

そもそも我が家は小食系なのに、餃子は通常の倍以上のボリュームでタンメンも1.5杯分くらいの量が入ってたんじゃないかな?申し訳ないと思いつつも完食できず少し残してしまいました。

ボリューム的な問題で完食は出来なかったものの味は大満足。冒頭に記したようにタンメンは自分史上最高においしかったし、餃子も「宇都宮で一番」「日本で一番」と評する人がいるのも頷けます。とちおとめ餃子も飛び道具的な味かと思ったのに、程よい酸味で普通においしい餃子だったよ。

料理が出てくるまで少し待たされるのと、全体的にかなりボリュームがあることに注意した上で、すべての餃子好きに来店をオススメしたくなるオイシサ。店舗の前と横に数台分の駐車場があったので、東京圏から気合いの日帰り餃子/日帰りタンメンでも良いかもよ。