ツルンとした食感と心地良い喉ごしの「からむし麺」を紹介します(提供:ニッポンセレクト.com)

地域の優れた産品を集めて紹介・販売する全国商工会連合公式ショッピングサイト「ニッポンセレクト.com」のキャンペーンに参加して、雪国越後十日町のカラムシ入りうどん「からむし麺」をプレゼントして頂きました。

DSC04552.jpg

麺好きの我が家には嬉しいプレゼントです。ありがとうございます ^^

頂いたのは「つるんとした食感と、のど越しが心地よいからむし麺(ご贈答用5把入り)」です。箱の中には1袋200gの乾麺が5袋入っていました。
DSC04485.jpgDSC04510.jpg

「からむし麺」には、雪国越後に自生するカラムシの若葉を摘んで製茶工場で粉末にしたものが練り込んであるそうです。
DSC04516.jpg

トコロで「からむし」って、どんな植物なのでしょうか?
カラムシ
photo by Susumu Matsuhashi, on flickr.

Wikipediaのカラムシを参照した所、以下のような説明がありました。

カラムシ(苧、枲、学名:Boehmeria nivea var. nipononivea)は、イラクサ目イラクサ科の多年生植物。南アジアから日本を含む東アジア地域まで広く分布し、古来から植物繊維をとるために栽培されてきた。
(中略)
中世の越後国は日本一のカラムシの産地だったため、戦国大名として有名な上杉謙信は衣類の原料として青苧座を通じて京都などに積極的に売り出し、莫大な利益を上げた。
引用元:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%82%B7

へー!上杉謙信の頃から越後は日本一のカラムシの産地なんですね。

しかも商品説明ページには『からむし粉末(パウダー)は、ミネラル分が豊富で、特にカルシウムは、ほうれんそうの57倍もの量が含まれています。』なんてウンチクまであって、さらにへー!なんだか体にも良さそうですね。

と言うわけで、さっそく茹でてみます。ゆで時間は4分から5分が適当とのこと。
DSC04492.jpg

完成!ザルに上げるとフワッと一瞬、緑の香りが広がりました。見た目もツヤツヤしていて食べるのが楽しみ^^
DSC04552.jpg

ずるずるっと一口…おいしい!「つるんとした食感と、のど越しが心地よい」って売り文句に偽りなしです。
DSC04496.jpg

キャンペーンのプレゼントとして頂いた「からむし麺」ですが、乾麺としての完成度が高く良い商品だと思いました。まだ頂いた5把ぜんぶは食べきっていませんが、オイシイのであっと言う間に食べちゃいそうです。

紹介した「からむし麺」は、ニッポンセレクト.comの「つるんとした食感と、のど越しが心地よいからむし麺(ご贈答用5把入り)」で販売されています。気になるようならチェックしてみてくださいね。