アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーを見てきたが…(ネタバレなし)

映画館で『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を見てきた。

アクションをメインとした映画であるモノの、本作のストーリーは今後のマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に係わる重要な展開を持つので詳細な感想やネタバレは避ける。

とは言え劇中の雰囲気などは伝わってしまうと思うので、近々に視聴予定があるなら以降の文章は読まないことをオススメする。

そんなワケで大ざっぱな感想。

MCUのクサビ的なアベンジャーズシリーズなので仕方が無いとは思うのだが、一話に話しを詰め込みすぎ。見た直後に思い返そうとしても「まずはあいつらがアレであれして、その後にあれで…あれ、あれは誰だっけ?」になりそうな登場具合。10年続いてヒーロー数が増えてきたとは言え、もう少し出演ヒーローを整理しても良いのでは。

キャラクタの外見に変更が加えられていて混乱しかねない。キャプテンアメリカはなんでヒゲを生やした?ブラックウイドウはなぜ金髪になった?逃亡生活の果てに…と言う事なのかも知れないけど、うちの奥さんはしばらくキャプテンアメリカをキャプテンアメリカとして認識できなかったらしいし、あまり好ましい変更ではない。

エンディングに関して。個人的には好感触だけど、映画で明らかな「続く」をやって良いのかな?とは思う。制作側としては「続きを見てね」だと思うんだけど、次作となる「アベンジャーズ4」まで一年も待たされるのは見る方としては溜まったモノではない。

以上を踏まえて本作のまとめ。マーベル好きなら楽しめるではあろうと思うモノの映画単体としての完成度は低い。MCUを追いかけている人以外にはオススメしにくく、もしこれからMCUに入りたいと思うなら既存作品を一通り観てからでないと楽しめないと思うよ。