コーヒーの実で入れるハーブティー「カスカラ」、香り高く独特の風味もありおいしい

馴染みのコーヒー焙煎屋さんから年末の粗品で「カスカラ」を頂きました。「カスカラ」はコーヒーノキの実から種を取り除いて天日乾燥したもの。平たく言うと「コーヒー豆の余りもの」です。

カスカラは主に生産国のヒトが自分たちで飲むコーヒー代用飲料。「貧乏人のコーヒー」なんて呼ばれたりもするそうですが、なんのなんの、コレがおいしいんです!

入れ方は、最初に軽く水洗いをして、適量(1人あたり5グラムぐらい)にカップ一杯(240グラムぐらい)のお湯を注ぎ5分ぐらい待てば完成。

香り高くて気分的にはハーブティー、でも独特な味。我が家では、ほうじ茶っぽいと言う意見も出てました。

奥さんが大変気に入ったようで「また飲みたい!」と言われたのですが、なかなか珍しいモノなので気軽にリピート出来ないのが残念。

あまり出回るものではないと思いますが、もしコーヒーショップなどで見かけたらぜひチャレンジしてみてください。

コーヒーチェリーティー – Wikipedia

Twitter で