雑誌「Stereo」の付録に10cmフルレンジ・スピーカーユニット

stereo (ステレオ) 2012年 08月号 [雑誌]

オーディオ誌「Stereo」の2012年8月号に、特別付録として10cmフルレンジ・スピーカーユニットが付いてくるそうです。

普通に10cmのフルレンジ・スピーカーユニットを買うと、廉価な製品でもペア3,000円ぐらいはするんです。

それなのに、オーディオ誌「Stereo」2012年8月号は特別価格2,990円!

しかも。特別付録となる10cmフルレンジ・スピーカーユニットは、デンマークのスピーカーユニット専業メーカー「スキャンスピーク」製だそうです。

「スキャンスピーク」は高級スピーカーにも採用実績のある実力派メーカーなので、雑誌付録とは言え下手なモノは出してこないはず。

ぶっちゃけ赤字じゃねぇの?と思えるぐらいにお買い得なので、多少なりともスピーカーに興味があるなら取り急ぎの予約をオススメします。

別冊でエンクロージャもでるよ

Stereo編 スピーカー工作の基本&実例集 2012年版: 特別付録:エンクロージュア・キット (ONTOMO MOOK)

上記で紹介した雑誌には「スピーカーユニット」と呼ばれる部品しか付いてきません。

きちんと音を出すためには「エンクロージャ」と呼ばれる箱も必要となります。

そこで特別企画のムック本として、エンクロージャが付属する雑誌「スピーカー工作の基本&実例集 2012年版」を発売するそうです。

上記「Stereo」2012年8月号と合わせて購入すれば、あとは木工ボンドを用意するだけで、手軽に初級レベルのスピーカーが作れますよ。

こちらも売り切れは目に見えているので、興味があるなら予約をオススメしておきます。