WiMAXルーター「AZ01MR」と「光ポータブル+U300」の違い

WiMAXモバイルルーター「AZ01MR」を試用しているウチに、「光ポータブル+U300」とは違うんだなーと感じるところがあったので、ツラツラとまとめておくよ。

WiMAXルーター「AZ01MR」と「光ポータブル+U300」

速度差とエリア差と

自分は普段の外出時、「iPhone 3GS + 光ポータブル + b-mobileSIM U300 + 3G通信オフ」でネットしています。

つまりiPhoneでのデータ通信すべてを、日本通信経由のDoCoMo網に回しています。

U300は通信速度上限が300kbpsに制限されているけど、使用可能エリアが広く通信も安定しているので重宝しています。

で、いま現在のAZ01MR試用期間中は「iPhone 3GS + AZ01MR + WiMAX」なワケです。

モバイルルーターAZ01MRは、腰を落ち着けて作業するなら快適です。

AZ01MRを取りだして電源を入れれば、わずか10秒でネットに接続!WiMAX自慢の高速通信で、YouTubeなどのストリーミングサービスもストレスなく使えます。

だけどWiMAXは、室内の奥まった場所や地下などが苦手みたいで、「あれれ、電波が入らないや」と言うことが少なからずありました。

自分はiPhoneの3G通信を切っているので、WiMAXが使えないと、ネットも使えないと言うことです。

電波が入らない場所で、何度となくTwitter投稿やチェックインを諦めるウチに、WiMAXは3G電波かWi-Fiサービスと併用しないと厳しいなーと言う感想を持つに到りました。

電池の持ち

AZ01MRは約6時間の連続使用時間を誇り、WiMAXルーターとしては長時間の運用が可能です。

しかもUSB充電しながらの有線/無線通信が可能なので、ノートパソコンなどと組み合わせて使えば、余裕で1日バッテリーが持つと思います。

だけどiPhoneと組み合わせると6時間で電池が切れてしまいます。

AZ01MRは、無通信時の自動電源オフ機能も備えています。しかし最近のiOSは、”keep WiFi alive”と言うスリープ中でも通信を行う機能が備わっているため、自動オフ機能が働きません。

結局やっぱり、AZ01MRの電源を入れっぱなしにしていると、毎度6時間前後でバッテリー切れを起こします。

対する光ポータブルは、カタログスペックは連続通信6時間となっているモノの、実運用では10時間以上バッテリーが切れないスタミナぶり。

結局、まる1日外出するときは、AZ01MRと光ポータブルを併用している状況です。

チョットした工夫で改善可能

なんだかイロイロと「ダメな状況」を書いてしまいましたが、これらはすべて「今の自分の使い方にあわない」と言うだけです。

3G電波を有効にし、Wi-Fiサービスと契約し、替えバッテリーを持ちあるけばオッケー。ちょっと工夫すれば改善できるコトばかりなんですよね。

そんなワケで、WiMAXの速度に魅力を感じるなら「AZ01MR」は有効な選択肢だと思いますよ。


ブログHinemosuでは、以下のような関連記事も書いています。
WiMAXモバイルルーター「AZ01MR」フォトレビュー – Hinemosu