iPhoneにピッタリ!折りたたみBluetoothキーボード「MP-0118」購入

小型で折りたたみ可能なBluetoothキーボード「MP-0118」を買いました。

MP0118

これまでのiPhoneでは外付けキーボードは使えなかったんですが、iOS4から外付けBluetoothキーボードに対応しました。

いままでもiPhoneを「メモ帳」として使っていたので、更なる活用を目指すべく今回のBluetoothキーボード購入に到った次第。

購入場所

「MP-0118」は国内で正規販売はされていないようです。

ヤフオクで出品されていることもあるようですが、今回はSourcing Gateの「Foldable Universal Bluetooth Keyboard for Cellphone/PDA/PC (1*AAA) MP-0118 – Wholesale Price」から個人輸入にチャレンジ。

1台だと$58ですが、数を取りまとめると安くなる方式で、10台まとめ買いすると1台当たり$48まで下がります。

そこでTwitter上で共同購入者を集い、10台をまとめ買いすることにしました。


余談になりますが、ヤフオクで同等品を「4,980円即決+梱包手数料5,800円」で出品している悪徳業者がいるようです。お気をつけください。

価格詳細

キーボードの購入価格は、10台で$480でした。

送料は発送方法で変わるんですが、今回は受け渡しの都合もあり2週間程度で届く香港郵政(Hongkong Post)を選択。日本までの送料は$5.10でした。

また念のため配送保険にも加入し、保険代として$4.80がプラスされています。

以上で合計金額は$489.9となり、PayPal経由で45,155円を支払いました。

結果として1台4,500円程度で購入できたことになり、折りたたみ可能な外付けBTキーボードとしてはお値打ち感が高いと思います。

配送スピードを気にしなければ、船便を利用することにより送料無料になりますし、必要なければ保険を外すことも出来ます。

1台購入でも$58で買えますし、日本円が強いウチに個人輸入してみるのも面白いと思いますよ。

使い勝手は?

さっそくiPhone 3GSとペアリングして使っていますが、必要要件は満たしていると思います。

押せないキーがあったり、キー入力がダブったりといった事はありませんでした。

キーピッチもある程度確保されているので、なんとかブラインドでも打てます。ローマ字変換で日本語入力を行うだけなら、十分実用可能な範囲だと思います。

以下に、キーボード折りたたみ状態から始まり、iPhone 3GSのメモ帳で文字入力までを試してみた動画を載せますので、使い方のイメージとして下さい。

YouTube – 折りたたみBluetoothキーボード「MP-0118」

ただし、3列キーボードなので記号や数字キーの入力が特殊です。記号キーを押しながらで一通りの入力は出来ますが、さすがにパッと覚えられるものではなく、ブラインド入力は無理でした。

まとめ

個人輸入に抵抗がなく、且つ「外れても泣かない」レベルの強い精神力をお持ちの人にはお勧めです。

5,000円前後で購入可能な折りたたみ外付けBluetoothキーボードは、ちょっと他では見あたりません。

しかしリュウドの折りたたみワイヤレスキーボード「RBK-2000BTII」も9,000円前後で購入可能な為、お金に余裕がある場合はRBK-2000BTIIを購入するのも悪くない選択だと思います。

いわゆる「人柱」の度合いと、懐具合を勘案しつつ、ご自分で適切だと思う製品を選択してみて下さい。

説明書

MP-0118は、本体付属のCD-ROMにPDFマニュアルが収められているのですが、CD-ROMが8cmサイズのため、環境によっては説明書が読み出せない人も居るようです。

そのため、こちらでも添付のPDF説明書を配布します。お困りの方のみ、コッソリ持って帰ってください。