12月2日の記事一覧

「スティール・ボール・ラン」を読み終わった

「スティール・ボール・ラン」こと、「ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン」を読み終わった。

ジョジョの奇妙な冒険 第7部 モノクロ版 1: Vol.1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

全巻Kindle版を購入し、iPadで閲覧しました。Retina iPad良いわ~。

と言うわけで、以降、断片的なストーリー情報を含む読後の感想を綴りますので、まだ7部を読んでないやつは帰れ。

【この記事の続きを読む →】

ガスファンヒーター「RN-B935FH-BE」購入

東京ガス(ノーリツ) スタンダード35号ガスファンヒーター YoHaKu 【ガス種:都市ガス12A13A用】 RN-B935FH-BE マットベージュ

東京ガスのガスファンヒーター「YoHaKu RN-B935FH-BE」を購入したよ。本体が15,271円、F型2mガスコードが2,779円で併せて17,925円でした。

ガスファンヒーターの購入理由

去年までは石油ファンヒーターを使ってたんだけど、古くなったせいか燃焼エラーが頻発するようになっちゃったのよね。

こんなんだと常時使用には不安が残るってコトで、昨シーズン末に石油ファンヒーターを廃棄しました。

で、今年も暖房シーズンになり、新しく石油ファンヒータを買うつもりでいたんだけど、何の気なしにガスファンヒーターの価格を調べたら、この製品の割引率が7割を超えていることに気がついたのよ。

どうやら2年落ちってのが大幅値引きの理由っぽいけど、ストーブの2年オチなんて誤差みたいなモノ。

4kwの出力を持つ暖房器具が2万円以下で買える!と言うわけで、喜び勇んでAmazonさんでポチってしまいました。

ガスファンヒーターの使用感

元々部屋にガスコンセントがあったこともあり、設置は簡単楽々。

壁コンにホースを繋げて、本体にホースを繋げて、電気コンセントを繋げたら設置終了です。

IMG_1751

使用感も中々のモノ。スイッチポンから5秒で温風が出てくるし、面倒な灯油の入れ換えも必要なし。

とても暖かい風が出てくることに加え、温風の吹き出し口が下寄りなので、足下から暖まるのも見逃せない特徴です。例えばエアコンとかだと、パワーが弱いし上から風が来るしで、中々部屋が暖まらなかったりするんだよね。

元来が高価格商品なコトもあり、時計式タイマーが付いていて「朝6時半に自動点火」なんて芸当が、ボタン1つで出来るのもありがたいです。

ガス配線の問題もあり、誰にでもお勧めできるモノではありませんが、ガスコンがあるなら購入を検討しても良いかも知れません。

映画「ファインディング・ニモ」視聴

ファインディング・ニモ [DVD]

ディズニー&ピクサーのフル3DCGアニメーション映画「ファインディング・ニモ」を見たよ。

あらすじ。父一人、子一人ながら、平穏な暮らしを過ごしていた親子に魔の手が襲いかかった。必死の抵抗もむなしく、息子のニモはさらわれてしまうコトとなる。父親のマーリンは自分の無力さを嘆き、息子の喪失を悲しみ、魔の手の卑劣な仕打ちに怒っていた。このままでなるものか!必ず息子を助け出す!そう堅く決意したマーリンは、盟友ドリーと共に大海原にその身を投じるのであった…

感想。ディズニーアニメ。CGによる水の表現とか、アニメらしいグルグルサラウンドとか、見るべき点がゼロってワケじゃないけど、結局のトコロはディズニーアニメ。お子様のいらっしゃらない御家庭では、見るだけ時間の無駄だと思います。

2011年、アナログ放送は止まりません

TOSHIBA REGZA 32V型 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 32C7000

平成23年7月の、テレビの地上デジタル放送(地デジ)の完全移行に向け、行政や推進団体に危機感が漂っている。9月時点の地デジ受信機の世帯普及率が46.9%と初めて目標(50%)を下回ったためだ。

ここで改めて宣言しておきますが、2011年にアナログ放送は止まりません。

参考までにちょっと数字を出しておきます。日本の世帯数は約5000万、テレビ普及率は99%なので、現在の地デジ普及率46.9%を99%まで引き上げるには、差分の52.1%にあたる2600万世帯がテレビを買い換えなくてはなりません。停波まで残された期間は3年弱。と言うことは、毎年900万世帯がブラウン管を捨て、地デジ対応テレビを買う必要があります。

しかしテレビの年間出荷台数は900万台程度しかなく、そのうちアナログからデジタルへの買い替えは500万台程度と言われています。このペースで行くと、2011年には1,000万世帯以上がアナログテレビのままということになります。20%近いご家庭でテレビが見られなくなる計算ですね。

多少割り増して年間700万世帯がデジタルテレビに買い換えたとしても、まだ500万世帯がアナログテレビのままです。割合にして10%ものアナログ世帯を残したまま、停波できるハズがありません。

まず間違いなく、そうだな、99%の確立で2011年以降もアナログ放送は継続されます。しかも2011年の移行時期前後には「特別施策」で移行が優遇されるはずです。例えばアナログ放送停止が近いアメリカでは、停止直前になって40ドル(≒4,000円)の買い替えクーポンが発行されました。同じようなことが日本でも行われるはずです。

テレビの買い替えサイクルに入っていないご家庭は、慌てず騒がず世の動きを眺めていてください。

参考リンク:地デジ完全移行に黄色信号、普及率目標下回る – ITmedia News

今日の人気記事