AdSenseの記事一覧

気軽にAdSenseデータをチェック!Chrome拡張「Google Publisher Toolbar」が便利

いま現在、もっともメジャーなブログ広告と言えば「Google AdSense」ですよね。

そのAdSenseの収益データをワンクリックでチェックしたり、実際の広告表示に収益データを被せて表示したりするChrome拡張「Google Publisher Toolbar」を使ってみました。

結論から言うと、コレすごく良いです。

【この記事の続きを読む →】

Googleから「AdSense ポリシー違反」の通告メールが届いた

グーグル・アドセンスの歩き方―収益が飛躍的にアップする最適化の必須テクニック

Google AdSenseから「AdSense: hide10.com/archives/12858 の変更は 3 営業日以内に行ってください」と言うタイトルで、以下のようなメールが届きました。

お客様のサイトを確認しましたところ、Google のポリシーに準拠しない方法で Google 広告が表示されています。
たとえば、次の URL のページで AdSense ポリシーの違反が見受けられました。
URL:

激ヤバ無修正の無料動画!

こりゃマズイ!と慌てて該当ページを確認すると「激ヤバ無修正の無料動画!」でした。

しばらくポリシー違反の理由を考えてみて、「成人向けコンテンツを含むサイトに Google 広告を掲載することは許可されません」に該当するのかと推察。記事の内容はネタ的なモノだけど、タイトルはまんま「アダルト」だもんねぇ。

対応としては、該当ページのみ AdSense 広告が表示されないようにしてみました。記事を削除することも考えたけど、折角の人気記事なので、チョチョイと細工を施して、代わりにAmazonの商品バナーが表示されるようにしてみたよ。

対応期限は『72 時間以内にウェブ ページを修正してください。サイトを修正すると、Google では変更を自動的に検出しますので、広告の配信に影響が及ぶことはありません。』ってことなので間に合ってるはずだけど、さてこれでOKなのか?

万が一、AdSenseの広告配信を止められたらショックでかいな…

AdSenseの「公共広告」を差し替える

SEO 検索上位サイトの法則

Google AdSenseの代替え広告として、Amazonの「おまかせリンク」を表示する方法を紹介します。

この設定をやっておくと、Googleが関連性の高い広告を見つけられない場合、「公共広告」ではなくAmazonの「おまかせリンク」が表示されるようになります。

10分ぐらいで設定できちゃうので、AdSenseに「公共広告」が表示されてショボーンな感じのヒトはチャレンジしてみて下さい。
【この記事の続きを読む →】

AdSenseにログインできない理由は「Adblock Plus」だった

できるポケット+ Firefox Mozilla Firefox 3対応

数日前からGoogle AdSense(アドセンス)にログイン出来なくて困ってたんだけど、ふと思いついてAdblock Plusを無効にしたら正常にアクセスできるようになった。犯人はお前か!

原因が分かったので、AdblockのホワイトリストにAdSenseログイン画面を追加。これでAdblockを有効にしたままでも、正常にアドセンスにログインできるようになりました。やれやれだぜ。

モバイル コンテンツ向け AdSense導入

SEM:検索連動型キーワード広告 Googleアドワーズ&Overtureスポンサードサーチ対応 Web担当者が身につけておくべき新・100の法則。

ktai Styleを導入して携帯サイト度が強まりまくったので、ついでにモバイルコンテンツ向けAdSenseも導入してみたよ。ずいぶん前にモバイルコンテンツ向けAdSenseがスタートした当初にもチャレンジしたけど、うまく動かなくて挫折してたんだよね。

だけど今回は予想GUYにスンナリ風味。AdSense設定の「モバイル コンテンツ向け AdSense」→「広告ユニット」選択→「広告スタイル」選択→「広告チャネル」選択→「PHP」を選択し、払い出されたコードを貼り付けた。これだけだと「google_set_screen_res();」がエラーを吐くようなので、何事もなかったかのように該当行をコメントアウト。

    :
$google_dt = time();
//google_set_screen_res();
    :

この作業はxreaだから必要なのか、いったい何をコメントアウトしたのか、オイラには良く分からない。だけどとにかくこれで動くようになった。

その後は表示箇所の調整。どこに貼り付けるかが悩ましいところだけど、おいらはktai styleのindex.php、single.phpを編集して、本文表示直後に表示されるようにしてみました。表示位置の調整は「User Agent Switcher」でUA偽装すれば意外と簡単に出来ると思うよ。

無事に動くようになったので、AdSense管理画面から成果を確認中。まだ数日しか様子を見てないけど、毎日2,000PVから3,000PVぐらいはあるみたい。クリック率も1%前後は確保できてるので、頑張った見返りは大きいです。このペースならGoogleさんから毎月お小遣いをもらえるかも!?

参考リンク:WordPress Plugins/JSeries ≫ Ktai Style (携帯対応プラグイン)

参考リンク:User Agent Switcher :: Firefox Add-ons

アドセンス狩りにあった?

狩りのとき〈上〉 (扶桑社ミステリー)

Google AdSenseの7月12日付けログを見ると、その日だけクリック率が10倍に跳ね上がってる…普段だと絶対にありえないクリック数だし、これは誰かにイタズラされたのかな~。こんなんでアカウント止められたらイヤだな…

無いとは思うけど、普段ここを定常的に閲覧してる人は、ウチのページに表示される広告をむやみやたらにクリックしないでくださいね。不正な行為と見なされて、おいらのアカウントが止められちゃいます :-(

グーグル インクから振込あり

グーグル インクからの振込

このアドセンスは$100を超えました。次スレもこんなクオリティ!イヤッッホォォォオオォオウ!ガタン(例のAA

大体9ヶ月ぐらい掛かったかな?お小遣いと言うには少なすぎる額だけど、ドメインやサーバのレンタル代金を賄うには十分な収入なワケで。こんな所もGoogle様々ですな。

Google AdSenseで$100を突破したようだ

待ちに待ったこの日がやってきたか!本当に払って貰えるのか、未だにちょっと半信半疑だったりするけど、うまいこと貰えたらまたレポートするよ!

Googleカスタム検索を設置してみたよ

Web検索エンジンGoogleの謎 アフィリエイト編

右上に「Googleカスタム検索」の検索ボックスを設置してみたよ。

以前はカッコイイ使い方が分からなくて挫折したんだけど、久々にチャレンジしたら自ドメイン内の特定ページで検索結果を表示することに成功。予想以上にサクサク風味だし、思い切って常設することにしました。

お暇な方は何ぞ適当に検索してみて、どんな風に動くのか確認してみてくださいませ。ま、何のかんの言って健作君からAdsenseを巻き上げたいだけなんだけどな!

ここからは検索君向けの簡単なアドバイス。

と言っても難しいことはほとんど無く、Google AdSenseの「AdSense 設定」から「検索向け AdSense 」を選んで、自分の好みに設定していくだけ。

「選択するサイトのみ」で「https://www.hide10.com/」を指定、オプションキーワード無し、サイト言語は日本語、ドメイン地域は日本、サイトコードはUTF-8、チャンネルはsearchBoxって名前にした。

デザインはウォーターマークの20文字。「検索結果ページ」に自分のサイトを選び「https://www.hide10.com/google_search/」と指定。検索結果幅は800px、広告位置は右、パレットはseasideを選択。検索エンジンの名前は「hide10.com 検索エンジン」とそのまんま。

ここまでダダーッと入力すると「検索ボックスのコード」と「検索結果のコード」ってのがもらえます。ボックスコードは検索窓を表示したいページに貼り付けるものでアチコチに好きなだけ貼り付けてください。

「検索結果のコード」は結果を表示するHTMLファイルに貼り付けます。 さっき指定した「検索結果ページ」で表示されるファイルにペタッと貼り付ければOKだよ。

うちだと「https://www.hide10.com/google_search/index.html」を作成して、それっぽくHTMLを書き上げたあと、body部分にペタッと貼り付けてあります。設置した検索ボックスで検索して、検索結果ページに結果が表示されれば成功さ!そんなに難しくないから、ちょっとチャレンジしてみると良いよ。

今日の人気記事