【解決済み】WEBカメラが数秒で動作停止する

Windows 11環境でWEBカメラが数秒で動作停止する不具合に見舞われました。結論から言うとWEBカメラ自体に問題は無く、Windows11の関連ドライバ「RsProvider.dll」の問題だったようで RsProvider.dll があるフォルダをリネームすることで解決しました。

問題発生時のイメージはこんな感じ。WEBカメラが起動し5秒程度は映像が流れるモノの動作が止まり、数秒後に復帰するもまた止まるの繰り返しです。

当初は新たに導入した顔認証カメラCM02の不具合かと思い、メーカーに相談して各種切り分けを実施するも解決せず、初期不良を疑ってWEBカメラを交換してもらったモノの解決せず。

これはおかしいと自力でググったところ「【解決済み】Web Camera の動作が不安定です。 – Microsoft コミュニティ」を発見。

曰く

「C:\Program Files\Realtek というディレクトリにある「RsProviders」というフォルダの名称を、「RsProviders_」に変更した、つまりアンダーバーを後ろにつけたら直った」ということです。実際私もこれで直りました。

https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/all/%E8%A7%A3%E6%B1%BA%E6%B8%88%E3%81%BFweb-camera/04d2c102-3a48-40b6-8420-67b9ffa00daf

とのこと。

気になって元スレとなる「Webcam keeps turning off and on again – Microsoft Community」を読んだところ、自分と同じようにWebカメラが数秒でオンオフを繰り返す問題で「イベントビュアーを見ると “C:\Program Files\Realtek\RsProviders\RsProvider.dll” が問題を起こしている。そのdllがあるRsProviders フォルダーを RsProviders_ (バックアップとして) に変更し、すべてが機能するようになりました」(訳文は筆者による)とのこと。

これは!?と思ってイベントビューアを確認すると、確かに自分の環境でも「障害が発生しているアプリケーション名: svchost.exe_FrameServer、障害が発生しているモジュール名: RsProvider.dll、バージョン: 1.30.0.0、タイム スタンプ: 0x57ee1a06」が発生しており、同じタイミングで「Windows カメラ フレーム サーバー サービスは予期せぬ原因により終了しました。このサービスの強制終了は n回目です。」も詰まれていました。

これは自分の環境と合致するなと判断し、ダメ元で “C:\Program Files\Realtek\RsProviders” フォルダを “C:\Program Files\Realtek\RsProviders_” にリネームしたところ問題が発生しなくなりました

やったね!