1月15日に南町田グランベリーパークにある109シネマズグランベリーパークのIMAXレーザーで『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』を見ました。

以下、ネタバレがある感想文となりますので興味があるのに未見の方はここで引き返すことを推奨します。

映画館入口の案内版
IMAX鑑賞特典のカード

さて。

一言で言うと面白かった。

MCUの最新作なのでマーベルとしての面白さもあるんだけど、それと同時に「スパイダーマン」の最新作でもあり、過去のヴィランは元より関連過去作のスパイダーマンが出演するのは「スパイダーマン」のファンとしては胸熱であった。

特にラスト近くでグウェンを死なせてしまったままで終わったアメイジングのスパイダーマンがMJを助けるシーンにはグッときた。アメイジングはMJも出ないまま終わったので、一番すくわれてないスパイダーマンだと思うけど、今作でようやく少しだけ心が晴れたのではないかと思う。

グリーンゴブリン役のウィレム・デフォーの怪演も見事で、そうなるであろうなというストーリーではあったけれど、それを見事に演じきっていたと思う。

ピーターパーカーを呼ぶと3人とも返事してしまうコメディシーンも良かったね。

「スパイダーマンを知っている人が(生死問わず)寄ってくる」と言う設定の割りに、過去スパイダーマンのベンおじさんとかグウェンが寄ってこないのはなぜなのかな?と思ったけど、そこは何かアレな感じでアレなんだろうな。

童顔で若作りしているけどトムホの老け具合が気になり始めた。おそらくスパイダーマンはトムホで続編3部作があるんだろうけど、完結までが長引くと老け具合のCG処理が必要になったりして。

本来であればメンター役のドクター・ストレンジが、行き当たりばったりのワガママ押しつけおじさんだったけど、ストレンジは強キャラすぎて好きじゃないので個人的には良き。

そんなこんなで最近のMCUの中ではトップクラスに面白かったので、ディズニープラスで見られるようになったら少なくてもトムホ版3作は連続で見ようと思います。

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』 | オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ