Hinemosu

円形文字盤のスマートウォッチ「Amazfit GTR 47mm」を買いました

円形文字盤のスマートウォッチ「Amazfit GTR 47mm」を買いました。

これまではAmazfit bipを使っていたのですが、野良アプリを使って接続しようとして失敗したらそのまま2度と繋がらなくなり…同じモノを買い直すことも考えたのですが、折角なので気になっていたGTRを買ってみました。

結論から言うと大満足で買い換え大成功と言ったトコロ。そんなワケでAmazfit GTR 47mmの紹介と、良かったところ悪かったところの感想をお伝えしようと思います。

Amazfit GTR 47mmの特徴

一番大きな特徴はその見た目。円形の文字盤でクラシックな時計の外観をしています。円形であること自体にメリットはないけれど、カクカクした「いかにも」なスマートウォッチとは人に与える印象が違うのではないかと思います。

通常の使用で24日間という驚異の電池持ちも特徴です。自分の実例で言いますと、常時表示オフ、通知はボチボチ、GPS使用なしで26日間もちました。

326PPIの1.39インチAMOLEDディスプレイの美しさも見逃せないです。以前に使っていたbipでは256色しか出なかったので、この美しさは非常に満足感が高いです。

バンドは交換可能で幅22mm。Amazonなどで多種多様な材質/デザインのものが安価に販売されているので気軽に交換できます。自分も早速お気に入りのナイロンループベルトに変更しました。

その他、スマートフォンからの通知受信や、各種運動ログの計測、24時間心拍数の計測、睡眠パターンの計測などスマートウォッチで一般的な機能は標準装備。もちろん防水です。

日本語表示、日本語通知にも対応。これなら安心して使えますね。

これだけ高機能なスマートウォッチが、市販価格で言うと$150前後で買えるのもありがたいです。

Amazfit GTR 47mmの良かったところ

Amazfit GTR 47mmのイマイチだったところ

いちおう書いてみたけど、個人的にはデメリットらしいデメリットは思いつかないし、この性能でこの値段なら大満足です。

おわりに

実は当初はAmazfit GTR 42mmを購入予定で発注したのですが、先方の発送ミスで47mmが到着。交換を打診したが在庫がないため、そのまま47mmを使う事になりました。お陰で42mmの価格で47mmが手に入りラッキーでした。

Exit mobile version