古くなったガスコンロを交換した

古くなったガスコンロを交換した。

古いガスコンロは入居以来使っていたので20年近く使っていたことになる。1年ほど前から点火がスムーズに行かず不満が溜まっていたが、最近は付いたと思っても不完全燃焼してるような音が聞こえるようになり、いよいよダメな感じがするので交換することとした。

機種選定はスムーズに行った。メーカーは市場占有率が半分を超えるリンナイ製。機種詳細としてデリシアはオーバースペックだし、ユーディアは余計な機能が付いてるし、と言う感じに上位機種から探していって、有るものと無いもののバランスが良いリッセを選択。デザインも悪くないし我が家的にはこれ一択。

次に取り付け業者の選択。当初は自分での取り付けを考えたが、ガスコンロの取り付けには「ガス可とう管接続工事監督者」と言う国家資格が必要とのこと。ただし業務経験は不要な上に1日の座学で取れる資格らしく、いっそ資格を取ってしまおうかと調べてみたが講座の数が限定的で年度内に受験するのは難しそうなので諦めた。

東京ガスやホームセンターなどに頼むと割高なようなので、インターネット上で安そうな業者を検索。色々と調べてみると、どこも「本体 + 工事代」という価格構成で、工事料金は2万円が相場と言うことも分かってきた。

そうと分かれば相場から大きく外れず、なるべく古参で、できれば地元の業者が良いなと言うことで検索を続け、株式会社モアープランニングに行き着いた。

モアープランニングは東林間にある会社だし、創業も1991年と中々に古い。ホームページのできも良いし、LINEで見積もりと相談ができるのも気に入った。

事前にコンロ付近の写真を撮影して見積もりを頼むと2,000円割引きになるとのことで、LINEから友だち追加して見積もりを依頼。

たったこれだけで翌朝には金額が載った見積もりが届いた。その金額で充分納得だし、もし他社より高ければ対抗価格を出すと言う。LINEでの対応も迅速丁寧だし、これなら大丈夫と判断し正式に依頼。

その後、コンロの色や工事日程、周辺駐車場の情報などもLINEで情報交換。LINEならこちらの空き時間に対応できるので本当に助かる。同様な他の業種でも積極的にLINE対応して欲しいトコロです。

さておき。つつがなく日は過ぎて工事当日。指定時間ピッタリに工事担当者さんが訪れ、サクサクッと作業を進めて頂き、予定時間通りに作業終了。料金は事前にカード払いで済ませていたので、当日は本当にスムーズでした。

あたらしいコンロは3口とも温度センサーが付いていて、お湯が沸いたら自動で保温・消火したり、指定の温度で油温を維持したり、指定時間で消火したりできる優れもの。

グリルも水なし両面焼きに進化。さらにこの機種は「ココットプレート」というグリル料理の幅が広がる調理器具が付属していて、魚を焦げ付かせずに焼いたり、揚げ物を揚げ油なしで作ったりと言った調理が可能になっています。

まだ交換したばかりで使いこなせていませんが、しばらくはアレコレ試してみてオイシイ料理にチャレンジしたいと思います☺