花粉症対策薬の副作用がツライ

花粉症の症状よりも、花粉症対策薬の副作用がツライ。

自分は十年来の花粉症患者。目鼻の症状よりも頭痛や倦怠感が酷く、油断すると発熱に繋がることもある。

以前は通院投薬も試してた。アレグラやジルテックなど眠気が起こりにくいと言われている薬を試したけど、薬の副作用で起きているのがツラくなるほどの倦怠感がある。

花粉症の倦怠感と、薬の副作用の倦怠感。比べると「薬の副作用 >> 花粉症の倦怠感」って感じなので、今年は薬を飲まずに過ごそうと思ってた。

んだが、クラリチンというのが市販薬として販売されるようになったと聞いて試してみた。やっぱりダメだった。3連休のうち2日間を投薬実験期間として使ってみたけど、2日ともロクに動けなかった。

クスリを飲んでも苦痛。クスリを飲まなくても苦痛。世間が浮き立つ春が、誕生月でもある3月が、ツラくてツラくてたまらないよ☹