カレーの10分どん兵衛も良いぞ

さいきん話題になっている「10分どん兵衛」をご存じですか?

どん兵衛はお湯を入れて5分待って食べるのですが、5分ではなく敢えて10分待ってから食べると、麺が柔らかく味が染みこむようになり、より一層おいしく食べられるというテクニックです。

自分も話題になった当初に試して「なるほど、これは旨い!」と思っていたら、知人から「カレーどん兵衛の10分もイケるよ」と教えてもらったので試してみました。

そんなワケでカレーどん兵衛、どーん。
カレーどん兵衛、外観

お湯を入れて10分待ったところ。すこし麺がのび始めてるかな?
カレーどん兵衛、10分まったところ

でも伸びたお陰で柔らかくなり、カレーの味が良く染みこんでる!たしかにカレーの10分どん兵衛もありだ!
カレーどん兵衛、麺が柔らかく、カレーが染みこむ

普通のどん兵衛も、カレーのどん兵衛も、「10分どん兵衛」にすると柔らかくなってスープの味が良く染みこみます。10分でもコシは残っているので、おいしいまま柔らかくなる感じ。変わり種や飛び道具という感じではなく、こう言うバリエーションもありだねと思えるレベルで「10分どん兵衛」が話題になるのも納得です。

まだ未体験の皆さまにおかれましては、ぜひ一度チャレンジをオススメしたいと思う所存。コンビニやスーパーで「どん兵衛」を見かけたらサクッと買って試してみると良いと思うよ。

日清はなぜ10分どん兵衛を作らなかったのか

TwitterやRSSでも最新情報をお届けしています。フォローよろしくお願いします。

follow us in feedly