α7で撮る下北沢の夜 #αアンバサダー

ソニーのデジタル一眼「α(アルファ)」シリーズの魅力を周囲に伝える「αアンバサダー」活動をしています。

α7を含むソニーのデジカメは、暗いところでもキレイに写る「暗所性能」が高いのが特徴です。

先日、下北沢を訪れた際に夜の町並みを撮ってきましたので「暗いところでもキレイに写る!」のサンプルとして紹介しますね。

スープカレーの名店「マジックスパイス」の店内の様子。薄暗い店内ですが雰囲気が伝わる写真だと思います。
DSC08622.jpg

おなじくマジックスパイスでスープカレーを写す。店内が薄暗いため、ISO5000まで上がっていますが、なんとか見られる写真かと思います。
DSC08628.jpg

雑貨店の店頭にあったピエロの看板。薄暗い路地でISO5000まで上がってますが、それほどノイズっぽさは感じません。
DSC08635.jpg

飲み屋の赤提灯。街灯の光があるのでISO200。ノイズは感じません。
DSC08637.jpg

バスターミナル。ISO800まで上がってますが、暗所ノイズは気になりません。
DSC08638.jpg

道ばたの自転車。ISO500は完全に実用レベルかと思います。
DSC08639.jpg

無断駐車禁止の看板。ISO800で。背後の暗い個所はノイズが見えますが、看板部は問題なしですね。
DSC08640.jpg

駅前通りをISO640で。暗いところも明るいところも良く写っていると思います。
DSC08641.jpg

カフェの店頭。文字が崩れることもなく、しっかり写ってますねー。
DSC08642.jpg

居酒屋の店頭。ここは明るいのでISO100で撮れていました。
DSC08643.jpg

たとえばスマホのカメラなんかだと、暗いところは全然写せなかったり、写せたとしてもノイズだらけになったりするんですよね。

その点ソニーのαシリーズなら、暗いところでも良く写るので撮影できるシチュエーションが広がるのがメリットかなと思いました。

撮影に使用した「α7(ILCE-7K)」とレンズ「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA」は、αアンバサダープログラムのモニター企画でお借りしたものを使用しました。

TwitterやRSSでも最新情報をお届けしています。フォローよろしくお願いします。

follow us in feedly