PHIATON MS 400、写真多めのファースト・レビュー

赤と黒のツートンカラーが目を引く高級ヘッドフォン「PHIATON MS 400」をお借りしたので、写真多めのファースト・レビューをお届けします。

10912-2877-202026

PHIATON MS 400について

まず最初にPHIATON MS 400を紹介します。

PHIATONについて

PHIATON(フィアトン)は韓国CRESYN(クレシン)社の音響機器用ブランドです。

CRESYN社は日本国内では無名と言っても良いメーカーですが、実は国内有名メーカーのOEMなどを手掛ける「隠れ大手」なメーカーです。そのため、無名メーカと言えど実績と信頼を積んできており、十分信頼に足るブランドバリューを持っていると言えます。


参考リンク:CRESYN-THE ONLY WAY TO LISTEN

PHIATON MS400について

そのPHIATONブランドで、おそらくイチオシと言えるのが今回レビューする「PHIATON MS400」です。

PHIATON MS400の大きな特徴は、そのデザインにあると言えるでしょう。インターナショナルデザインアワードで1位を受賞した経歴が示すとおり、そのスタイリッシュな外観は強く目を引きます。

音質とモバイル性を両立させるため、高級素材であるドライカーボンを使用しているのもポイントです。カーボンは軽量なのに剛性が高く、音響的には理想の素材ですが、価格の高さと加工の難しさから一般的には使用されていません。そのドライカーボンを使用しているMS400は、音質面からも期待して良いヘッドフォンだと思います。

PHIATON MS 400、フォトレビュー

むずかしい説明はこれぐらいにして、写真多めのフォトレビューをお届けします。

外箱。かなり厚みがある。
IMG_1965

箱から出したところ。ビビッドな赤が目を引きますね。
IMG_1966

内側のプラスチックカバーを外して1枚。この見た目にグッと来るヒトも少なくないのでは?
IMG_1967

手に持ってみると非常に軽いです。重量は185gしかなく、普通のヘッドフォンの半分ぐらいの重さです。
IMG_1973

こうやって持った方が、実際に掛けてるイメージが沸きやすいかな?
IMG_1974

付属のハードケースに入れたところ。少しトリッキーな配置になってます。
IMG_1975

ハードケース収納時。ケーズは堅実なデザインになっています。
IMG_1977

チョコッとだけ音質レビュー

まだ使用期間が短いですが、チョコッとだけ音質を含めた本体レビューを載せておきます。

短評としては、この価格帯なら不満無いレベル。中音は引っ込み目だが綺麗。低音は盛ってる感じがするが、ブーミーではない。高音は「カチッ」として好き嫌いが出そう。分解能は低めで音域も狭め。総じてロック向けヘッドホンと言った印象。

高級ヘッドフォンにしては、コードの取り回しが悪く感じた。コネクタ部も「アレ?」と思う安っぽさ。ケーブル交換も出来ないようだし、メンテ性は低いかも知れません。

10912-2877-202026