野々ちゃん、退院

腎臓不良で入院していた愛猫の野々ちゃん。

6日間の入院に耐え、ようやく我が家に帰れることになりました。ヤッター!

今回の入院理由となった腎機能は、血液検査で尿素窒素(BUN)とクレアチニン(CREA)の値を見てチェックするそうです。

退院直前の検査結果を見せてもらいましたが、両数値とも大幅に改善されていました。

どちらもまだ「HIGH」(=高すぎる)となっていますが、入院前はBUNの値が高すぎて測定不能だったんですよ…

と言うわけで一先ず退院となりましたが、しばらくは朝晩2回の自宅点滴と各種投薬で状況改善を試みる日々となります。

野々は人間で言えば80歳を超える高齢猫。

年齢的な不安も付きまといますが、元気になることを信じて頑張っていきますよ!