WordPress: Jetpackに「共有」機能が追加、新規投稿を自動でお知らせ

様々な便利機能を一括して追加するプラグイン「Jetpack for WordPress」。


そのJetpackが本日、バージョン2.0にアップデートされました。

バージョン2.0では、TwitterやFacebookに自動で新規投稿を通知する「共有(Publicize)」機能が追加されています。

「共有」機能の使い方

新しく追加された「共有」機能の使い方は簡単です。

事前に投稿先の設定を済ませておくと、記事作成画面の「公開」セクションにPublicizeが追加されます。

このまま投稿を行えば、各サービスに自動で新規投稿が通知されます。

もし通知先や通知内容を変更したい場合は、「編集」をクリックしましょう。ここから通知先や投稿内容をカスタマイズできるようになっています。

「共有」機能の設定について

「共有」機能の設定は、ダッシュボードの「設定」-「共有」から行います。

「共有」の設定画面では、各種サービスへの接続を行います。

Facebookへの接続

“Add new Facebook connection.”をクリックすると、Facebookへの接続が追加されます。

あなたのサイトとFacebookアカウントを接続するかの確認メッセージが表示されるので、「アプリへ移動」を選択します。

「Facebookページの管理」と「あなたにかわって投稿」して良いか確認が表示されるので、「許可する」を選択します。

処理が正常に行われると、ダッシュボードに戻って通知先を選択する画面が表示されます。

適切な通知先を選択するとFacebookへの接続設定が完了します。

Twitterへの接続

“Add new Twitter connection.”をクリックすると、Twitterへの接続が追加されます。

Twitterから認証を求められるので、「連携アプリを認証」を選択します。

その他のサービス

その他にTumblr、米国Yahoo、LinkedInに接続が可能ですが、ここでの説明は省略します。

必要なら公式ヘルプ「Publicize — Jetpack for WordPress」を参照してください。

「Jetpack」のインストール

JetPackプラグインのインストールはわずか3ステップです。

  1. WordPress管理画面から「プラグイン」の「新規追加」を開く
  2. 「jetpack」で検索
  3. “Jetpack by WordPress.com”を探して「いますぐインストール」を押す

他に下記公式サイトからダウンロードしてインストールする事も出来るので、お好きな方法をお選びください。

まとめ

今回紹介した「Jetpack for WordPress」は、アクセス解析・画像の全画面表示・モバイル画面サポート・ショートコード追加など、実に様々な便利機能を備えてます。

一部英語の設定画面も残っていますが、おおむね日本語に翻訳されていますので、ぜひ使ってみてください。

オススメですよ♪

Twitter で