CD『Overseas』(Tommy Flanagan)の感想

Overseas

著名なジャズ・ピアニスト、トミー・フラナガン(Tommy Flanagan)率いるピアノトリオ「トミー・フラナガン・トリオ」の演奏を収めたCDアルバム『Overseas』を聞いたよ。

音楽は良い。ピアノ/ベース/ドラムスのバランスが良く、弾けるようなリズムに心躍る。

しかしまぁ音が悪い。レコード世代とか、ジャズ・マニアが聞くべきアルバムで、CD世代には薦めないわ。

CD『Overseas』の収録曲一覧

CD『Overseas』の収録曲一覧です。括弧内は100点満点による採点です。

  1. Relaxin’ At Camarillo(80)
  2. Chelsea Bridge(60)
  3. Eclypso(80)
  4. Beat’s Up(80)
  5. Skal Brothers(60)
  6. Little Rock(60)
  7. Verdandi(100)
  8. Delarna(80)
  9. Willow Weep For Me(60)
  10. Delarna (Take 2)(40)
  11. Vedandi (Take 2)(80)
  12. Willow Weep For Me (Take 1)(60)

1957年8月15日、スウェーデンのストックホルムでの録音だそうです。

メンバー

ドラムのエルビン・ジョーンズさんは、ハンク・ジョーンズの弟なのか!ジョーンズ家はジャズ一家なんだね。