NEX-5N用の電子ファインダー「FDA-EV1S」を買いました

デジタル一眼カメラ「NEX-5N」用の電子ビューファインダー『FDA-EV1S』を買いました。ヨドバシカメラ町田店で30,400円でした。

DSC03296.JPG

たかがファインダーのクセに、下手なコンデジ並みの値段がしやがりますが、買った甲斐はありました。

FDA-EV1Sの購入理由

FDA-EV1Sを買ったのは、屋外炎天下でNEX-5Nの背面液晶が見えにくいためです。

特にお嫁さんに至っては「まったく見えない」と言いきるレベルで、屋外での撮影が激しく困難となっていました。

せっかく良いカメラを買ったのに、外で使えないんじゃ寂しすぎる!と言うわけで、バレンタインデープレゼントの名目で、旦那からお嫁さんにプレゼントすることとなりました。

FDA-EV1Sフォトレビュー

そんなワケで『FDA-EV1S』のフォトレビューをお届けします。

外箱。3万円もする割に素っ気ない箱です。
DSC03306.JPG

ビューファインダーの外観。
DSC03297.JPG

横から見たところ。
DSC03299.JPG

カメラ本体とは、こんな感じでネジ止めする形になります。接続端子がフラッシュと共用のため、フラッシュと一緒に使うことは出来ません。
IMG_4554

装着状態を横から見たところ。液晶とファインダーは自動で表示が切り替わるんですが、横に見えるポッチで手動切り替えも可能です。
IMG_4551

90度上げた状態。この状態ならローアングル撮影も可能ですが、背面液晶に比べると自由度は低いですね。
IMG_4553

ファインダーを覗くとこんな感じ。有機ELを使用することで高精細にはなりましたが、お陰でアホみたいに高価です。
IMG_4557

ファインダーを覗きながら設定変更したり、その変更を反映した画面を見られます。
IMG_4558

『FDA-EV1S』の使用感など

『FDA-EV1S』を買って2ヶ月ほど経った感想です。

まず画面のキレイさですが「さすが有機EL!」と言うほどでもなく。これぐらい見えないと困るよね、と言うレベルです。

それよりも画面の更新速度(反応速度)が遅いのが気になりました。ファインダーを覗きながらカメラの方向を変えるとカクカクします。

勝手な想像では、NEX-5N内部の映像処理プロセスで引っかかる感じ?動く被写体を追いかける場合などで問題になるかも知れません。

購入目的である「屋外での視認性」は大幅に向上しました。お陰で太陽を気にすることなく、シッカリ構図を決められるようになりました。

予想外だったのは「ピントが見える」ようになったこと。ファインダーを覗いて集中すると、どこにピントがあるのか分かるようになりました。

もちろん背面液晶でもある程度の確認は出来ますが、ファインダーがあるとより一層クッキリ見える感じ。なるほど、カメラ好きがファインダーを求める理由が分かったような気がします。

だけど3万円は高いです。安いレンズなら買えちゃう値段だし、他の趣味一般と比較しても「どうなのよ?」と思う価格です。

あると便利だなーとは思いますが、NEX-5Nに後からビューファインダーを付けるなら、NEX-7やαなりに行った方が良いんじゃないのかな?と思いました。

高価格であること、フラッシュとの排他利用になること、装着・脱着に一手間掛かることなどデメリットも多いので、購入時はシッカリとした検討が必要だと思います。