わずか700円で撮影ボックスを自作してしまった

先日試作した撮影ボックスが良い感じだったので、本腰を入れて撮影ボックスを自作しました。

制作では「1,000円で作る撮影ボックス」を大いに参考にさせて頂きました。リンク先では懇切丁寧に作り方が解説されていますので、興味がある方は是非ご覧ください。

撮影ボックスの材料

撮影ボックスの制作は「プラスチック段ボール」なるプラスチック製の段ボールを利用します。

IMG_2099

近所のホームセンターで各種サイズを扱ってました。600×910mmを1枚と、450×910mmを1枚、それぞれ294円で購入しました。

撮影ボックス用に良さそうな素材がありました!

それと100円ショップでA1サイズの模造紙を買ってきました。こちらは105円でした。

294円x2枚+105円なので、制作費合計693円となります。

このサイズの撮影ボックスを買うと1万円以上することもあるので、自作するメリットはデカいですよ!

いきなり完成!

制作詳細は「1,000円で作る撮影ボックス」を見て頂くのがベストだと思いますので、ここでは完成後の使い方を紹介します。

普段はこんな感じに折りたたんで収納できます。
IMG_2119

上から見るとこんな感じ。薄いしとてもコンパクトですよ。
IMG_2121

本体側は、こんな感じに開きます。
IMG_2123

完全に開くとこうなります。
IMG_2124

これに模造紙を垂らします。洗濯ばさみで止めても良いようですが、取りあえず端を「コの字」に折って引っかけてます。
IMG_2125

最後にフタをかぶせたら完成です。展開には一分も掛かりません。
IMG_2127

使うときは、こんな感じにブツを置いて…
IMG_2129

こんな感じで撮影します。この写真はiPhoneなので、ちょっと画質が悪いです。
撮影ボックスによる撮影風景を撮影。iPhoneだから画質がイマイチだなぁ。カメラを撮るためのカメラが欲しくなるわ。

撮影ボックスで撮った写真はこんな感じになります。
IMG_2131

これだけでも十分ソレっぽく撮れますが、撮影用ライトをプラスしたら、もっと良い感じになりそうです。

と言うわけで、次は安くて軽いLEDライトを探してみようと思います。オススメ情報がありましたら、ぜひ教えてくださいね!

ブログ「Hinemosu」では、以下のような写真撮影用自作器具の記事も書いています。
激安クリップライトで小物撮影用の照明を自作した | Hinemosu激安クリップライトで小物撮影用の照明を自作したhatebu_button
A3サイズのレフ板を激安価格で自作した | HinemosuA3サイズのレフ板を激安価格で自作した | Hinemosuhatebu_button