民主党のインデックスとマニフェストの違い

【民主党の安全保障政策】
 --次に政権公約(マニフェスト)についてだが、民主党は今日、マニフェストの元になる政策集をまとめた。安全保障の分野について、これまで反対をしてきたインド洋での海上自衛隊による給油活動には触れず、海賊対策に「自衛隊を派遣することも認める」とするなど現実路線へ転換している部分が目立つ。こうした現実路線への転換についてどう考えるか

麻生首相「まず、『インデックス(政策集)』であってマニフェストではありませんね?」

 --あの、元となるのは…

麻生首相「インデックスは毎年出していると思いますが、マニフェストは毎年出しますか?」

 --選挙の時に出すと思う

麻生首相「違いますから。従って、インデックスはマニフェストの元ではなくて、インデックスはインデックスですね。あの、きちんとしておかないと。毎年、これは出しておられると、私の記憶ではインデックスというは出しておられると思いますので、インデックスはマニフェストではない。まずこれだけははっきりしておいていただきたいと思います」

麻生首相、マニフェスト「まだ民主も出していない」(産経新聞) – Yahoo!ニュース

インデックスとマニフェストの違いが分からなかったので調べてみた。

インデックスはホントに「政策集」で、これまでに「アレをやろう、コレをやろう」と考えた内容をまとめた目次的なモノ。

マニフェストは「政権公約」とも呼ばれるモノで、「任期中に必ずやります!」と言う約束。

と言うことはインデックスに書いてある「イイコト」は信用せず、「なんだこれ?」ってのだけ着目した方が良さそうだね。「なんだこれ?」になりそうなのは『【政論】隠れた衆院選の争点 社民、共産との共通点浮き彫り – MSN産経ニュース』を読むと、少しは分かるかも知れない。