ATOK定額制導入を検討したが、やっぱり止めた

ATOK 2008 for Windows

ATOK定額制導入を検討したが、やっぱり止めた。「常に最新版」に惹かれて定額制を考えたけど、小額とは言え月間固定費が上がることに抵抗があるんだよね。「月々いくら」の類は愚民を貶める詐欺、貧乏人からの搾取手段としか考えられないので、どうしても踏み切れないんだよな。

ダウンロード優待版なら4,725円だから、2年に一度のアップグレードに抑えれば定額制よりお得になる計算。必要に迫られたら買い換えを検討することにして、しばらくは2006のまま継続するか。

それはさておき。いまだに日本語の変換に「MS-IME」しか使ったことがない人は、一度はATOKの変換を試してみていただきたい。30日限定だけど無料の試用版が用意されているので、ぜひ試してみてちょうだいよ。

「なんでそんなにATOKを勧めるの?」と思うなら、参考リンクからGIGAZINEのATOK特集を読んでみてください。どんな便利機能があるのか、動画で教えてくれますよ。

参考リンク:ATOK.com|体験版

参考リンク: 高速で日本語がかしこくサクサク打てる「ATOK 2008 for Windows」、便利だった点をムービーで一挙解説 – GIGAZINE