Firefoxの記事一覧

「@hideto’s Twitter Design Mod」をアップデート

TwitterのWeb画面を横広にしちゃうグリースモンキースクリプト「@hideto’s Twitter Design Mod」を1.01にアップデートしたよ。

1.00からの修正点は以下の通り。

  1. アイコンの下に小さくユーザー名を表示するようにした
  2. つぶやき中のURLは、小さな文字で表示するようにした

動作イメージはこんな感じ。クリックすると大きくなるよ。
@hideto's Twitter Design Mod Ver1.01

@troynt’s Twitter Script for Greasemonkey」と併せて使うと、そこらへんのヘタなクライアントより使いやすくなると思う。グリモン使いなら一度お試しあれ。

twitter:web画面の横幅を可変にするグリモンを作った

Twitter Web画面の横幅を可変にするグリモンを書いたよ。

TwitterのWeb表示はピクセル指定の横幅固定なんだけど、こいつがどうも好かない。ワイド画面のディスプレイで見てると、左右が余りまくりでモッタイナイ!

と思ったので、CSSを被せて横幅を%で指定するグリモン「@hideto’s Twitter Design Mod」を作ったわけさ。

スクリプト適用前後の画面表示例

twitter_DesignModBeforetwitter_DesignModAfter

横幅が可変になる以外にも、入力欄が広くなったり、アイコンが小さくなったり、名前表示が消えたり、区切り線が入ったりするけど、機能をオンオフすることは出来ないので悪しからず。

十中八九自分専用スクリプトだけど、画面例を見てピンと来たならお試し下さい。

スクリプトのダウンロードは「@hideto’s Twitter Design Mod」からどうぞ。

twitter: Web画面の入力欄を広げるグリモン書いた

Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)

TwitterのWeb画面インタフェースはステータス入力欄が狭すぎね?と不満に思ったので、グリースモンキー(greasemonkey)のスクリプトを作って、入力欄を広げてみたよ。

スクリプトのダウンロードは、下記アドレスからどうぞ。

Twitter Status Expander for Greasemonkey [userscripts.org]

やってることは「twitter:Web画面の入力欄を広げた」のグリモン版なので、グリモンを使えない方は該当ページをご覧頂き、userContent.cssを編集する方法をお試し下さい。

【この記事の続きを読む →】

twitter:Web画面の入力欄を広げた

Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)

TwitterのWeb画面インタフェースはステータス入力欄が狭すぎね?と不満に思ったので、FirefoxのuserContent.cssを工夫して、入力欄を広げてみたよ。

追記:同様の作業をグリースモンキーで実現する「twitter: Web画面の入力欄を広げるグリモン書いた」と言う記事も書きました。グリモン使いは、こちらを使った方がラクかも。

【この記事の続きを読む →】

Make Link最新版(9.08)で「リンク形式」が変更できない

できるポケット+ Firefox Mozilla Firefox 3対応

Firefoxアドオン『Make Link』の最新版には、「リンク形式」を編集すると全ての設定が上書きされてしまう不具合があるみたい。

2009年11月24日追記Make Link のバージョン履歴 :: Add-ons for Firefoxから、実験的な最新版9.11が落とせるようです。不具合も解消されているようなので、こちらを使うことをオススメします。コメント欄にて教えて頂いたFusaさんに感謝します :smile:

そのうち改修されるかと待っていたけど、残念ながら未だ対応されず。仕方がないので、1つ前のバージョンをインストールすることにしました。

ところが前バージョンの8.12は厳密なバージョンチェックをしているようで、Firefox3.0以降のバージョンにインストール出来ませんでした。

でも前バージョンをFirefox3.5で使ったとしても、大きな過誤が出るとは思えません。そこでバージョンチェック箇所を修正したxpiを作成してみました。

BSDライセンスの再配布には著作権表示と「無保証」であることの明記が必要だそうですので、『開発者:Rory Parle』と『無保証』を明記します。ライセンスの理解が間違ってたらごめんね。

ダウンロード:make_link-8.12-fx_hide10.xpi

実際の修正作業は、xpiをzipファイルとして展開して、出てきたinstall.rdfを開いて、maxVersionの行を3.53+に書き換え、またzipに戻したあとに、拡張子をxpiに変えました。

この俺様アドオンを使わずとも、世間にはバージョンチェックを無視するアドオンもあるようです。そっちを探して使うのも良いかもね。

Firefoxのアイコンを変更する

最近は「Tete版Win32 Firefox私的ビルド」を愛用してるんだけど、そのままだとアイコンが地球だけでちょっと寂しいのよね。

調べてみたらFirefoxは割と簡単にアイコンを変更できるようなので、メモがてらにアイコンの変更方法を書いておきます。

Firefoxアイコン変更手順

  1. Firefoxをインストールしたフォルダに移動。配下のchromeフォルダを開く
  2. chromeフォルダ内にiconsフォルダを作る。さらにiconsフォルダの中にdefaultフォルダを作る
  3. いま作ったフォルダ(chrome\icons\default)に使いたいアイコンを置く
  4. そのアイコンの名前を下記ファイル名に変える。

アイコンファイル名リストはこんな感じ。

  • main-window.ico
  • CustomizeToolbarWindow.ico
  • bookmark-window.ico
  • downloadManager.ico
  • extensionsManager.ico
  • help.ico
  • jsconsoleWindow.ico
  • metadata.ico
  • themesManager.ico
  • winInspectorMain.ico

ファイル名によって、そのアイコンが使われる場所が決まります。おいらは面倒だったので、main-window.icoとCustomizeToolbarWindow.icoだけ作りました。

Windows以外のOSでは、拡張子icoを該当するOS向けの拡張子に差し替える必要があるみたいです。

アイコンの入手方法

Firefox3.5/Logos – MozillaWiki

公式のアイコン集が配布されているので、これを取ってくるのがベストだと思う。


Firefox and Mozilla Icon Packs :: Change your browser’s window icons

Firefox用アイコンのリンク集(?)色々なアイコンが置いてある。


Browsing Windows on deviantART

deviantARTのWindowsカテゴリで、”Firefox”と検索するとそれっぽいアイコンが色々出てくる。

ナショジオの「>>記事全文」を自動で開くグリモン

ナショナルジオグラフィックニュース日本版の記事を読むとき、自動的に「>>記事全文」をクリックした状態にするGreasemonkeyスクリプトを作ったよ。今回は userscripts.org で公開してみました。

National Geographic Opener. for Greasemonkey [userscripts.org]

内容的には特に難しいことはしてなくて、URLに”&expand”が付いていなかったら、お尻に”&expand”を付加しているだけです。

ナショナルジオグラフィックニュースは、RSSから飛べるアドレスが”&expand”なしなので、LDR FullFeedで開けないわ、ジャンプ後も「>>記事全文」を押すのがメンドウだわでイライラしてたのよね。でもこのスクリプトを使えば、一手間減って幸せ度がアップするって寸法さ。

このスクリプトの作成には「Google Display the Date a Web Page was Published for Greasemonkey」を参考にさせてもらいました。似たようなことをやってるスクリプトなので、ほぼパクリと言っても問題ないレベルです 8)

AdSenseにログインできない理由は「Adblock Plus」だった

できるポケット+ Firefox Mozilla Firefox 3対応

数日前からGoogle AdSense(アドセンス)にログイン出来なくて困ってたんだけど、ふと思いついてAdblock Plusを無効にしたら正常にアクセスできるようになった。犯人はお前か!

原因が分かったので、AdblockのホワイトリストにAdSenseログイン画面を追加。これでAdblockを有効にしたままでも、正常にアドセンスにログインできるようになりました。やれやれだぜ。

Firefoxで画像のALT属性を表示する方法

実はFirefoxには代替テキストを表示する機能はない。

Firefoxでも代替テキストを表示する機能はあるよ。画像を非表示にすると、画像が表示されるべき位置に代替テキストが表示されます :-)

もしくは、ちょっと代替テキストを確認したいだけなら、画像のプロパティを見れば「代替テキスト」欄に書いてあるね。まぁでも普通はそんなの面倒だろうし、もしどうしてもalt属性を見たいなら、Popup ALT Attributesのようなプラグインを導入するのが無難だろうね。

ただね。そもそも論として、もし本当に「画像の説明」を入れたいなら、altではなくtitle属性に記入すべきです。内容を考えるのが面倒なら、altとtitleが同一でも良い。title属性なら画像に限らず色々な要素に説明を入れられるし、その説明は大半のブラウザでツールチップ表示される。みんなもっと積極的にtitle属性を使うべきです。

FirefoxでGmailの既読リンク色を変更する

FirefoxでGmailの既読リンク色を変更する方法をメモっておきます。

%APPDATA%\Mozilla\Firefox\Profiles\ 配下の乱数名フォルダを開き、その下の \chrome\userContent.css を開き、以下の定義を追加する

@-moz-document domain("mail.google.com") {
    .ii a:visited{
        color: #996699 !important;
    }
}

chromeフォルダが格納されている「プロファイルフォルダ」の場所は、使用しているOSによって異なります。詳細は『プロファイル – Mozilla Firefox まとめサイト』を参照してください。

LDR Full Feedで読み込んだ記事のフォントを固定する

毎日のように大活躍中のLDR Full Feedなんだけど、全文取得した記事中でベタにフォントサイズが指定されていると、その影響を受けて文字が大きくなったり小さくなったりするのよね。

これがどうにも気にくわないので、フォントを強制的に固定するようにしてみました。下記内容をuserContent.cssに追加すれば、livedoor Readerの記事表示部のフォントが固定されます。

@-moz-document url("http://reader.livedoor.com/reader/") {
    .item_body * {
        font:inherit !important;
        font-size:100% !important;
    }
    .adfeeds_body { display:none; }
}

.adfeeds_body云々は広告フィードの非表示指定なので、不要なら該当行を削ってください。

userContent.cssの編集方法は『Firefoxで特定サイトでのリンクの既読色を変更する – Hinemosu』を参考にしてね。

AutoPagerの便利さを動画で紹介

AutoPager紹介動画

Firefox用アドオン『AutoPager』が便利だということは、過去何度かお伝えしてきたんですが、文章だけでは便利さも伝わらないと思い、動画キャプチャソフトを使って紹介動画を作ってみました。

AutoPagerの動作はごくシンプルで、「次へ」で表示されるべきページを自動的に読み込み、現在見ているページの下に継ぎ足してくれます。動作はこれだけなんだけど、この動作があると無いとじゃ大違い。ブラウジングがとても快適になること請け合いです。

紹介動画ではGoogleでの検索を例にして実動作をキャプチャしてみました。検索結果の画面をスクロールすると、いつのまにか画面下に2ページ目の内容が繋がっているのが分かると思います。そのままスクロールすれば3ページ目、4ページ目と次々繋がっていくんです。これは便利ですね!!(深夜の通販風に読むところ)

この動作はGoogleに限らず「次へ」や「Next」などの表示がある大多数のページに対応しています。なぜ多数のページに対応しているかというと、ネット上のデータベースに「次へ」と「次ページ」の情報が登録されているんです。しかもこのデータベースは誰でも追加登録が可能なので、有志の手により対応するページ種類が日を追う毎に増加しているんですよ。

ここまで読んでAutoPagerに興味を持ったなら、ぜひ実際に使ってみてください。もしFirefoxをお使いなら『AutoPager :: Firefox Add-ons』にアクセスし、「Firefox へインストール」のボタンを押すだけでインストールが始まります。拍子抜けするぐらい簡単な作業なので、ぜひぜひお試し下さい。

まだFirefoxをお使いではないなら、なんかちょっと気合い入れてインストールしてみると良いと思うよ。

Firefoxで特定サイトでのリンクの既読色を変更する

できるポケット+ Firefox Mozilla Firefox 3対応 (できるポケット+)

Firefoxで特定サイトでのリンクの既読色を変更してみたよ。

もう少し具体的に説明すると、WordPressのBlog Statusでは、リンクの既読色と未読色が一緒なのよね。これだとパッと見て行ったことがあるサイトが分からないので、未読色と既読色を分けてやろうって魂胆さ。

Googleさんにお伺いを立てたところ、userContent.cssを弄ると良いみたい。大筋はこんな感じです。

  1. chromeフォルダを開く
  2. userContent.cssを作る
  3. userContent.cssを書き換える

順を追って説明していきます。

chromeフォルダを開く

chromeフォルダはプロファイルフォルダの下にあるらしい。

このプロファイルフォルダの場所がややこしいんだけど、WindowsXPだと「%APPDATA%\Mozilla\Firefox\Profiles\」の下にある「(英数字の羅列).(プロファイル名)」らしい。

「はぁ?なんだって?」って人は、ファイル操作する方の「エクスプローラー」のアドレス欄に「%APPDATA%\Mozilla\Firefox\Profiles\」をコピペしてください。ペコッとフォルダが出てくるので、そこにあるのがプロファイルフォルダです。そのプロファイルフォルダの中を見ると「chrome」ってフォルダがあるハズなので、そのフォルダに移動してください。

WindowsXP以外のOSでのプロファイルフォルダの詳細は「プロファイル – 場所はドコ? [Mozilla Firefox まとめサイト]」を確認してね。

userContent.cssを作る

chromeフォルダを開いたら、すでにuserContent.cssがあるよ!って人はこの作業はいりません。軽やかに次のステップにお進みください。

なんとかchromeフォルダに辿りついたら、userContent-example.cssってのがあるはずです。これをコピペしてuserContent.cssを作成してください。

オイラがやるときの手順は、userContent-example.cssを選んでCtrl + C、そのままCtrl + V、出てきた「コピー ~ userContent-example.css」を選びF2キーを押してリネームかな。

userContent.cssを書き換える

作成した(既にあった)userContent.cssをテキストエディタで開きます。使用するテキストエディタはUTF-8が扱えるエディタを使用してください。

userContent.cssファイルには色々書いてあるので華麗に斜め読み。その後、一番下にこんな感じの文章を貼り付けます。

@-moz-document url-prefix("http://dashboard.wordpress.com/wp-admin/") {
   a:visited {
      color:#996699 !important;
   }
}

簡単に解説すると「http://dashboard.wordpress.com/wp-admin/」云々と書かれたアドレスだったら、既に訪れたリンクの場合は強制的に#996699色で表示、となります。

これをUTF-8で保存し、最後にFirefoxを再起動してください。以後、WordPressのBlog Statusの既読色は、#996699で表示されるはずだよ。

もっと色々表示を弄りたい!と思ったら「usercontent.css – Mozilla Firefox まとめサイト」あたりが参考になると思います。


参考リンク:プロファイル – 場所はドコ? [Mozilla Firefox まとめサイト]
参考リンク:usercontent.css – Mozilla Firefox まとめサイト

Wikipediaをシンプルに。『Simplepedia』が良い感じ

Wikipediaの表示を徹底的にシンプルにするグリモン『Simplepedia』が良い感じ。

いつものWikipediaはこんな感じでしょ?
pre-simplepedia-Prince

これがSimplepediaを通して表示するとこうなります。スッキリ!スッキリ!
simplepedia-Prince

サイドバーやヘッダ、編集リンクなどを非表示にして、必要なところだけを見やすく表示してくれるんだね。

ただちょっと気にくわない面もあって、フォントや文字サイズなんかも変えられちゃうんだよね。これを何とかしたいので、ちょっと対策してみた。

スクリプトソースを見ると http://www.grantstavely.com/files/simplepedia.css を使っているようなので、こいつをローカルにコピー。自分好みに書き換えたCSSファイルをサーバーに上げて、その後にスクリプトを書き換え。

//cssNode.href = 'http://www.grantstavely.com/files/simplepedia.css';
cssNode.href = 'https://www.hide10.com/files/simplepedia.css';

これで思うような表示になりました。実際に上記の場所に変更済みのCSSファイルが置いてあるので、おいらと同じように「フォントサイズや色が気に入らない!」と思った人は、Simplepediaから参照するCSSファイルとして使ってもらって良いですよ。

そもそもグリモンって何よ?な人は「グリースモンキー(Greasemonkey)のお勧めスクリプトをまとめてみた – Hinemosu」を読んでくださいね。

Technobahnの「続きを読む」を自動で開くグリモン

Technobahnの「続きを読む」を自動で開くGreasemonkey Scriptを作ったよ。

ダウンロード:Technobahn Opener. for Greasemonkey [userscripts.org]

Technobahnはサイエンスやテクノロジー関係のニュースが集まっている素晴らしいサイトなんだけど、記事全文を読むためにはJavaScriptを有効にした状態で「続きを読む」を押さないとダメなんだよね。

しかも普段はJSを切っているので、NoScriptで「一時許可」にしてから、あらためて「続きを読む」を押さなくちゃ行けない。これは激しくメンドくさい。

そんなわけで『sinisteR :: Rouge:JavascriptをONにしないと全文読めないニュースサイト』を参考に、http://www.technobahn.com/news/* にアクセスしたら自動的にmyFORMを押すグリモンスクリプトを作ってみました。

本当はLDR Full Feedで全文表示させられると良いんだけど、myFORM経由でpostを出さないと全文を返してくれないみたい?残念ながらLDR Full Feedで全文表示させる方法が分からなかったので、次善の策として今回のグリモン作成と相成りました。

グリモンなしでもAutoPager!

できるポケット+ Firefox Mozilla Firefox 3対応 (できるポケット+)

複数にわたるWebページを、スクロールするだけで次々と表示できるグリモンスクリプト「AutoPagerize」と同等の機能を実現するアドオンがありました!

関連リンク:AutoPager :: Firefox Add-ons

ちょっともうアリエナイぐらい便利なアドオンなので、Firefoxユーザーならインストールしてみることを強くお勧めします。ほんとスゲェから、ちょっと試してみてよ。

Firefoxの検索バーに新しいGoogleアイコンを表示する、日本版

できるポケット+ Firefox Mozilla Firefox 3対応

Firefoxの検索バーでGoogleのアイコンを新しくする方法 – IDEA*IDEA」から「Update Firefox’s search bar with new Google favicon, again – Mozilla Links」に辿りついたんだけど、google-jp.xmlが置いて無くてガッカリした。

そんなわけで自力でgoogle-jp.xmlを書き換えて、新しいfaviconが表示されるようにしてみたよ。これでGoogle-JPの検索アイコンが最新のモノに変わります。やり方はこんな感じ。

  1. Firefoxのサーチプラグインフォルダにあるgoogle-jp.xmlを開く。
  2. 6行目ぐらいに「Image width」うんちゃらと書いてあるので、1行まるまる下記の記述と差し替える。
  3. UTF-8で保存してFirefoxを再起動する
<image width="16" height="16">data:image/x-icon;base64,AAABAAEAEBAAAAEAIABoBAAAFgAAACgAAAAQAAAAIAAAAAEAIAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA7PT7%2F3zF6%2F9Ptu%2F%2FRbHx%2F0227%2F%2BTzvb%2F9vv5%2F97h0f9JeBz%2FNHoA%2Fz98Av9AfAD%2FPHsA%2F0F6AP8AAAAA%2Fvz7%2F1%2B33%2F8Mp%2Bz%2FFrHw%2FxWy8f8bs%2FT%2FHqrx%2F3zE7v%2F%2F%2F%2F7%2Ft8qp%2FzF2A%2F87gwH%2FP4ID%2Fz59AP8%2BegD%2FQ3kA%2F97s8v8botj%2FELn3%2Fwy58f8PtfL%2FD7Lw%2Fxuz9P8vq%2Bf%2F8%2Fn%2F%2F%2F779v9KhR3%2FOYYA%2F0GFAv88hgD%2FQIAC%2Fz17AP%2F0%2B%2Fj%2FN6bM%2FwC07%2F8Cxf7%2FCsP7%2Fwm%2B9v8Aqur%2FSrDb%2F%2F7%2B%2Fv%2F%2F%2FP7%2FVZEl%2FzSJAP87jQD%2FPYYA%2F0OBBf8%2BfQH%2F%2F%2F3%2F%2F9Dp8%2F84sM7%2FCrDf%2FwC14%2F8CruL%2FKqnW%2F9ns8f%2F8%2Fv%2F%2F4OjX%2Fz%2BGDf85kAD%2FPIwD%2Fz2JAv8%2BhQD%2FPoEA%2F9C7pv%2F97uv%2F%2F%2F%2F%2B%2F9Xw%2Bv%2Bw3ej%2Fls%2Fe%2F%2Brz9%2F%2F%2F%2F%2F%2F%2F%2B%2Fz6%2F22mSf8qjQH%2FOJMA%2FzuQAP85iwL%2FPIgA%2FzyFAP%2BOSSL%2FnV44%2F7J%2BVv%2FAkG7%2F7trP%2F%2F7%2F%2Ff%2F9%2F%2F7%2F6%2FLr%2F2uoRv8tjQH%2FPJYA%2FzuTAP87kwD%2FPY8A%2Fz2KAP89hAD%2Folkn%2F6RVHP%2BeSgj%2FmEgR%2F%2FHo3%2F%2F%2B%2Fv7%2F5Ozh%2F1GaJv8tlAD%2FOZcC%2FzuXAv84lAD%2FO5IC%2Fz2PAf89iwL%2FOIkA%2F6hWFf%2BcTxD%2Fpm9C%2F76ihP%2F8%2Fv%2F%2F%2B%2F%2F%2F%2F8nav%2F8fdwL%2FNZsA%2FzeZAP83mgD%2FPJQB%2FzyUAf84jwD%2FPYsB%2Fz6HAf%2BfXif%2F1r6s%2F%2F79%2F%2F%2F58u%2F%2F3r%2Bg%2F%2B3i2v%2F%2B%2F%2F3%2FmbiF%2FyyCAP87mgP%2FOpgD%2FzeWAP85lgD%2FOpEB%2Fz%2BTAP9ChwH%2F7eHb%2F%2F%2F%2F%2Fv%2F28ej%2FtWwo%2F7tUAP%2B5XQ7%2F5M%2B5%2F%2F%2F%2F%2Fv%2BbsZn%2FIHAd%2FzeVAP89lgP%2FO5MA%2FzaJCf8tZTr%2FDyuK%2F%2F3%2F%2F%2F%2F9%2F%2F%2F%2F0qmC%2F7lTAP%2FKZAT%2FvVgC%2F8iQWf%2F%2B%2F%2F3%2F%2F%2Fj%2F%2Fygpx%2F8GGcL%2FESax%2FxEgtv8FEMz%2FAALh%2FwAB1f%2F%2F%2Ff7%2F%2F%2Fz%2F%2F758O%2F%2FGXQL%2FyGYC%2F8RaAv%2FOjlf%2F%2B%2F%2F%2F%2F%2F%2F%2F%2F%2F9QU93%2FBAD0%2FwAB%2F%2F8DAP3%2FAAHz%2FwAA5f8DAtr%2F%2F%2F%2F%2F%2F%2Fv7%2B%2F%2B2bCT%2FyGMA%2F89mAP%2FBWQD%2F0q%2BD%2F%2F%2F%2B%2F%2F%2F%2F%2FP7%2FRkbg%2FwEA%2Bf8AA%2Fz%2FAQH5%2FwMA8P8AAev%2FAADf%2F%2F%2F7%2FP%2F%2F%2F%2F7%2FuINQ%2F7lXAP%2FMYwL%2FvGIO%2F%2FLm3P%2F8%2Fv%2F%2F1dT2%2FwoM5%2F8AAP3%2FAwH%2B%2FwAB%2Ff8AAfb%2FBADs%2FwAC4P8AAAAA%2F%2Fz7%2F%2BLbzP%2BmXyD%2FoUwE%2F9Gshv%2F8%2F%2F3%2F7%2FH5%2Fzo%2Fw%2F8AAdX%2FAgL6%2FwAA%2Ff8CAP3%2FAAH2%2FwAA7v8AAAAAgAEAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAgAEAAA%3D%3D</image>

おまけとして、おいらが作ったgoogle-jp.xmlを置いとくので、右クリックしてダウンロードして下さい。サーチプラグインフォルダのgoogle-jp.xmlを上書きして、Firefoxを再起動すれば使えると思います。ご利用は自己責任でどうぞ。

サーチプラグインフォルダ

Firefoxのサーチプラグインフォルダは2箇所用意されています。

ひとつはFirefoxのインストールフォルダで、Windowsでは通常以下のフォルダです。このフォルダに格納されているプラグインは、Firefox本体の上書きインストールやアップデートなどで、ファイルが上書きされる可能性があります。

C:Program FilesMozilla Firefoxsearchplugins

もうひとつはユーザープロファイルフォルダで、Windowsでは通常以下のフォルダです。修正したgoogle-jp.xmlを上書きされたくないなら、こちらのフォルダにコピーしてFirefoxを再起動してください。

%APPDATA%MozillaFirefoxProfiles(英数字の羅列).(プロファイル名)¥searchplugins

Windwos以外の「プロファイルフォルダ」の場所など、詳細な情報については『プロファイル – Mozilla Firefox まとめサイト』を参照してください。

Firefox 3.5対応のおすすめアドオン(プラグイン)をまとめてみた

はじめてのFirefox3―人気ブラウザの「基本操作」から「アドオン」まで (I/O BOOKS)

Firefoxでは、アドオン(拡張機能)と呼ばれる便利ツールを導入することによって、自分好みの快適ブラウジング環境を整えることができます。でもアドオンは数が多すぎて、何を使って良いのか探すことすら大変だったりします。

そんな皆さまの探索の一助になればと思い、現在愛用しているFirefox 3.5対応アドオンをまとめてみました![2009/10/20 更新]

特にオススメのアドオン

AutoPager :: Firefox Add-ons
必須。Webの「次へ」で表示されるページを自動的に繋げて読み込んでくれる。一度使うと便利すぎて手放せなくなること請け合い。文章では便利さが伝わらないと思うので、実際の動作画面を動画キャプチャしてみました。『AutoPagerの便利さを動画で紹介』もご覧下さい。[2009/04/07 修正]
FireGestures :: Firefox Add-ons
必須。カスタマイズ性の高いマウスジェスチャ拡張機能を提供してくれる。
テキストリンク (Text Link) :: Firefox Add-ons
必須。リンクになっていないURL(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/1939 など)を、ダブルクリックで開けるようにする。
Greasemonkey :: Firefox Add-ons
必須。「スクリプト」という簡易プログラムを使い、どんなページでも好きなようにカスタマイズできるようになります。スクリプトの自動更新ツール「Wescript」も一緒にインストールすることをお勧めします。
お勧めのスクリプトを紹介した「グリースモンキー(Greasemonkey)のお勧めスクリプトをまとめてみた – Hinemosu」も参照してください。
Flashblock :: Firefox Add-ons
必須ではないが強くお勧め。Flashの表示を抑止し、許可したFlashのみ再生します。うまく使えればページの表示が何倍も高速になりますよ。
Adblock Plus :: Firefox Add-ons
推奨。広告を非表示にする。同期フィルタには「EasyList」と「EasyElement+EasyList」を指定して、それでも残った広告は手動で消してます。
Tab Mix Plus :: Firefox Add-ons
Firefox以外のタブブラウザを使っていたなら必須。Firefoxのタブ機能を拡張し、自分好みにカスタマイズできるようになる。

便利ツール

FaviconizeTab :: Firefox Add-ons
タブ幅をファビコン(Favicon)サイズに狭めることが出来るようになります。開きっぱなしのタブがある場合に便利です。
Hide Find Bar with Ctrl+F :: Add-ons for Firefox
Firefoxの検索窓をCtrl+F(MacではCommand+F)で閉じられるようにします。 より直感的な操作が可能になります。
Better Gmail 2 :: Firefox Add-ons
Gmailがちょっと便利になる機能の詰め合わせ。Faviconに未読数を重ねて表示してくれる機能があるので、上記FaviconizeTabと相性抜群です。
Easy DragToGo :: Firefox Add-ons
テキストを選択してドラッグすると、選択した単語で検索してくれます。実際の使い方としては、気になる単語をダブルクリックして、ちょいっとドラッグすると検索結果が見られるワケです。
しかもドラッグ方向によって検索エンジンを変えることができるので、「上ドラッグはAmazon、下ドラッグはGoogle」みたいに設定できます。
さらにリンクのドラッグ、画像のドラッグにも動作を指定できるので様々な使い方が出来ると思います。
Make Link :: Firefox Add-ons
mixi日記やブログを書いていて、リンクを貼ることがあるなら必須。自分で定義したフォーマットでHTMLタイトルやURLなどを取得できます。「HTML: <a href="%url%">%text%</a>」、「引用: title=”%text%” cite=”%url%”」、「タイトル: %text%」、「タイトルとURL:%text%(改行)%url%」、「本文引用:<blockquote title="%title%" cite="%url%">%text%</blockquote>」を定義して使ってます。
Gears
旧称Google Gears。対応するWebサービスの一部をオフラインでも利用可能にします。
Personal Menu :: Firefox Add-ons
メニューツールバーをアイコン化します。おいらはメニューを丸ごと消していて、必要なときはAltキー押下で一時的にメニューバーを呼び出しています。環境によってはロケーションバーやタブバーも非表示にし、さらに後述のPrefBarを使ってモノクロ表示の画像無しにしています。ここまでやると見た目はメモ帳なので、アレでナニな時も安心です。
norah’# : PrefBar
ツールバーにFirefoxの設定項目を追加します。おいらはカラー表示、画像表示のON/OFF設定と「キャッシュの消去」をメニューバーに追加しました。
RefControl :: Firefox Add-ons
送出するHTTP Refererを制御します。機能だけ見ると「なんじゃそりゃ?」ですが、画像の表示にリファラーを参照するサイトへの対策用のアドオンで、GreasemonkeyスクリプトのLDR Full Feedと組み合わせると効果的です。ameba.jp、ameblo.jp、blogimg.goo.ne.jp、itmedia.co.jp、smashingmagazine.comを偽造、fc2.comを阻止の設定にしています。[2009/2/24追記]
SearchLoad Options :: Firefox Add-ons
Firefoxの検索窓を便利にします。一定時間後に検索語句を自動削除したり、一定時間後に検索エンジンを初期値に戻したり、検索結果を開くタブを「現在のタブ|新しいタブ|バックグラウンドの新しいタブ」から指定できるようにします。[2008/12/09 追加]
BetterPrivacy :: Add-ons for Firefox
Adobe Flashを使ってユーザーの行動を追跡し続ける「LSO(秘密cookie)」を削除します。[2009/10/14追加]
Echofon (Formerly TwitterFox) :: Add-ons for Firefox
FirefoxからTwitterの閲覧・投稿ができるようになります。旧称TwitterFoxです。
Capture Fox :: Firefox Add-ons
動画キャプチャを行うアドオンです。Firefoxの操作に限らず、デスクトップ操作なども録画可能ですし、設定によっては音声も収録できます。Firefoxのアドオンである必要はないのですが、非常に気軽に使える点がお勧めできます。[2009/5/12 追加]
QuickRestart :: Firefox Add-ons
ツールバーやツールメニューに「Firefoxを再始動する」を追加します。長時間Firefoxを立ち上げっぱなしにしていると、徐々にメモリ使用量が増えていくので、定期的に再始動しています。[2009/05/18 追加]
Organize Status Bar :: Add-ons for Firefox
Firefoxのステータスバーに表示されるアイコンを並べ替えます。何故かEchofonが右から3番目に配置されるようになってしまったので、このツールで並べ替えています。[2009/10/14追加]
Read It Later :: Add-ons for Firefox
Read It Later」(RIL)用のFirefoxアドオンです。RILを使うと、Webページを「とりあえずブックマーク」して、別のパソコンやiPhoneなどで「あとで読む」ことが出来るようになります。
Wescriptについて – Wescript
このアドオンを入れるとGreasemonkeyユーザースクリプトの自動更新が行えるようになります。[2009/05/19 追加]
Mozilla Japan – Firefox 用アドオン – AI Roboform Toolbar for Firefox
パスワード管理アプリケーションの「ロボフォーム」と連動するツールバーを Firefox に追加します。[2008/12/09 追加]

Web開発系

Firebug :: Firefox Add-ons
CSS/HTML/JavaScriptを編集することがあるなら必須。CSS、HTML、及び JavaScriptをリアルタイムに編集、デバッグ、またはモニタできるようになります。「この場所のCSS定義を知りたい」とか、「ここのpaddingとmarginどうなってるの?」なんて人にお勧めです。ちょっと重いので普段は無効化しています。
YSlow :: Firefox Add-ons
Firebugと組み合わせて使う、Webページのパフォーマンス計測ツールです。ページ表示を高速化するためのポイントが分かるようになります。
Html Validator :: Firefox Add-ons
表示しているページのHTML文法チェックを行い、結果をステータスバーアイコンに表示します。閲覧中のページを自動的にチェックさせることも可能ですし、特定のサイトのみ自動チェックするような設定も可能です。私は自サイトのみ自動チェックするよう設定しています。「W3C Validator」や「htmllint」の結果を気にする人にお勧めです。[2009/05/14追加]
View Source Chart :: Firefox Add-ons
HTMLのタグ構造を、枠線とカラーリングによって見やすく整形表示してくれます。終了タグを探したことがあるならオススメ。
ColorZilla :: Firefox Add-ons
ページで使われている色の調査や特大ズームなど、カラー関係の便利ツールが詰め合わせになっています。「このページの、この色のカラーコードは?」と調べたくなる人向けです。
FireMobileSimulator
DoCoMo/Au/SoftBank3キャリアのHTTPリクエスト・絵文字表示などをシミュレートして表示してくれます。携帯向けのサイトを開発しているならオススメです。
Screengrab :: Firefox Add-ons
Webページをキャプチャします。「ページ全体・ウィンドウ全体・見えてる画面・選択範囲」の何れかをクリップボードにコピーするか、画像ファイルにセーブするか選べます。後述のWindow Resizerと組み合わせると、さらに効率的にWeb画面をキャプチャできます。
Window Resizer :: Firefox Add-ons
Firefoxのウィンドウサイズを640×480, 800×600, 1024×768, 1280×800, 1280×1024, 1600×1200のいずれかに設定します。Web開発時に小さいウィンドウサイズに切り替えて、視認性の確認などをするとき便利です。
User Agent Switcher :: Add-ons for Firefox
ユーザエージェントを切り替えます。一時的にUAをIEに切り替えたい場合などに便利です。[2009/10/14追加]

使わなくなったアドオン

IE Tab :: Firefox Add-ons
Firefoxのタブ上でInternet Explorerの表示を行います。念のために入れたんだけど、使う機会がないので無効化しました。
The Constant Cynic: FasterFox For Firefox 3
通信・表示を高速化。あまり効果が感じられないので、現在は無効化しています。[2008/12/09]
PageRank Checker – PageRank Status Extension for Firefox | Pizza SEO
いま見ているサイトのPagerankを、Firefoxのステータスバーに表示する。使い始めは面白かったけど、その後あまりページランクを見なくなったので無効化しました。[2009/3/17]
Google ノートブック
ブラウザからGoogleノートブックにアクセスできるようになります。誤操作でノートブックに保存されてしてしまうことが多かったので無効化しました。[2009/3/17]
Stealther :: Firefox Add-ons
Firefoxの各種履歴記録、クッキー送受信、リファラ送信などを一時的にオフにする。思っていたより使う機会がなかったので、無効化してあります。[2009/3/17]
Shadow912’s Mozilla/Firefox 日本語版拡張置き場: ConQuery
右クリックメニューに検索エンジン呼び出しメニューを追加します。Easy DragToGoが更に便利だったので、無効化しました。[2009/3/24]
Backup Extensions List On the Web -BELOW-
Firefoxアドオンのバックアップ情報を作成するツール。Ver3.xに対応しないので、ずっと未使用になっています。[2009/10/14追加]
NoScript :: Firefox Add-ons
許可したJavaScriptのみが実行されるように制限するツール。無応答になったり重くなることが多いので、使わなくなってしまいました。[2009/10/14追加]

色々試して増減を繰り返し、今のところはこんな感じになっています。もっと便利なアドオンがあったら、ぜひ教えてくださいね!

参考リンク:Mozilla Japan – Firefox 用アドオン

DISCUSレンタル履歴用AutoPagerize定義を公開

DISCUSレンタル履歴用のAutoPagerize定義を作ってみた。あまりにもマイナーすぎるし、ガチ決めうちで汎用性が低いから、ローカルのSITEINFOに登録する方向で。

{
    url:          '(.*).discas.+/.+/rentalLog.+',
    nextLink:     '//form//tr[4]//a[last()]',
    pageElement:  '//form',
    exampleUrl:   'https://www.discas.net/netdvd/rentalLog.do?pT=0',
},

なぜこんなものが必要かというと、DISCUSの「レンタル候補リスト」の仕様が悪いことに起因する。DISCUSでは見たい作品を「レンタル候補リスト」というのに登録する必要がある。リストに追加するとき、その作品が既にリストに含まれていると重複として弾いてくれるんだけど、既に視聴済みの作品は弾いてくれない。

このため「あれ、これ見たっけ?」という作品は「レンタル履歴」を確認することになるんだが、この履歴を検索する方法が提供されていない。レンタル履歴は複数ページに渡るため、通常のブラウザ検索機能では一括検索が行えない。仕方なく「1ページ目を検索、無いから次のページも検索、次も検索…」というのを最後のページまで行わなくてはいけない。これではアホすぎる。

これを解決するには上記定義を適用したのち、レンタル履歴を下にスクロールさせて全履歴を表示する。こうすれば仮想的な1ページに全てのリストが表示されるので、ブラウザ検索で一括検索を実現できる。

これで「何を見たか覚えてないし、検索もめんどくさいよぅ」というお嫁さんが救われるって寸法さ、フフリ。

LDRのShift+Ctrlを無効にするグリモン

Greasemonkeyスクリプティング TIPS&SAMPLES

Firefox上でCtrl+Shift+αな操作をすると、livedoor Readerの次のフィードに移ることがあって不思議に思ってたのね。

色んなGreasemonkey Scriptを入れてるから、どれかが悪さしてるのかな~と思って調べてみたら、実は公式キーボードショートカットで「Shift+Ctrl」を次のフィードに割当ててるのな。Shift+CtrlってWindows標準のショートカットにも含まれてるから、ぶっちゃけウザイ割り当て。

そんなわけでアチコチの情報を寄せ集め、livedoor ReaderのShift、Ctrl、Enter系のショートカットキーを無効にするGreasemonkey Scriptを書いてみました。初めてのスクリプトだから何か間違っていそうだけど、自分用のメモ書きだと思って大目に見てね。

ダウンロード:LDR SHIFT+CTRL key is invalidated. for Greasemonkey [userscripts.org]

Portable Firefoxの起動画面(スプラッシュ表示)を非表示にする

できるポケット+ Firefox Mozilla Firefox 3対応 (できるポケット+)

いつも持ち歩いているUSBメモリには、Portable Firefoxが入れてある。出先でヒョイッと使えて便利なんだけど、立ち上げ時にスプラッシュスクリーンが表示されてウザイ。

非表示にしようとオプション画面を探すも設定が見あたらず、はてどうするのかとGoogleさんにお伺いを立てたら「moewe – PortableApps.comで配布しているツールの起動スプラッシュを消す」で詳しく説明されていたよ。

作業自体は難しいことはなく、iniファイルをコピーして、そのファイルを1箇所書き換えるだけ。具体的にはこんな感じ。

  1. インストールしたフォルダから辿って”\Other\FirefoxPortableSource\FirefoxPortable.ini”を見つけ、インストールフォルダ(FirefoxPortable.exeがあるフォルダ)にコピーする。
  2. コピーしたiniファイルを開き、”DisableSplashScreen”設定を”true”に変更する。書き換え後の該当行は”DisableSplashScreen=true”となる。

これで無事にスプラッシュが消えました。お陰でソーッと立ち上がるので、アレでナニな時にも便利かも。ついでに他のportable系アプリでも、”Firefox”の部分を差し替えて考えるだけで、この方法でスプラッシュを非表示にできるみたいですよ。