CDの記事一覧 4ページ目

CD『5years』(木村カエラ)の感想

BEST ALBUM 「5years」 (初回限定版2枚組)

木村カエラちゃんの歌手デビュー5周年を記念して発売されたベストアルバム『5years』を聴いたよ。

購入のキッカケは、知人宅で見たカエラちゃんのライブDVDです。これが中々にノリが良く、自宅に戻ってすぐにベスト版を購入した次第。

これまで「歌手としての木村カエラ」は注目してなかったんだけど、こうしてベストアルバムを聞いてみると、楽しくて元気の沸いてくる曲が多くて好印象。

中でもお気に入りは「Butterfly」と「Jasper」かな。

特に「Butterfly」は紅白歌合戦で歌ったり、ゼクシィのCMで使われたりした有名な曲です。参考動画を見てもらえると「あ、これ知ってる!」となる人も多いと思います。

YouTube – 木村カエラ Butterfly

この曲はカエラちゃんが友人の結婚式用に書き下ろした曲らしく、今でも結婚関連曲として頻繁に使用されているみたいだよ。とても良い曲だと思うので、ぜひ聴いてみてください。

それと、もしCDを買うなら間違えずに初回限定版を買ってください。初回限定版は2枚組になっており、2枚目にはコラボ曲や未発表曲などが収録されています。こちらの2枚目も名曲揃いなので、間違えずに初回限定版を選んでね!

iTunes Storeで「5years」を試聴する5years

CD『5years』の収録曲一覧

DISC1

  1. You bet!!(80)
  2. Butterfly(80)
  3. BANZAI(80)
  4. どこ(80)
  5. マスタッシュ(60)
  6. memories (original version)(60)
  7. Jasper(100)
  8. Yellow(80)
  9. Samantha(80)
  10. Snowdome(60)
  11. TREE CLIMBERS(80)
  12. Magic Music(80)
  13. You(80)
  14. BEAT(80)
  15. リルラ リルハ(80)
  16. happiness!!!(80)
  17. Level 42(60)

DISC2

  1. カメレオン2世(80)
  2. Hey! Hey! Alright(スチャダラパー + 木村カエラ)(80)
  3. OH PRETTY WOMAN(80)
  4. 言葉はさんかく こころは四角(80)
  5. リリアン(60)
  6. Cloudy(60)
  7. ミラクル☆BANZAI(Feat. ILMARI)(80)
  8. Forbidden Fruits(Curly Giraffe Feat. KAELA KIMURA)(80)
  9. darling(80)
  10. おどるポンポコリン(60)
  11. マシマロ(80)
  12. Happy?(80)

括弧内の数字は100点満点による採点です。

CD『BEST of CRYSTAL KAY』の感想

BEST of CRYSTAL KAY

クリスタル・ケイのデビュー10周年を記念して発売されたベストアルバム『BEST of CRYSTAL KAY』を聴いたよ。

さすがベスト!かなり良い感じです。

特に聞いて欲しいのは、デビュー曲の「Eternal Memories」。当時13歳とは思えないほどの歌唱力と、耳に心地良い美声が相まって、良い感じに癒されると思います。

CD2枚組で30曲以上収録されているのに、3,000円でお釣りが来ちゃう価格も魅力的だよね。

参考動画を見てもらって、少しでも彼女の声に惹かれるモノがあったら、ぜひアルバムを聴いてみてください。

参考動画:Eternal Memories
YouTube – Crystal Kay – Eternal Memories


参考リンク:Crystal Kay Official Web Site
参考リンク:Crystal Kay – Wikipedia

CD『BEST of CRYSTAL KAY』の収録曲一覧

Disc1

  1. Boyfriend -part II-(80)
  2. Eternal Memories(80)
  3. こみちの花(60)
  4. ダーリン P.P.P.(60)
  5. Girl’s Night(80)
  6. Ex-Boyfriend(80)
  7. LOST CHILD(60)
  8. 月のない夜 道のない場所(60)
  9. A song for you(60)
  10. think of U(80)
  11. hard to say(80)
  12. Girl U Love(100)
  13. 片想い(80)
  14. I LIKE IT(100)
  15. Candy(80)
  16. Can’t Be Stopped(80)

Disc2

  1. 恋におちたら(80)
  2. Motherland(60)
  3. Tears(60)
  4. Kiss(80)
  5. Two As One(80)
  6. I Know(80)
  7. Kirakuni(80)
  8. 涙があふれても(60)
  9. きっと永遠に(60)
  10. こんなに近くで…(60)
  11. あなたのそばで(60)
  12. Dream World(80)
  13. 涙のさきに(80)
  14. ONE(80)
  15. 帰り道(60)
  16. Girlfriend(80)

括弧内は100点満点による採点です。

CD『Play Bach No.1』(Jacques Loussier Trio)の感想

Play Bach 1

バッハの曲をピアノ・ジャズとして再構成したジャック・ルーシェ・トリオ(Jacques Loussier Trio)のアルバム『Play Bach No.1』を聴いたよ。

おもしろい!どこかで聞いたあの曲が、ピアノ・トリオ・ジャズとして聞けるのは不思議な感じ。

ガチでバッハが好きな人だと「ふざけんな!」と思うかも知れないけど、ニワカなおいらは楽しめました。

曲によってはスイングしていて、これもまた面白いと思えます。

BGMに向いているアルバムだと思うので、部屋でゆっくりコーヒーを飲むシーンなんかに良いと思うよ。

iTunes Storeで「Play Bach No.1」を試聴するPlay

参考動画:
YouTube – JACQUES LOUSSIER TRIO – "Play Bach"

CD『Play Bach No.1』の収録曲一覧

  1. Prelude #1 In C, BWV 846(80)
  2. Fugue #1 In C, BWV 846(80)
  3. Prelude #2 In C Minor, BWV 847(80)
  4. Fugue #2 In C Minor, BWV 847(80)
  5. Toccata & Fugue In D Minor, BWV 565(80)
  6. Prelude #8 In E Flat Minor, BWV 853(60)
  7. Prelude #5 In D, BWV 850(80)
  8. Fugue #5 In D, BWV 850(80)

括弧内は100点満点による採点です。

メンバー

  • ジャック・ルーシェ(Jacques Loussier) – Piano
  • ピエール・ミシュロ(Pierre Michelot) – Bass
  • クリスチャン・ギャロ(Christian Garros) – Drums

1960年、パリにて録音されたそうです。

CD『ETERNITY Solo Acoustic Guitar』(Ulf Wakenius)レビュー

“Eternity”solo acoustic guitar

世界的名ギタリスト「ウルフ・ワケーニウス」(Ulf Wakenius)のソロ・ギター・アルバム『ETERNITY Solo Acoustic Guitar』を聴いたよ。

悪くない。けど好みじゃない。

楽曲は「美しい」と言う表現が似合うほどに優雅で、さすが天才ギタリストと思わせてくれる。でも、さすがにアコギ一本だと物足りない感じだなー。

「良い悪い」と言うより、ホント好みの問題。静かにアコギを楽しみたいなら良いと思います。

エレキの天才でもあるので、アコースティック・エレキに関わらず、ギター好きなら一聴を薦めておきますよ。

iTunes Storeで『Eternity – Solo Acoustic Guitar』を視聴するEternity

CD『ETERNITY Solo Acoustic Guitar』の収録曲一覧

  1. Mash(80)
  2. Two For The Road(80)
  3. Once Upon A Time In America(60)
  4. When You Wish Upon A Star(80)
  5. Summertime(60)
  6. Alfie(80)
  7. Cheek To Cheek(80)
  8. Danny Boy(60)
  9. Ain’t Misbehavin(80)
  10. There Is No Business Like Show Business(80)

括弧内は100点満点による採点です。

CD『All The Right Reasons』(Nickelback)の感想

All the Right Reasons

カナダ出身の4人組ロック・バンド「Nickelback」の4枚目のアルバム『All The Right Reasons』を聴いたよ。

良いと思う。

このアルバムはお嫁さんのリクエストで買ったけど、いかにも「アメリカのロック」って感じで俺も楽しめました。

良い感じにキャッチーでノリが良いし、声に適度な低音があって聴きやすい。ギターもうざく無いレベルでギュイギュイしてて楽しめる。

ジャケ写のイメージで、ドライブ中に聴くと盛り上がると思うよ。

iTunes Storeで「All the Right Reasons」を試聴するAll the Right Reasons (Bonus Track Version) - Nickelback

参考動画:
YouTube – NICKELBACK – PHOTOGRAPH LYRICS

おいらは輸入盤を買ったけど、これから買う人は国内版を選んだ方が賢明かも。いま見たら値段の差が小さいし、国内版ならボーナストラックが2曲収録されてるんだね。ライナーノーツやら日本語訳された歌詞なんかも見られるわけだし、国内版を買った方がお得感が高いと思います。

CD『All The Right Reasons』の収録曲一覧

  1. Follow You Home(80)
  2. Fight For All The Wrong Reasons(80)
  3. Photograph(80)
  4. Animals(80)
  5. Savin’ Me(80)
  6. Far Away(60)
  7. Next Contestant(80)
  8. Side Of A Bullet(80)
  9. If Everyone Cared(80)
  10. Someone That You’re With(80)
  11. Rock Star(80)

括弧内は100点満点による採点です。

CD『My song Your song』(いきものがかり)の感想

My song Your song

「いきものがかり」の3枚目のアルバム『My song Your song』を聞いたよ。

シングル発売でヒットした曲が「帰りたくなったよ」、「ブルーバード」、「プラネタリウム」、「気まぐれロマンティック」と4曲も入ってるし、その他の曲もハズレがない良いアルバム。

基本的に純日本語な歌詞だし、使ってるフレーズも短く分かりやすいし、口を大きく開けてハキハキ歌うし、いきものがかりは昭和歌謡だなぁとシミジミ思いました。特に「プギウギ」がソレっぽくて大好き!

いわゆる「ポップス」が好きな人なら、楽しんで聴くことができると思いますよ。オススメです。

CD『My song Your song』の収録曲一覧

  1. プラネタリウム(80)
  2. 気まぐれロマンティック(100)
  3. ブルーバード(100)
  4. スパイス・マジック(80)
  5. かげぼうし(100)
  6. 帰りたくなったよ(80)
  7. message(80)
  8. Happy Smile Again(80)
  9. くちづけ(100)
  10. 僕はここにいる(60)
  11. プギウギ(100)
  12. 幻(80)
  13. 心の花を咲かせよう(80)
  14. 帰りたくなったよ -acoustic version-(80)

括弧内は100点満点による採点です。

CD『うれしくって抱きあうよ』(YUKI)の感想

うれしくって抱きあうよ

YUKIちゃん5枚目のアルバムにして、JAM時代を通しても初の日本語タイトルとなるアルバム『うれしくって抱きあうよ』を聴いたよ。

これは良いね。

おいらはJUDY AND MARYの解散前後から追っかけてなくて、久々にYUKIちゃんの声を聴いたんだけど、素直に良いアルバムだと思えたよ。

それと限定盤にはDVDが付いてくるんだけど、そこに収録されているPVも良かった!YUKIちゃんて俺より目上のハズなのに、見てると「かわいいなー」って思えちゃうのがスゴイね。

そんな感じで全13曲の収録曲のウチ、100点満点が4曲、80点が8曲と言うお気に入りアルバムとなりました。後期のJAMとか、YUKIちゃんの声が好きならオススメですよ!

参考動画:
YouTube – YUKI – ランデヴー

CD『うれしくって抱きあうよ』の収録曲一覧

  1. 朝が来る(80)
  2. プレゼント(100)
  3. COSMIC BOX(100)
  4. ランデヴー(100)
  5. just life! all right!(80)
  6. チャイニーズガール(80)
  7. 恋愛模様(80)
  8. さようなら、おかえり(80)
  9. うれしくって抱きあうよ(100)
  10. ミス・イエスタデイ(80)
  11. 汽車に乗って(80)
  12. 同じ手(80)
  13. 夜が来る(60)

括弧内は100点満点による採点です。

CD『The Koln Concert』(Keith Jarrett)の感想

ザ・ケルン・コンサート

キース・ジャレットによる即興ピアノ・ソロ・コンサートの模様を収録したライブアルバム「ザ・ケルン・コンサート」を聴いたよ。

これはスゴイ。キース・ジャレットが世界を作り上げていく様を感じられる。

ある意味、ライブ録音の「究極の答え」がこのアルバムかも知れない。俺は「スタジオ録音よりライブ録音」のが価値が高いと思ってるんだけど、このアルバムのお陰で益々その考えを強めました。

ただし、これはジャズではないね。敢えて分類すると「キース・ジャレット」というジャンルに落ち着きそうなぐらい個性的。大きく好き嫌いが分かれそうに思います。

でも「他にはない唯一無二の音楽」であることは間違いないので、ピアノ・ソロを聴ける音楽環境をお持ちなら、ぜひ一度試聴してみてください。

iTunes Storeで『The Koln Concert』を試聴するThe Koln Concert (Live) - Keith Jarrett

参考動画:
YouTube – Keith Jarrett Koln Concert – Part 1 1 / 3

CD『The Koln Concert』の収録曲一覧

  1. Part I(80)
  2. Part II A(80)
  3. Part II B(100)
  4. Part II C(80)

括弧内は100点満点による採点です。

1975年1月24日、ドイツのケルンにあるオペラ劇場で行われたライブを収録したアルバムだそうです。

CD『Blue Train』(John Coltrane)の感想

ブルー・トレイン

コルトレーンの代表作のひとつであり、かつブルーノートレーベルの代表作でもあるわけで、詰まるところ名盤中の名盤なアルバム『Blue Train』を聴いたよ。

こいつはもう、ホントに文句なく「名盤」だと思う。きっと誰もが一度は耳にしたことのある「Blue Train」に始まり、最後の「Lazy Bird」まで素晴らしい演奏が続く。

特に「Lazy Bird」はヤバイ。これを聴いてるとテンション上がる。50年以上前の古い音楽でアガれるなんて、我ながら不思議な気分です。

今ならブルーノートの1,100円キャンペーンで気軽に買えるし、少し耳の肥えてきた大人にオススメの1枚ですよ!

iTunes Storeで『Blue Train』を試聴するBlue Train (Remastered) - John Coltrane

参考動画:
YouTube – John Coltrane – Lazy Bird

CD「Blue Train」の収録曲一覧

  1. Blue Train(80)
  2. Moment’s Notice(80)
  3. Locomotion(80)
  4. I’m Old Fashioned(80)
  5. Lazy Bird(100)

メンバー

  • ジョン・コルトレーン(John Coltrane) – Tenor saxophone
  • リー・モーガン(Lee Morgan) – trumpet
  • カーティス・フラー(Curtis Fuller) – trombone
  • ケニー・ドリュー(Kenny Drew) – piano
  • ポール・チェンバース(Paul Chambers) – bass
  • フィリー・ジョー・ジョーンズ(Philly Joe Jones) – drums

1957年9月15日の録音だそうです。

CD『Letitgo -single-』(Prince)の感想

レットイットゴー・リミックス

Princeのアルバム「Come」に収録されている「Letitgo」のバージョン違い8曲を収めたシングル『Letitgo -single-』を聴いたよ。

なんのかんの言って「Letitgo」しか入ってない。Prince好きなら良いけど、そうでないなら全くもってオススメできません。

でも俺はオリジナルの「Letitgo」が好きなので、☆4つが並ぶお気に入りのシングルです。

CD『Letitgo -single-』の収録曲一覧

  1. Letitgo (Caviar Radio Edit)(80)
  2. Letitgo (Cavi’ Street Edit)(80)
  3. Letitgo (Instrumental)(80)
  4. Letitgo (On The Cool-Out Tip Radio Edit)(80)
  5. Letitgo (Sherm Stick Edit)(80)
  6. Letitgo (Sherm Stick Edit Instrumental)(80)
  7. Letitgo (Original Radio Edit)(60)
  8. Letitgo (Original Album Version)(80)

CD『The Hits 1』(Prince)の感想

Greatest Hits 1

1993年にリリースされたPrinceのベスト版『The Hits 1』を聞いたよ。

ベストだけあって、どれもこれもがカッコイイ感じ。18曲入っていて、そのうち7曲が100点、他10曲が80点と大満足の一枚。

聞けばベスト版と言えどコンセプト別に集めたらしく、コンセプトの合わない「バッドマン」などのヒット曲は収録されなかったんだとか。ベスト版に収まりきらないって、Princeさんはどんだけヒットメーカーかってハナシですよ。

そんな感じでPrince初心者さんなどにオススメしたいアルバムだけれど、もし買うなら俺が買った通常版より、3枚組の特別版「Hits & B-Sides」を買うと、お買い得感は高そうに思います。

iTunesStoreで「The Hits 1」を試聴するThe Hits 1 - Prince

CD『The Hits 1』の収録曲一覧

  1. When Doves Cry(80)
  2. Pop Life(80)
  3. Soft And Wet(80)
  4. I Feel For You(100)
  5. Why You Wanna Treat Me So Bad?(80)
  6. When You Were Mine(100)
  7. Uptown(100)
  8. Let’s Go Crazy(80)
  9. 1999(100)
  10. I Could Never Take The Place Of Your Man(80)
  11. Nothing Compares 2 U(80)
  12. Adore(60)
  13. Pink Cashmere(80)
  14. Alphabet St.(100)
  15. Sign O’ The Times(80)
  16. Thieves In The Temple(80)
  17. Diamonds And Pearls(100)
  18. 7(100)

括弧内は100点満点による採点です。

CD『I Am… Sasha Fierce』(Beyonce)の感想

アイ・アム...サーシャ・フィアース

世界の歌姫「ビヨンセ」が贈る3枚目のアルバム『I Am… Sasha Fierce』を聴いたよ。

本作は2枚組のアルバムで、1枚目の「I Am」はバラード曲、2枚目の「Sasha Fierce」はアップテンポな曲が収録されています。

特筆すべきは1枚目である「I Am」の完成度の高さで、「Halo」の壮大さや、ファルセットで歌い上げる「Ave Maria」、失恋歌である「Broken-hearted Girl」などなど、どれも一聴の価値がある名曲揃いのアルバムです。

2枚目の「Sasha Fierce」は、まぁこれまでのビヨンセだよねーって感じで、手堅く押さえてきた印象。好きな曲もあるけれど、外れる曲もあるって感じかな。

曲数のワリには価格低めでお買い得感が高いので、サクッと買っちゃうのも良いと思いますよ。

参考動画:
YouTube – Halo – Beyonce


参考リンク:ビヨンセ – Wikipedia

CD『I Am… Sasha Fierce』の収録曲一覧

  1. If I Were A Boy(80)
  2. Halo(80)
  3. Disappear(80)
  4. Broken-Hearted Girl(80)
  5. Ave Maria(80)
  6. Smash Into You(80)
  7. Satellites(80)
  8. That’s Why You’re Beautiful(60)
  9. Save The Hero(80)
  1. Single Ladies (Put A Ring On It)(80)
  2. Radio(80)
  3. Diva(60)
  4. Sweet Dreams(80)
  5. Video Phone(60)
  6. Hello(80)
  7. Ego(80)
  8. Scared Of Lonely(80)
  9. Why Don’t You Love Me(100)

括弧内は100点満点による採点です。

CD『PLAYER』(capsule)の感想

PLAYER(初回限定生産盤)(DVD付)

Perfumeのプロデューサーとしても有名な「中田ヤスタカ」のバンド「capsule」の最新アルバム『PLAYER』を聴いたよ。

良いんじゃないっすか?!俺みたいに「Perfumeから入ったニワカ」は、違和感なく楽しめるコトが出来ました。

ボーカルを少な目にして、代わりに思う存分ズンドコさせることにより、Perfumeとの違いを出してるみたい。ジャケ写もセンスが良いし、アルバムとして完成してると思います。

一番のお気に入りは8曲目の「Can I Have A Word」。Perfume好きならゼヒご試聴あれ。

参考動画:
YouTube – capsule – Can I Have A Word High Quality

iTunes Storeで「PLAYER」を試聴するPLAYER - capsule

閑話休題。「+DVD」のオマケっぷりに吹いた。再販価格を壊すためなのかね?

CD『PLAYER』の収録曲一覧

  1. Stay with You(60)
  2. Player(80)
  3. I wish You(80)
  4. The Music(80)
  5. Factory(80)
  6. I was Wrong(80)
  7. Can I Have A Word(100)
  8. What do you want to do(80)
  9. Hello(80)
  10. Love or Lies(80)

括弧内は100点満点による採点です。

CD『Dial Maceo』(Maceo Parker)の感想

Dial Maceo

「2%ジャズ、98%ファンキー」なメイシオ・パーカー(Maceo Parker)のアルバム『Dial Maceo』を聴いたよ。

良いね!ファンク好きには当然ながら、そうでないヒトも十二分に楽しめると思う。

特に1曲目の入りから、2曲目→3曲目の盛り上がりがハンパねぇ。その後もノリよく最後まで聴ける完成度の高いアルバムだね。

兎にも角にも試聴してみて、ピンと来たらCDを買っちゃうと良いと思うよ!Let’s funk!

CD『Dial Maceo』の収録曲一覧

  1. Dial Maceo(40)
  2. Rabbits In The Pea Patch(80)
  3. My Baby Loves You(100)
  4. I’ve Got Work To Do(80)
  5. The Greatest Romance Ever Sold(80)
  6. Black Widow(60)
  7. Coin Toss(80)
  8. Simply Tooley(80)
  9. Latin Like(60)
  10. The Closer I Get To You(100)
  11. My Love(80)
  12. Homeboy(80)
  13. Bonus Track(40)

今日の人気記事