CDの記事一覧 5ページ目

CD『Undercurrent』(Bill Evans & Jim Hall)の感想

Undercurrent

ビル・エバンスとジム・ホールが共演(競演?)したコラボレーションアルバム『Undercurrent』を聴いたよ。

このアルバムは、ジャズ界にインタープレイ(音楽的会話)を流行らせるキッカケになったらしい。

確かに「ピアノ → ギター → ピアノ …」のような展開で、ベースもドラムスも係わらず、真っ向勝負というか、ガチにぶつかり合っていて、聴いているとドンドン二人の世界に引き込まれる。

しかも、ぶつかり合いと言っても「チカラのぶつけ合い」ではなく、「チカラの抜き合い」というか、音楽のエッセンスを抽出した塊のぶつけ合いなので、スッゴク大人の音楽。

もし俺が金持ちだとして、風呂上がりにガウンを羽織りワインを飲みながら音楽を聴くとしたら、選ぶのは多分このアルバムだと思うよ。

参考動画:
YouTube – Darn That Dream – Bill Evans & Jim Hall

もしCDを買うなら、2002年発売のUS版をオススメしておきます。「Original recording remastered」な上に、ボーナストラックが入って、しかも他の版より安く買えますよ。

CD『Undercurrent』の収録曲一覧

  1. My Funny Valentine(80)
  2. I Hear A Rhapsody(80)
  3. Dream Gypsy(80)
  4. Romain(80)
  5. Skating In Central Park(100)
  6. Darn That Dream(80)
  7. Stairway To The Stars(80)
  8. I’m Getting Sentimental Over You(60)
  9. My Funny Valentine [Alternate Take](80)
  10. Romain [Alternate Take](80)

1962年4月24日と#3,5,6、他は5月14日に収録だそうです。

括弧内は100点満点による採点です。

メンバー

  • ビル・エバンス(Bill Evans) – Piano
  • ジム・ホール(Jim Hall) -Guitar

CD『音楽の世界へようこそ』(川本真琴)の感想

音楽の世界へようこそ

川本真琴名義では約10年ぶりとなる新アルバム『音楽の世界へようこそ』を聴いたよ。

「愛の才能」や「1/2」、「桜」などが好きだった自分には今ひとつなアルバム。残念ながら「川本真琴の衝撃」が感じられませんでした。

本人がやりたいことをやってるダケな感じで、ちょっと磨き足りない印象です。本人とファンは楽しいだろうけど、このアルバムはヒトには勧められないな~。

iTunes Storeで『音楽の世界へようこそ』を試聴する音楽の世界へようこそ

参考動画:

【この記事の続きを読む →】

CD『The Piano It’s Me』(SUEMITSU & THE SUEMITH)の感想

The Piano It's Me (通常盤)

ピアノ・ロックを超えたニューカテゴリー「グラインド・ピアノ・ロック」を叩きならす「SUEMITSU & THE SUEMITH」のファーストアルバム『The Piano It’s Me』を聴いたよ。

「SUEMITSU & THE SUEMITH」と言うバンドっぽい名前だけど、実体は末光 篤さんのソロユニット。で、末光さんはシンガーソングライター・作曲家・ピアニストとマルチな活躍をされている方です。

カエラちゃんが歌う「Butterfly」の旋律が素晴らしかったので、作曲者を調べたら末光さんに行き当たったと言う次第。ピアノロックってジャンルも面白そうだしね。

このアルバムに収録されている「Allegro Cantabile」は、アニメ「のだめカンタービレ」のオープニング曲に使われてたらしいので、そっちで知ってる人もいるかも?

YouTube – のだめカンタービレ OP Allegro Cantabile歌詞付

ピアノ・ロックと言うジャンルも面白いし、「Butterfly」が好きな人は聞いてみて下さい。

CD『The Piano It’s Me』の収録曲一覧

  1. The Piano It’s “SUEMITSU”(60)
  2. Saga(60)
  3. 100 Strawberries(60)
  4. The Soda Fountain(60)
  5. Night Walking Miss Lonesome(80)
  6. (U Have) The Alternatives(80)
  7. White Cat Waltz(60)
  8. Sonatine(80)
  9. Pansy(60)
  10. Soul Concatenation(60)
  11. Sherbet Snow and the Airplane(60)
  12. Astaire(60)
  13. Sunday’z Sun(60)
  14. Allegro Cantabile(80)

括弧内の数字は100点満点による採点です。

CD『5years』(木村カエラ)の感想

BEST ALBUM 「5years」 (初回限定版2枚組)

木村カエラちゃんの歌手デビュー5周年を記念して発売されたベストアルバム『5years』を聴いたよ。

購入のキッカケは、知人宅で見たカエラちゃんのライブDVDです。これが中々にノリが良く、自宅に戻ってすぐにベスト版を購入した次第。

これまで「歌手としての木村カエラ」は注目してなかったんだけど、こうしてベストアルバムを聞いてみると、楽しくて元気の沸いてくる曲が多くて好印象。

中でもお気に入りは「Butterfly」と「Jasper」かな。

特に「Butterfly」は紅白歌合戦で歌ったり、ゼクシィのCMで使われたりした有名な曲です。参考動画を見てもらえると「あ、これ知ってる!」となる人も多いと思います。

YouTube – 木村カエラ Butterfly

この曲はカエラちゃんが友人の結婚式用に書き下ろした曲らしく、今でも結婚関連曲として頻繁に使用されているみたいだよ。とても良い曲だと思うので、ぜひ聴いてみてください。

それと、もしCDを買うなら間違えずに初回限定版を買ってください。初回限定版は2枚組になっており、2枚目にはコラボ曲や未発表曲などが収録されています。こちらの2枚目も名曲揃いなので、間違えずに初回限定版を選んでね!

iTunes Storeで「5years」を試聴する5years

CD『5years』の収録曲一覧

DISC1

  1. You bet!!(80)
  2. Butterfly(80)
  3. BANZAI(80)
  4. どこ(80)
  5. マスタッシュ(60)
  6. memories (original version)(60)
  7. Jasper(100)
  8. Yellow(80)
  9. Samantha(80)
  10. Snowdome(60)
  11. TREE CLIMBERS(80)
  12. Magic Music(80)
  13. You(80)
  14. BEAT(80)
  15. リルラ リルハ(80)
  16. happiness!!!(80)
  17. Level 42(60)

DISC2

  1. カメレオン2世(80)
  2. Hey! Hey! Alright(スチャダラパー + 木村カエラ)(80)
  3. OH PRETTY WOMAN(80)
  4. 言葉はさんかく こころは四角(80)
  5. リリアン(60)
  6. Cloudy(60)
  7. ミラクル☆BANZAI(Feat. ILMARI)(80)
  8. Forbidden Fruits(Curly Giraffe Feat. KAELA KIMURA)(80)
  9. darling(80)
  10. おどるポンポコリン(60)
  11. マシマロ(80)
  12. Happy?(80)

括弧内の数字は100点満点による採点です。

CD『BEST of CRYSTAL KAY』の感想

BEST of CRYSTAL KAY

クリスタル・ケイのデビュー10周年を記念して発売されたベストアルバム『BEST of CRYSTAL KAY』を聴いたよ。

さすがベスト!かなり良い感じです。

特に聞いて欲しいのは、デビュー曲の「Eternal Memories」。当時13歳とは思えないほどの歌唱力と、耳に心地良い美声が相まって、良い感じに癒されると思います。

CD2枚組で30曲以上収録されているのに、3,000円でお釣りが来ちゃう価格も魅力的だよね。

参考動画を見てもらって、少しでも彼女の声に惹かれるモノがあったら、ぜひアルバムを聴いてみてください。

参考動画:Eternal Memories
YouTube – Crystal Kay – Eternal Memories


参考リンク:Crystal Kay Official Web Site
参考リンク:Crystal Kay – Wikipedia

CD『BEST of CRYSTAL KAY』の収録曲一覧

Disc1

  1. Boyfriend -part II-(80)
  2. Eternal Memories(80)
  3. こみちの花(60)
  4. ダーリン P.P.P.(60)
  5. Girl’s Night(80)
  6. Ex-Boyfriend(80)
  7. LOST CHILD(60)
  8. 月のない夜 道のない場所(60)
  9. A song for you(60)
  10. think of U(80)
  11. hard to say(80)
  12. Girl U Love(100)
  13. 片想い(80)
  14. I LIKE IT(100)
  15. Candy(80)
  16. Can’t Be Stopped(80)

Disc2

  1. 恋におちたら(80)
  2. Motherland(60)
  3. Tears(60)
  4. Kiss(80)
  5. Two As One(80)
  6. I Know(80)
  7. Kirakuni(80)
  8. 涙があふれても(60)
  9. きっと永遠に(60)
  10. こんなに近くで…(60)
  11. あなたのそばで(60)
  12. Dream World(80)
  13. 涙のさきに(80)
  14. ONE(80)
  15. 帰り道(60)
  16. Girlfriend(80)

括弧内は100点満点による採点です。

CD『Play Bach No.1』(Jacques Loussier Trio)の感想

Play Bach 1

バッハの曲をピアノ・ジャズとして再構成したジャック・ルーシェ・トリオ(Jacques Loussier Trio)のアルバム『Play Bach No.1』を聴いたよ。

おもしろい!どこかで聞いたあの曲が、ピアノ・トリオ・ジャズとして聞けるのは不思議な感じ。

ガチでバッハが好きな人だと「ふざけんな!」と思うかも知れないけど、ニワカなおいらは楽しめました。

曲によってはスイングしていて、これもまた面白いと思えます。

BGMに向いているアルバムだと思うので、部屋でゆっくりコーヒーを飲むシーンなんかに良いと思うよ。

iTunes Storeで「Play Bach No.1」を試聴するPlay

参考動画:
YouTube – JACQUES LOUSSIER TRIO – "Play Bach"

CD『Play Bach No.1』の収録曲一覧

  1. Prelude #1 In C, BWV 846(80)
  2. Fugue #1 In C, BWV 846(80)
  3. Prelude #2 In C Minor, BWV 847(80)
  4. Fugue #2 In C Minor, BWV 847(80)
  5. Toccata & Fugue In D Minor, BWV 565(80)
  6. Prelude #8 In E Flat Minor, BWV 853(60)
  7. Prelude #5 In D, BWV 850(80)
  8. Fugue #5 In D, BWV 850(80)

括弧内は100点満点による採点です。

メンバー

  • ジャック・ルーシェ(Jacques Loussier) – Piano
  • ピエール・ミシュロ(Pierre Michelot) – Bass
  • クリスチャン・ギャロ(Christian Garros) – Drums

1960年、パリにて録音されたそうです。

CD『ETERNITY Solo Acoustic Guitar』(Ulf Wakenius)レビュー

“Eternity”solo acoustic guitar

世界的名ギタリスト「ウルフ・ワケーニウス」(Ulf Wakenius)のソロ・ギター・アルバム『ETERNITY Solo Acoustic Guitar』を聴いたよ。

悪くない。けど好みじゃない。

楽曲は「美しい」と言う表現が似合うほどに優雅で、さすが天才ギタリストと思わせてくれる。でも、さすがにアコギ一本だと物足りない感じだなー。

「良い悪い」と言うより、ホント好みの問題。静かにアコギを楽しみたいなら良いと思います。

エレキの天才でもあるので、アコースティック・エレキに関わらず、ギター好きなら一聴を薦めておきますよ。

iTunes Storeで『Eternity – Solo Acoustic Guitar』を視聴するEternity

CD『ETERNITY Solo Acoustic Guitar』の収録曲一覧

  1. Mash(80)
  2. Two For The Road(80)
  3. Once Upon A Time In America(60)
  4. When You Wish Upon A Star(80)
  5. Summertime(60)
  6. Alfie(80)
  7. Cheek To Cheek(80)
  8. Danny Boy(60)
  9. Ain’t Misbehavin(80)
  10. There Is No Business Like Show Business(80)

括弧内は100点満点による採点です。

CD『All The Right Reasons』(Nickelback)の感想

All the Right Reasons

カナダ出身の4人組ロック・バンド「Nickelback」の4枚目のアルバム『All The Right Reasons』を聴いたよ。

良いと思う。

このアルバムはお嫁さんのリクエストで買ったけど、いかにも「アメリカのロック」って感じで俺も楽しめました。

良い感じにキャッチーでノリが良いし、声に適度な低音があって聴きやすい。ギターもうざく無いレベルでギュイギュイしてて楽しめる。

ジャケ写のイメージで、ドライブ中に聴くと盛り上がると思うよ。

iTunes Storeで「All the Right Reasons」を試聴するAll the Right Reasons (Bonus Track Version) - Nickelback

参考動画:
YouTube – NICKELBACK – PHOTOGRAPH LYRICS

おいらは輸入盤を買ったけど、これから買う人は国内版を選んだ方が賢明かも。いま見たら値段の差が小さいし、国内版ならボーナストラックが2曲収録されてるんだね。ライナーノーツやら日本語訳された歌詞なんかも見られるわけだし、国内版を買った方がお得感が高いと思います。

CD『All The Right Reasons』の収録曲一覧

  1. Follow You Home(80)
  2. Fight For All The Wrong Reasons(80)
  3. Photograph(80)
  4. Animals(80)
  5. Savin’ Me(80)
  6. Far Away(60)
  7. Next Contestant(80)
  8. Side Of A Bullet(80)
  9. If Everyone Cared(80)
  10. Someone That You’re With(80)
  11. Rock Star(80)

括弧内は100点満点による採点です。

今日の人気記事