iTunesを使い始めた

iMac からでも外に出られる様になったので、 iTunes を使い倒してみる。当たり前の様に CD から mp3 に変換して、CDDB で取得した情報を付け加えてくれて、ライブラリに自動的に挿入されて、勝手に演奏される様になるのはすばらしく便利。

一曲毎に音量設定や、スタート時間、終了時間を設定してライブラリに書き込めるのも便利。BGM にするんなら、こういう設定は細かく出来た方がうれしいモンね。

結果的に今までの資産である、大量の mp3 file をガンガンつっこんでジュークボックス状態。全部聞くのに25時間16分掛かるらしい(笑)

Windows側でもジュークボックス的に使いたくて、WMに400曲ぐらい突っ込んで使ってた。だけど、メモリが足りないのか馬鹿みたいに遅くなって使い物にならないんだよね。こっちもエンコードしてライブラリに追加する所までは、いい感じに使えてたんだけど…