RazerのXboxコントローラー向け充電スタンド 20周年モデル購入レビュー、デザインがよくて満足 #Xbox

20周年記念コントローラーと20周年記念充電台の組み合わせ

Razerの「XBOX用 RAZER ユニバーサル急速充電スタンド XBOX 20周年リミテッドエディション」を購入しました。製品名が長いけど、ようは箱コン用の充電機能付きスタンドです。

Xboxのコントローラは単三電池2本で動くようになっており、これはこれで便利なのですが、良いタイミングでバッテリー切れになることもあります。特に自分の場合はPC用のコントローラーとして使うことが多く、PC接続だと電池切れ事前通知もなくて慌てて電池を交換する羽目に。

そんなこともあり単三電池2本分の大きさの充電式バッテリーが各社から発売されており、バッテリー使用を好む層から一定の支持を受けています。

外箱。英語だとRazer Universal Quick Charging Stand for Xboxだそうです。

今回ご紹介するRAZERの充電スタンドもその一種で、充電式バッテリーと専用充電スタンドがセットになった商品となっており、Xboxコントローラーと合わせて使うことでバッテリー動作を実現します。

商品構成としては充電スタンド、充電式バッテリー、Xbox Series X|S用バッテリーカバー、Xbox One用バッテリーカバー、Type C – Type A ケーブル、説明書、あとはオマケのシールが入っていました。

付属品一覧
充電スタンドのサイズイメージ

使い方としては、バッテリーを単三電池スペースにはめ込み

バッテリーを装着したところ

専用のフタをすればオーケー。付属のフタが2種類あって戸惑ったんですがX|S用とOne用で爪の数が違うんですね。

フタを閉めたところ。双方とも20周年互換なので色のマッチングが良い

あとは付属のUSBケーブルで充電台に給電し、充電台にコントローラーを置くと、充電台とバッテリーの金属板が触れあって充電が始まります。バッテリーと充電機にはマグネットが内蔵されているようで、充電位置にカチッとハマって安定します。

久々に真面目にブツ撮りしました

バッテリーのスペックとしては満充電まで3時間未満で過充電防止機能付き。バッテリーは1100mAHで、使用時間に関しては明確な公表値は見つけられず。試しにコントローラー側のUSB Type-Cに接続してみましたが充電は行われないようでした。

交換用のバッテリーは国内販売は見あたらず。このコントローラーの元の製造元であるController Gearのバッテリーが互換というか同じものだと思うので、最悪これを買えば交換出来るかも?

https://www.amazon.com/Controller-Universal-Replacement-Battery-Rechargeable-x/dp/B08KL5PFQ5/

販売価格が6980円と純正コントローラーより高かったりするので人に勧めるものではありませんが、コントローラーをコレクションしたり飾ったりする趣味があるなら、デザイン重視でREZERの充電スタンドを使うのもアリだと思います。

Xbox 用 Razer ユニバーサル急速充電スタンド – Xbox 20 周年リミテッドエディション

余談

実は本製品の発表とともにAmazonに予約注文していたんですが、2月24日発注の2月中到着予定だったのが、遅れに遅れて4月16日になって届きました。

Amazonが悪いのかREZERが悪いのか知りませんが、納期は守って欲しいところです。