好きな色なんて、ない。

「あなたの好きな色はなんですか?」「わたしの好きな色は xx です。」

この一連の流れにズッとモヤモヤしたモノを抱えてたんだけど、つい最近その理由が分かった。

自分には好きな色なんて、ない。

そもそも自分が「好きな色」の概念を理解してない可能性もあるんだけど、「色の選択肢がある場合に、その色を積極的に選ぶ」のが「好きな色」だよね?

これまではあまり深く考えず、好きな色は赤だとか青だとか水色だとか、その時の気分で答えてたけど、落ち着いて考えるとこれは自分への誤魔化しだった。

良く良く考えると、スマホは紫だし、服の色は青が多いし、傘は赤だし、陣営は緑だし…と、モノによって選ぶ色が違う。

自分が色を選ぶとき「提供されている中で、そのモノに似合うであろう色」と言うのを考えるけど、これまでの経験では特定の色に偏ることはなく、その時々で「これだ!」ってのを選んでる。

ってコトで、自分には好きな色なんてものはないと言うのが最近辿り着いた結論です。