Amazonのゴールドカードを手に入れた

人生初、年会費が一万円以上掛かるガチのゴールドカードを手に入れた!

と言っても、みんな大好きAmazonの提携カード。このカードを持ってると無料でAmazonプライム会員になれるし、Amazonの買い物で2.5%ポイントが付くし、そもそもの年会費もリボ払い設定&WEB明細にする事で4000円ちょいまで下がる。

それならプライム会費とAmazonポイントで十分に元が取れる上に、ゴールドカードのメリットである空港ラウンジや買い物プロテクション、旅行時の保険付帯なんかを考えて申し込んでみた次第です。

もう少し詳しく知りたい人は続きを読んでね。

年会費割り引きの仕組み

今回申し込んだのは「Amazon Mastercardゴールド」。

いわゆるヒトツのゴールドカードなので、通常だと年会費10,800円が掛かるんだけど、特定の条件を満たすことで年会費が割引になります。

詳しい事はAmazon公式の案内を読んでもらうのが確実だけど、端的に言うと「マイ・ペイすリボ」というリボ払いサービスを設定して、明細をWeb明細にして、年に6回以上の請求があればOK。これを満たすと2年目以降の年会費は4,320円になります。

少しクレカのことに詳しい人なら「リボ払いって大丈夫なの?」と不安に思うだろうけど、ここにちょっとしたウラワザが。

「マイ・ペイすリボ」の返済金額は、自分で自由に設定可能な上にカードの利用限度額まで引き上げられるのね。で、毎月のリボ返済額をカード上限額に設定すると、リボ払いだけど毎月全額を払う疑似一括払い的な扱いになるのです。

ちなみにこのカードを持っていると無料で使える「Amazonプライム」の通常年会費は3,900円。上記のカード年会費4,320円から3,900を引くと差額は420円。で、このカードを使ってAmazonで16,800円の買い物をすると420ポイントが貰える。

詰まるところ、Amazonプライムを使っていて、年額でAmazonに16,800円以上を使っている人は、このカードを申し込んだ方がトクすると言う事になります。

プライム会員になるメリット

プライム会員の特典は多すぎて説明するのも大変なんだけど、一番大きいのはお急ぎ便や時間指定便を含む配送料が無料になること。重かろうが安かろうが基本的に配送料は無料になるので、必要なものがあれば難しいことを考えずにAmazonで注文できるようになります。

もうひとつ、個人的に大きなメリットだと思っているのが「Amazonプライムビデオ」。プライムビデオはプライム会員特典として登録されている動画が好きなだけ見放題なサービス。特徴的なのはオマケ的に付いてる見放題サービスとは思えないほど観られる作品が豊富で、最近の洋画/邦画やTVドラマが意外なほどに見られちゃったりするのです。

しかも。PrimeオリジナルというAmazonが制作している番組も種類が豊富な上にどれも面白い!このAmazonオリジナル作品を見るためだけに年会費3,900円を払っても元が取れるのでは?と思わされるほど魅力的な番組ばかりです。

新作が多いのもメリットだけど、実は70年代から80年代の映画も充実していて、寅さんとか釣りバカとか旧作映画もがっつり見放題に入ってる。そんなこともあり、男はつらいよのDVDボックスを買うぐらいならAmazonプライム会員になってしまえと言う話しもあります。

とにかくAmazonプライムはメリットが多いので、普段からAmazonを利用しているなら強く入会をお勧めするサービスであります。

おわりに

今回紹介したAmazonカードには「Amazon Mastercardクラシック」という年1回以上使うと年会費無料のカードもあり、このカードでもポイントが1~2%付く上に新規入会で5,000円分のポイントが貰えます。

まずはAmazon Mastercardクラシックカードに申し込んで新規入会ポイントをゲットした上に、その後にゴールドカードへ切り替えると言うことも出来るので、気になる人はクラシックカードも検討してみてください。

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)