ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー 鑑賞、良く当てはめたと感心

スター・ウォーズのエピソード3『シスの復讐』とエピソード4『新たなる希望』の中間を描く外伝『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を見てきました。

3と4を繋ぐため、ストーリーの展開に制限がある中でウマいことまとめてました。スター・ウォーズシリーズが好きなら、ぜひ見に行って欲しい傑作です。

以下、ややネタバレを含む感想です。

前後のストーリーに続けるための「穴埋め」は頑張っていて、最大の疑問点である「なんでデス・スターに弱点があるの?」が分かったり、反乱軍のリアルな立ち位置が分かったりして、その他スター・ウォーズ作品がより一層おもしろく感じられるような「なるほど」と思えるシーンが満載。

映画的な絵と音の組み立ても文句なく最高級。特に決戦の星の美しさは何度も目を奪われました。あの美しい星だからこそ、最後のシーンの儚さが依り引き立つ。

キャラクターも良かった。主演のジン・アーソ役の女性は思わず惚れそうになるぐらい可愛いし、チアルートとベイズのコンビは良い味を出してるし、クレニック長官は中間管理職の悲哀を出しながらも良い悪役だった。ダース・ベイダーや長官、3POとR2-D2、そしてあのヒトもポイントを押さえて出てきたし、配役的にも良い映画だった。

「デス・トルーパー」が4以降でいなくなるのはなぜ?とか、K-2SOが強すぎてこれを引き継ぐと4以降の帝国軍が強すぎじゃね?とか、ブリッジ・ストーリー的な疑問が無いことは無いんだけど、それらを帳消しにして余りあるぐらい良く出来た映画という感想。

冒頭にも書きましたがスター・ウォーズシリーズが好きなら、ぜひ見に行って欲しい傑作です。オススメ!

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー|ローグワン|映画|スター・ウォーズ|STAR WARS|

Twitterでも最新情報をお届けしています。