シン・ゴジラ視聴、IMAXにてゴジラの眼光に怯む【軽いネタバレ含む】

画質と音質にこだわった映画システム「IMAX」を擁する映画館「109シネマズ グランベリーモール」にて、いま話題の映画「シン・ゴジラ」を鑑賞してきました。

109シネマズ グランベリーモール、シアター9にてシン・ゴジラを鑑賞

数日前に立川でシン・ゴジラを見てきたばかりでしたが、各所のシン・ゴジラ評を読んでいたらどうしても2回目が見たくなり、109シネマズ グランベリーモールでのIMAX最終上映というのも後押しして前のめり気味に鑑賞してまいりました。

そんなワケで以下、映画館の感想と、ストーリーに係わらないネタバレを含む映画本編の感想です。

109シネマズ グランベリーモール IMAXを初体験

これは良いね。通常料金に比べて400円高いけど、それだけの金額を払って体感する価値がある。

まず画質が良い。DLPを2台使っているだけあって明るいし、発色も良くて空のグラデーションが映えていた。解像度は1080に達していないようだが、画面サイズを考えても問題ないレベルに感じた。

音質も適切に調整されていて、特にセリフが聞きやすかった。比べると立川は低音を盛りすぎているせいか、セリフが聞きにくかったなと思い返す。比べて分かる僅かな違いだけど、セリフ多めの映画を観るならIMAXのが良い感じ。

スクリーンサイズも十二分に大きく感じた。中央やや後ろのM列から見たけど、そこからでもほぼ視界一杯になるし、これより大きい/前過ぎだと視界から溢れるんじゃないかな。そういう楽しみ方もアリかも知れないけど、現実的にはこれぐらいのサイズで十分じゃないかなー?

109シネマズ グランベリーモール、シアター9の座席表イメージ

軽いネタバレ含むシン・ゴジラの感想

ゴジラ以外のリアリティがとても好き。ちょっとドキュメンタリー風にも見えて、事後にプロジェクトXで放送されるんじゃ?と勘違いしそうなリアル感が好き。

他に個人的に好きなのは某女子はLet’s note、某男子は恐らく私物のMacBookAir→途中でMacBookに乗り変え、その他官僚は富士通のレンタルPC(分かりやすいテプラ付き)というところ。役柄に応じて「使うべきパソコン」を使ってる!

いまだセリフをキチンと聞き取れてないのでもう一度見にいくか迷い中。いっその事、付録に完成台本が付いてくる「ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ」(9,800円+税)を買っちゃうか?

TwitterやRSSでも最新情報をお届けしています。フォローよろしくお願いします。

follow us in feedly