ブルーインパルスが東京の空を飛ぶ

ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち

2014年5月31日の本日、航空自衛隊所属のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が、解体を目前に控えた国立競技場の上空を展示飛行するそうです。

新国立競技場のサイトにて ブルーインパルス展示飛行詳細 と言うリリースが出されていました。

防衛省のご協力により、1964年の東京オリンピック開会式にて、日本中を大きな感動と歓声の声に包んだブルーインパルスが最後の国立競技場の上空で再び、華麗なフライトを披露していただきます。

50年前の勇姿をご覧になった方も、今回初めてご覧になる方も、国立競技場のスタンドから、その姿を目に焼き付けるとともに、「夢・感動」を味わってください。

引用元:http://www.jpnsport.go.jp/newstadium/tabid/431/Default.aspx

展示飛行時間は17時35分からの10分間が予定されており、以下の4パターンで航過飛行(定まった編隊隊形で行う直線飛行)を行うそうです。

  • デルタ隊形
  • スワン隊形
  • グランドクロス隊形
  • リーダーズベネフィット隊形

五輪を描いたりと言った派手なアクロバット飛行ではありませんのでご注意あれ。

実際の飛行ルートを調べてみたところ、自衛隊機ブルーインパルスが展示飛行: 日本共産党目黒区議会議員 岩崎ふみひろの七転八起 で画像が開示されていました。以下転載です。

ブルーインパルス国立競技場展示飛行の飛行ルート
画像引用元:http://fumin-iwatch.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-2360.html

三軒茶屋と文京区を結ぶルートをグルグルと4回まわり、各回で異なる編隊飛行を魅せてくれるのだと思います。

上記内容は昨日のうちにツイッターでも呟いたのですが、皆さん気になるようで多くのRTを頂きました。気になる人は下記ツイートをリツイートしても良いかもですね^^

ブルーインパルスが東京上空を飛ぶのは、1964年の東京オリンピック開会式以来の出来事。おそらく次に東京でブルーインパルスが見られるのは2020年の東京オリンピックになると思います。

滅多にない機会ですので、東京近郊にお住まいの皆さまに置かれましては、夕方空を見上げるのを忘れないでください!