Mac用の特殊記号はユニコードの割り当てがあった

Mac用の特殊記号(例:⌘)をブログで表現したいと思って調べてみたところ、一通りユニコード番号が割り当てられている事を知りました。

しかしイワユル外字領域の割り当てのため、フォント側で対応していないものが多く、Windows環境で表示させるのは難しいようです。

lifeLOG + REPOsitory: Mac のメニューで良く見る記号」さんにまとまった表がありましたので、引用させて頂きます。

キー 記号 ユニコード番号
COMMAND U+2318
OPTION U+2325
CONTROL U+2303
SHIFT U+21E7
ESCAPE U+238B
BACKSPACE U+232B
DELETE U+2326

最近のアップル製品ならフォントが割り当てられているので、上記すべてがまともに見られるはずです。

それ以外の環境では ‘□’ マークなどで表示されていると思いますが気にしないでください。

lifeLOG + REPOsitory: Mac のメニューで良く見る記号 [情報元]