X-E1: マニュアルフォーカスを活用!目にピントを合わせて魅力的な写真を撮ろう

富士フイルムのプレミアムカメラ「X-E1」のマニュアルフォーカスモードを活用して、ネコの目にピントを合わせた写真を撮ってみたよ。

17032-2877-291535

作例としてはこんな感じ。

ここで注目して欲しいのは、鼻ではなく目にピントが合っていること。

ニャンコやワンコを正面からオートフォーカス任せで撮影すると、手前にある鼻にピントが合っちゃうんだよね。

そこでマニュアルフォーカスモードを活用し、目にピントをあわせて撮影したのが上の作例ってワケです。

X-E1のマニュアルモードを使う

と言うわけで、X-E1を使ったマニュアルフォーカスモードでの撮影手順を紹介します。

まず、本体前面にあるフォーカスモード切り替えレバーをシングルAF(S)からマニュアル(M)に切り替える。

EVFを覗きながら大まかに構図を決める。そのまま背面左側にあるAFボタンを押して、AFポイントを目の位置に移動する。

背面右側にあるAF-Lボタンを押し、オートフォーカスで大まかにピントを合わせる。そのままコマンドダイヤルを押し込み、AFポイントの拡大ライブビューを行う。

AFポイントを拡大ライブビューで表示したまま、左手をレンズのフォーカスリングに移し、リングを回してフォーカス位置を調整。

最後にシャッターボタンを押して撮影完了です。

言葉で書くと長ったらしいし、じっさい左手の持ち替えも発生して手間が多い撮影だけど、うまくハマると良い感じの写真が撮れますよ♪

そんな感じで!

17032-2877-291535
Twitter で