知っておきたいトヨタ・アクアの豆知識

トヨタ・アクアを発注したモノの、入庫予定が9月と言うことで首を長くして待っている我が家ですが、皆様いかがお過ごしですか。

そんな状況の中、ついうっかりトヨタ・アクアの取り扱い説明書(全444ページ)を完読してしまったので、その中から「へー」と思ったことを中心に、トヨタ・アクアの豆知識をシェアしておきたいと思います。

燃費について

まずは気になる燃費について。

パンフを良くみると書いてあるけど、話題の「40km/リットル」を達成しているのはグレード「L」の10・15モードのみ。このグレードは色々な装備が省かれた社用向けモデルなので、普通のヒトは頼まないでしょう。

で、より一般向けのグレード「G」「S」は、10・15モードで37km/リットル、JC08で35.4km/リットルだそうです。

さらに実燃費となると、1リットルあたり20km~25kmぐらいになっちゃうらしい。

実際にどうなるのかは届いてみてのお楽しみだけど、エコった走りでリッター30kmあたりを目指してみたいですね。

予備タイヤが別売り

これは営業さんからも説明があったけど、予備タイヤは別売りで、代わりにパンク補修キットが付いていくるらしい。

パンク補修キットとはなんぞや?と説明書を見たところ、コンプレッサとタイヤ補修液のセット品らしい。

アクセサリーソケットから電源を取ったコンプレッサーで、タイヤ内に補修液を充満させることにより、一時的な走行が可能になるようだ。

試しに使ってみたい気もするけど、使う機会が無い方が幸せかな。

インフォメーションパネルが良い

オプション扱いの「マルチインフォメーション・ディスプレイ」は付けた方が良いと思う。

このディスプレイには、ハイブリッドシステムの動作状況や各種ドライブ・インフォメーション、それからエコ運転の尺度を示す「エコジャッジ」や、消費ガソリンや燃費の比較表示を行う「エコウォレット」など、アクアを買っちゃうような人なら気になっちゃう情報が表示されまくり。

しかも燃費履歴が上位100位まで表示されるとかで、こう言うのがあると自己ベスト更新を狙ってエコ運転しまくっちゃうよね。

モチロン我が家はバッチリ装備してますよ!

バッテリーは後部シート下にある

バッテリーはボンネットにはなく、後部シートの右下に隠されているらしい。

後部座席の人が足を曲げると、シート下の空間が無くて狭く感じるのかな?そこまでちゃんと見なかったな、実車で確認しよう。

後ろが3列ある

後列にヘッドレストが3人分ある。旧マーチは2人分しかなかった。

それから後列真ん中席のシートベルトは頭上に格納されている上に、バックルが2つある3点式だそうだ。

へー。